売掛金を先払いしてもらえる資金調達の手法とは?


ファクタリングは売掛金を先払いしてもらう資金調達の仕組みともいえます。もし経営や財務状況が悪化していて、銀行やノンバンクなどから融資を受けられないという場合でも利用可能な方法です。

そこで、保有している売掛金を資金調達の方法として有効活用できるのなら!とファクタリングを検討するなら、どのように先払いしてもらえる仕組みになっているか理解しておくようにしましょう。

 

なぜファクタリングで売掛金の先払いを受けることが可能か

ファクタリングは売掛金を先払いしてもらう仕組みであるといわれるのは、保有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、将来受け取る予定の売掛代金を先に前払いしてもらうことができるからです。

売掛金を担保に借り入れを行うのではなく、売却して換金する形となるため、担保や保証人は必要とせず、売掛金を保有していれば利用できます。

ファクタリングでも審査は行われますが、借り入れの審査では利用会社の信用力が重視されるのに対し、ファクタリングでは売掛先の信用力が重視されます。

そのため、利用会社の財務状況などが悪化している場合でも利用できる可能性が高く、税金滞納や債務超過など、銀行やノンバンクからの借り入れはまず難しいという場合にも対応できます。

 

中小企業でも注目されつつある資金調達の手法

ファクタリングは申し込みを行ってから売掛金が現金化されるまでのスピードも早いため、急にまとまった資金が必要になったという場合にも有効な資金調達の手法です。

資金調達で行き詰っている中小企業などで、これまでは借り入れに資金の調達を依存していたという会社でも、だんだんとファクタリングに移行している傾向がみられます。

 

ファクタリングで売掛金が先払いされる流れ

どのような流れで売掛金が先払いされるのか、ファクタリングで売掛金が先払いされるまでのおおよその流れを把握しておきましょう。

まず、利用会社はファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうための申し込みを行います。審査が実施され、必要書類などを提出し、売掛金から利用にかかる手数料が差し引かれて先払いされた売掛代金が支払われるという流れです。その後、実際に売掛代金が売掛先から入金されたら、清算することになります。

 

ファクタリング利用を売掛先に知られることになるのか

売掛金をファクタリング会社に売却するという点で、利用会社と売掛先がトラブルになることを未然に防ぐために、売掛先には売掛金が譲渡されることが通知され、承諾を得ることになります。

それにより、現金化された売掛代金は、入金期日に売掛先からファクタリング会社の口座の直接支払われます。

ただ、売掛先から承諾を得られないケース、または利用会社が売掛先にファクタリングを利用することを知られたくないというケースが多く、このように売掛先も含めて取引を行う3社間ファクタリングはあまり行われていません。

そこで利用したいのが、利用会社とファクタリング会社だけで契約を結ぶ2社間ファクタリングという方法です。

 

2社間ファクタリングの仕組み

売掛先にファクタリングを行うことを知られたくない場合には、利用会社とファクタリング会社でのみの取引となります。

ファクタリングで売掛金の代金がファクタリング会社から先払いされ、その後、売掛代金が売掛先から入金されることになりますが、その入金先はファクタリング会社ではなく利用会社の口座です。

入金後、その代金を利用会社からファクタリング会社にそのままスライドさせる形で支払い、精算することとなります。

売掛先に売掛金が譲渡される旨の通知は行われませんし、承諾を得る必要もありませんので、知られる心配はないでしょう。

 

ファクタリングは繰り返し利用も可能

急な資金が必要となったので、今回だけファクタリングを利用したいという場合でも、売掛代金が支払われるまでの支払いサイトが長いので繰り返し利用して短期化させたいという場合でも、どちらのケースでも利用は可能です。

売却した売掛金が入金されたタイミングで清算を行うことは必要ですが、その後、売掛金が繰り返し発生するなら継続して利用することができます。

 

ファクタリングは節税にも有効

ファクタリングは上手く活用することで実は節税にも繋がります。

会計処理における勘定科目の中に支払割引料がありますが、これは手形割引の割引処理を行うために使われます。

ただ、支払割引料はファクタリングを利用したときにも発生する勘定科目のため、損金算入できる支払割引料を計上できれば、節税に繋がると考えられるでしょう。

もし借り入れを行って資金調達を行っても、経費と認められるのは利息部分だけですが、ファクタリングなら支払った手数料も経費として扱われるため節税にも有効です。

さらに借り入れの場合は元本返済の負担を抱えることとなりますが、ファクタリングは返済義務を負うことがありません。

 

まとめ

ファクタリングは売掛金を先払いで受け取ることができる資金調達の仕組みです。間に売掛先を含めることなく取引することもできますし、借り入れではないので資金調達後に返済負担を抱えることもありません。

中小企業では有効な資金調達の手法として広がりつつある仕組みですので、もし急な資金を必要とする場面において売掛金を保有していたのなら、利用を検討してみてはいかがでしょう。