設備購入には売掛債権の活用とリース契約のどちらが便利?


事業を継続する上で設備投資は必要です。もし購入したい設備があったとき、自社の資金だけで賄うことができなければ、何らかの方法で設備資金を調達することを検討することになるでしょう。

銀行融資などでは資金を調達できるまで時間がかかるという場合、保有する売掛債権を活用するファクタリング、またはリースという方法で設備を手に入れることを検討することができます。

そこで、ファクタリングとリースの違いや、どちらを利用したほうがメリットは高いのかを確認しておきましょう。

 

リースとはどのような契約内容なのか

リースとは広い意味では賃貸借取引のことを指しています。リースにはファイナンスリースとオペレーティングリースという2つの取引があります。

 

ファイナンスリースの特徴

希望される物をリース会社が購入してもらい、リース会社が購入したものを貸してもらう賃貸借契約がファイナンスリースです。原則、中途解約はできず、リース期間中は物の価額、金利、その他税や保険料などを含めた代金リース料として支払うことになります。

 

オペレーティングリースの特徴

リース期間が満了したときの残存価額を査定してもらい、物の元本部分から残価を差し引いてリース料を算出します。

 

ファクタリングとリースの大きな違いとは

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却し、現金を得る資金調達の方法ですので、一旦、現金を確保し購入する設備を得るという形になります。

また、購入した設備は自社の所有物となるため、会計処理上も一旦は資産として計上し、法定耐用年数に応じた減価償却によって毎年価値が減少する分を経費に計上することとなります。

 

ファイナンスリースでの契約の場合

一方のリースは現金を得る方法ではありませんので、あくまでも設備などを分割で購入するという形です。

ファイナンスリースにはリース期間が終了すると資産を受け取ることができる所有権移転タイプと、契約期間が終了しても自社の所有にはならず、引き続き利用するには再リース料を支払う、または買い取る形となる所有権移転外タイプのものがあります。

 

所有権移転タイプのファイナンスリース

所有権移転タイプのファイナンスリースの場合は借り入れをして資産を購入したときと同じ状況になるため、リース料を支払ったときにリース債務で処理する形となります。毎月円単位で利息の金額が変動するなど、計算が複雑になる点も注意が必要です。また、資産計上されたリース資産も減価償却費により、毎年費用化する形となります。

 

所有権移転外タイプのファイナンスリース

所有権移転外タイプの場合、契約期間終了後も所有権は移りませんのでリース資産は貸主に返却することになります。そのため、減価償却費を計算するときの残存価額はゼロになるような計算となります。

オペレーションリースでは毎月リース料を費用として計上するだけの処理となりますが、所有権移転外対応のファイナンスリースの場合、リース期間が1年以内の場合や、リース料総額が300万円以下の場合はオペレーションリースと同じ処理を行うことも可能です。

 

発生する手数料はファクタリングとリースどちらの負担が大きいか

ファクタリングの場合、2社間ファクタリングであれば利用の際に10~30%、3社間ファクタリングであれば1~5%の手数料が発生します。

リースの場合は年利10~18%であることが多いため、どちらも割合部分だけでみれば差がないように思うかもしれません。

ただ、手数料の考え方はファクタリングとリースでは異なります。

 

ファクタリングの手数料の考え方

ファクタリングは売掛代金が入金される支払日までの1か月から2か月の利用で、取引形態により変わりますが1~30%程の手数料が発生することになります。

取引形態だけでなく、売掛債権の信用力や売掛債権の金額、その他様々な項目を総合して手数料が設定されますので、年利という考え方にすれば100%を超えることもあるでしょう。

ただ、ファクタリングは貸金業者ではありませんので、金銭を貸し付けるのではなく、売掛債権を買い取るという形で取引を行っています。そのため、年利という考え方ではないのです。

 

リースで発生する年利

リースは年利として金利を支払うことになりますが、設定されているのは10~18%であることがほとんどです。

ただ、利用する年数によってはその分金利もかさむため、期間が長ければ長いほど支払う費用も多くなってしまうでしょう。

 

まとめ

そもそもファクタリングとリースを比較することは難しく、どちらが得ということはありませんが、設備を自分の所有としたいのか、また、会計処理の方法なども踏まえた上で、どちらを選ぶか検討するとよいでしょう。

なお、ファクタリングで現金化した資金で、設備を購入した後に余った資金は別の支払いに充てることもできますので、同時に資金繰りを改善させることができる可能性という意味ではファクタリングのほうが有利です。