ファクタリング会社を選ぶ時、比較サイト確認することは?


ファクタリング会社は現在多数存在しており、これからファクタリングを利用したい人にとっては結局どこを利用すれば良いのか分からないと迷いが出てきます。それぞれ会社によって特徴などもありますが、一社ごとにインターネットでホームページを検索して情報を収集するとかなり時間がかかります。このような場合にはファクタリング会社の比較サイトを活用すると、情報を収集する手間を省略することができます。

比較サイトから何を確認していく?

ファクタリング会社を比較サイトから選択する場合には、何を今一番必要としているかを考えましょう。例えば一日でも早く資金調達することを希望している場合、審査から現金化されるまでの時間が短い業者を選ぶことが必要になります。急いでいない場合でも、審査に時間がかかり資金調達がスムーズでない業者は緊急時に対応できません。即日最短一日で現金化することが可能な業者もあれば、数日間かかるという業者もありますので注意しましょう。

必要な額が調達できるかにも注意

そしてファクタリング会社によって買い取り金額に限度を設けている場合があります。一般的な買い取り金額の最大額は5,000万円程度ですが、中には億単位まで可能としている業者もあります。必要な資金が準備できなければ、ファクタリングを利用する意味がありませんので設定されている限度額には注意しましょう。反対に最小額も10100万円と業者によってばらつきがありますので確認が必要です。

対象となる範囲の広さは?

そしてファクタリングを利用できる対象が法人だけなのか、個人事業主でも利用できるのかもポイントになります。ファクタリング会社の多くは個人事業主の利用はできなくなっていますが、中には利用できる業者もありますので確認しましょう。それに加えてファクタリング会社の多くが東京に拠点を設けていますが、地方の場合には全国対応が可能かなど対応地域の確認も必要になります。

発生する手数料や留保・掛目

ファクタリングを利用する時に発生する手数料や留保・掛目については、売掛先企業の信用力次第というところでしょう。手数料は債権譲渡損として現金化される際に売掛債権額から差し引かれます。ファクタリング会社を選ぶ時に重要視したい部分ですので、各社の割合を確認してみましょう。

最終的に重要なのは信頼性の高さ

そして最終的にはファクタリング会社の信頼性に注目することが必要です。資金調達の際に重要な情報がオフィシャルホームページには載っていない、または問い合わせをしても答えてもらないという場合など、信頼性が低いと考えられます。最初のレスポンスの早さや丁寧な対応ができているか、不安な部分や知りたいことに答えてもらえる業者を選ぶことが大切だと言えるでしょう。