ファクタリング会社を比較する時は企業の何を基準に選ぶ?


近年では売上は順調に上がっているのに黒字倒産してしまう企業が増えています。なぜこのようなことが起きるのかというと、売掛金が多く利用されることで売上に対する入金分を受取る前に支払いに行き詰ってしまうからです。このような黒字倒産を回避するためには、早期に売掛金を回収してキャッシュフローを改善させることが必要です。

キャッシュフロー改善にファクタリング

企業のキャッシュフローを改善させる方法として銀行からのつなぎ融資などが真っ先に浮かぶかもしれませんが、赤字の場合や企業の状況によっては融資を断られる可能性があります。そこで注目されている方法としてファクタリングが挙げられますが、ファクタリングであれば数か月先に受取る売掛金の代金を先に現金化することが可能ですので支払いが滞ることなく業務を円滑化させることができます。

信頼できるファクタリング会社選びを

既にファクタリングを検討しているという場合でも、信頼できるファクタリング会社を選択しなければ後で後悔することになります。どこに注目して何を基準にしていけば良いかを確認しましょう。

十分な資金力

信頼できるファクタリング会社とは、資金力が十分に備わっており、質の高いサービスを提供してくれる会社でしょう。これらはファクタリングを申し込んでから現金化までの時間、さらには買い取り金額の限度額の高さなどに注目すると確認できます。

対応範囲の広さ

さらに法人に限定せず、個人にも資金調達などで困っている場合に利用できるかもポイントになりますし、地方の事業者でも相談できる体制を整えている会社が良いと言えます。対応範囲の広さはファクタリング会社の実績や信頼性の高さの指標とも考えられるでしょう。

売掛先企業が倒産しても弁済不要

また、売掛債権を譲渡した後で売掛先企業が倒産した場合などでも、売掛先倒産等のリスクを踏まえて審査を行い、調査料やファクタリング手数料を設定している会社であれば弁済の必要がありません。のちにトラブルにならないよう、この点についても確認しておくと良いでしょう。

ファクタリングは今後さらに注目される資金調達方法

売掛先に請求書を発行しても実際に入金されるまで2か月というスパンがある場合など、その間の支払いで資金繰りが苦しくなることもあるでしょう。運転資金がショートしてしまえば売上は順調に向上しているのに、事業を継続出来ないという黒字倒産に追い込まれる可能性もあります。売掛金を現金化して資金を前倒しで手にすることができるファクタリングという方法は、今後さらに注目される資金調達方法だと考えられます。そのためにも信頼性の高い、実績のあるファクタリング会社を選ぶことが必要です。先にのべたような特徴が目当ての企業に見られるかどうかを確認し、今後ビジネスが継続していけるようにファクタリングを活用するようにしましょう。