ネガ情報入りしていれば融資の申し込み審査には通らなくなる?


借入金返済が延滞や未納状態にある場合や、借金を抱えたまま自己破産してしまった場合、ブラックリストに掲載され審査に影響するという話を耳にしたことがあるかもしれません。それに加え、ネガティブな情報を省略したネガ情報として、金融業者に記録されてしまうという話をきいたことはありませんか?

このネガ情報とは、ブラックリストと似た意味で使用されることが多いですが、厳密には同じではありません。

そこで、ブラックリストとネガ情報、それぞれどのような状況を指す言葉なのかをご説明します。

 

ブラックリストとは本当に存在するのか

借入金の返済や税金の支払いなど、仮に一度は遅れたとしても、その後は遅れることなく続けて支払いができれば信用は回復させることができるのかも気になるところでしょう。

よく耳にするブラックリストという言葉ですが、本当にこのようなリストが存在するのかも気になります。

ただ、このブラックリストと呼ばれるものは存在しておらず、借り入れの申し込みがあったときに実施される与信で参考にする情報は、信用情報機関からの情報や自社の利用状況などです。

 

過去にはブラックリストは存在していた

現在は存在しないとされているブラックリストですが、実は数十年前はそうではありませんでした。

まだ個人情報保護法もなく、インターネットなども普及していなかった時代だったため、同じ地域のクレジットカード会社同士でそれぞれの遅延者リスト情報交換していたようです。

クレジットカード会社全体ではなく、同地域の支店単位でデータを交換していたわけですが、そのデータや情報をブラックリストと呼んでいたとされています。

当時はこのような情報交換も違法な行為としては扱われておらず、手作業で作成した支払い遅延者リストの交換は、それぞれの金融業者が自社を守るための行為として行っていたようです。

 

信用情報機関のネガディブ情報はいつまで掲載されるのか

一旦、信用情報機関にネガティブな情報が記載されると、5年間は消えないといわれています。

たとえば滞納が3か月未満だった場合、やはり入金状況としては掲載されることになるでしょうが、この場合は2年で消えます。

しかし3か月以上の遅れになると、ネガ情報としては別扱いとなり5年間保存されてしまいます。3か月の遅れが1回だけでも5年間保存されますが、その情報を審査で反映させるかはそれぞれの金融業者の判断ということになります。

1度だけで数年経過しており、現在は特に何の問題も生じていなければ、常に新しい情報を優先させるため審査に影響させないという場合もあるようです。

 

自己破産などの情報の扱い

なお、弁護士に依頼して任意整理を行ったときや、自己破産の申し立てを行った場合は別です。自己破産は確定した後に官報に記載されることとなりますが、消費者金融系の個人信用情報機関では10年はその情報が消えません。

この場合はまず新規で申し込みを行っても借り入れは不可となるため、情報が消えることを待つのみとなります。

 

金融業者での審査はどのように行うのか

たとえば一般的な消費者が金融業者で借り入れを行うとき、審査においては個人信用情報機関であるCICに情報の照会を行います。

CICで確認できる情報とは、

  • ・延滞などの事故情報
  • ・借入件数とその残高
  • ・他社の利用状況
  • ・勤務先

などです。

審査の9割以上はこの段階で判断されることが多くなります。

特にネガ情報とされる過去3か月以上の延滞の有無は重視されることになり、もしこの中に異動情報の記載があればまず新規での借り入れは不可能と判断されます。

借入件数については、住宅ローンや車購入の際に利用したローンなどは除外した上で審査されることになりますが、それ以外のキャッシングや借り入れは金額が多ければ入念に確認されることとなるでしょう。

特に貸金業者の場合、年収の3分の1を超えては貸し付けができない総量規制の問題もあるため、件数が多ければ借入総額も当然多くなり、新規で借り入れすることは難しくなるといえます。

 

複数の金融業者に申し込みを行っていてもアウト

過去6か月以内に金融業者に借り入れの申し込みを行った情報も、CICに登録されることになります。これは、金融業者で借り入れができたかどうかは関係ありません。

半年の間で申し込みが多発している場合、申し込みブラックとして扱われることとなるので金融業者の審査に通りにくくなってしまいます。

 

勤務先も重要な項目

過去に借り入れを行ったことがある場合にはCICにその当時の勤務先の情報も登録されることになります。もし申し込みを行ったときの勤務先とCICに登録されている直近の勤務先が異なる場合、虚偽の勤務先で申し込みを行っていないか確認されることとなるわけです。

業界では優良でもあまり知られてない企業もあれば、ある程度知名度は高くてもすでに低迷状態という企業もあるでしょう。見分けがつかない場合には、帝国データバンクという情報期間で企業情報を確認することになるようです。

 

まとめ

金融業者ではCICなどの情報期間とは別で、独自の顧客データベースを保有しています。各社のデータベースでもネガティブ情報として共有されていれば、審査は通りにくくなります。

CICと各社独自のデータベースの情報で相違がある場合、あとは総合的に金融業者が貸し付けを行うのか判断することとなるでしょう。

いずれにしても、ネガティブ情報が掲載されていてよいことは1つもありません。もし新規で借り入れを行うことを検討しているなら、事故情報が掲載されないように期日を守って返済することの大切さを理解しておきましょう。