ファクタリングと銀行融資はどちらが良いか比較検討を


ファクタリングとは売掛金や手形を早期に資金化し、回収リスクを軽減することができる仕組みです。ファクタリングサービスは色々なファクタリング業者が扱っていますが、実績と信頼性の高い業者はどこかを比較しながら検討することが必要です。大手銀行などでも取り扱っていますが、審査や条件が厳しくなりますので利用しやすいけれど安全性の高い業者を見つけることが重要になるでしょう。

少しずつファクタリングが普及されつつある

経済産業省に報告によると、大企業よりも中小企業のほうが借入金の割合が高い傾向にあり、融資担保として不動産が85%を締めているようです。そのような状況の中、ファクタリングなどの売掛債権担保の資金調達方法が普及することは、中小企業の資金繰りを改善させることができるとも報告されています。しかし売掛債権を売却することは売掛先から資金繰りが良くない状況の会社であると思われるのではないか、という不安などでファクタリングはあまり普及していません。しかし最近では売掛先に売掛債権を資金化することを伝えなくても良い「2社間ファクタリング」が登場したことで、資金調達方法として銀行融資やビジネスローンと同様の選択肢の1つになっていると言えます。

ファクタリングとビジネスローンを比較した場合

早急に資金が必要な場合には、ビジネスローンを利用することを検討すると思います。最短即日で融資を受けることができ、担保も必要としないため審査が通るのなら利用したいという経営者もいるかもしれません。なお、ビジネスローンの金利は11015%が一般的になっています。そして手元に早く資金を得たいという場合、ファクタリングという方法も検討できます。ファクタリングの場合には、3045日で手数料は520%です。初回であれば20%以上の手数料を必要とすることが一般的です。ビジネスローンは利息ですがファクタリングは手数料を支払うことになります。ファクタリングのほうが期間は短いけれど手数料は高めになるため、資金調達コストとしては高くなると言えるでしょう。

ビジネスローンは審査に通ることが必要

しかしビジネスローンの場合には、銀行融資と同様に審査に通らなければ利用できません。税金が未納の場合や債務超過の状態では審査は通らないと考えられるでしょう。この場合ファクタリングであれば、利用する会社の信頼性が高いかよりも売掛債権が確実に支払われるかを重視します。審査はありますが利用する会社に対する審査ではなく、売掛先の信用度を審査するためローンの審査に通らなくても利用できる可能性が高くなり利用しやすいという特徴があります。

利用しやすさならファクタリング

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンで審査が通らないという会社でも売掛債権があれば利用できます。決算の内容が赤字でも税金が延滞していても、リスケ中でも資金調達を可能とする方法です。まさに最後の頼みの綱とも言える存在だと言えるでしょう。