資金調達で悩んでいるならコンサルタントに相談してみては?


企業経営を行う上で、いくら特異性が認められるとしても手元に資金がなければ事業を続けて行くことはできません。

手元の資金不足を解消するため、いざ調達しようと考えても、どのような方法を使えばよいのか、そもそも実現可能なのかなどで悩む企業は少なくないようです。

このように、資金調達で悩みを抱えている場合、コンサルタントに相談してみることも改善策の1つですが、資金調達のコンサルタントとは一般的にどのような内容の相談に応じてくれるのでしょう

 

資金調達のコンサルタントが行う主なサポートとは

銀行などから融資を受けたいという場合や、助成金や補助金などで資金を調達したいという場合など、提出する書類も多く何から始めればよいか迷ってしまうことも少なくありません。

事業計画書や資金繰り計画書を作成したいけれど、どのような点に注意すればよいのか、作成方法をアドバイスして欲しいという場合もあるでしょう。

そもそも借り入れという形ではなく、違った手法での資金調達を希望する経営者もいますし、ベンチャーキャピタルや投資会社、ファンドを運営する会社を紹介して欲しいという場合もあるかもしれません。

資金調達のコンサルタントは、そのような経営者の悩みを解消できるアドバイスを行ってくれます。何を用いて資金を調達すればよいのか、なぜ今、資金繰りが悪化し手元の資金が不足している状態なのかその原因などを分析し、根本から解決に導いてくれるため、経営状況を改善させることに役立ちます。

 

企業が抱えている問題を洗い出し分析する

実際、コンサルティングサービスとして提供されているサービスにはいろいろありますが、その中で効率的に資金を調達できる手法を提案し、希望する資金を調達できるようなアドバイスやサポートをしてくれるのが資金調達のコンサルタントです。

企業の経営状況や財務状況が悪く、銀行から融資を断られてしまうこともあるかもしれません。また、本来なら入金されるはずだった資金を得ることができないなど、予想外のトラブルが発生することもあるでしょう。

いずれにしても対応できる方法で資金を調達することが必要となりますが、どのような方法であれば成功するのか検討もつかないという場合も考えられます。

このような場合には資金調達のコンサルタントに相談し、現在、企業が抱えている問題に対して何を用いて資金を調達することが望ましいのか判断してもらい、そのサポートをしてもらうことが必要です。

 

その場しのぎでは終わらないサポートが特徴

赤字決算が続いている場合や、債務超過、税金滞納や借入金返済の延滞などの状態で信用情報に事故歴が記録されているケースなど、自力で資金を調達することは難しいと考えられます。

このような状況でも、資金調達の専門家であるコンサルタントなら、問題が生じているポイントとなる部分を見抜き、改善へと導いてくれるはずです。

将来的な財務戦略をたてていき、融資案件に適する銀行を選びながら、融資が成功するような支援を行ってくれるでしょう。ときには借り換えや金利の引き下げ、返済計画の見直しなどの交渉などについてもサポートしくれるので、その場しのぎではない中長期的に改善できる策を検討してもらえます。

経営状況や財務状況が改善されれば、銀行からの融資も資金調達の手法として検討できるようになりますので、いろいろな手法から資金を調達することが可能となります。

 

資金調達に用いる手法は銀行融資だけではない

資金調達のコンサルタントといえば、事業計画書の作成などがメインであり、銀行融資を成功に導くといったイメージが強いかもしれません。しかし、資金調達のコンサルタントは、何も銀行融資にこだわっているわけではなく、企業の状況などに合わせた資金調達の方法を提案してくれます。

ときには制度融資を用いた資金調達を提案されることもありますし、支払いサイトの長い売掛金などを多く保有しているのならファクタリングを勧められることもあります。流動資産担保融資や売掛債権担保融資といった方法で資金を調達したほうがよいと提案されることもあるでしょう。

資金調達の手法は多岐に渡るため、対象となる企業にとって、必ずしも銀行融資が最善の策とは限りません。最も効果的な資金調達の方法はどれかを分析し、実現させるためのサポートを行うのが資金調達のコンサルタントです。

 

まとめ

資金調達を実現させるためには、そもそもどのような方法があるのか知っておかなければ何を手法として用いればよいかわかりません。耳にしたことがあるような方法だとしても、手続きの方法や必要とする要件などを知らずに選んでしまうと、資金を調達が実現できなくなってしまうでしょう。

そうなると無駄な時間と費用が発生することとなり、その間にも支払いなどに行き詰って事業継続が難しくなる可能性も出てきますし、頭を抱えながら資金繰りに奔走していては本業もおろそかになってしまいがちです。

このような場合、資金調達のコンサルタントに相談することにより、事業活動に専念することが可能となります。資金調達を成功させながら業績も向上させることができるので、まずは相談してみることからはじめてみましょう。