ファクタリング方法は2社間と3社間どちらが良いかを比較!


ファクタリングにも種類があり、2社間と3社間、どちらのファクタリングが良いか仕組みを知っておかなければ自社にとって良い方法を選択できない可能性があります。

2社間ファクタリングの特徴

まず2社間ファクタリングは自社とファクタリング業者の2社だけで取引を行うので、売掛先が関与しないですむファクタリング方法です。売掛先に通知がされないで済むならファクタリングを利用していることを知られることもありません。やはり売掛債権の入金口座の変更などの必要があると、売掛先にも手間を掛けることになりますし、何より売掛先に資金繰りが悪い状態だと思われてしまう不安も出てきます。しかし2社間なら売掛先から自社に入金があった後でファクタリング業者に入金をすれば良いことになります。

売掛先に内緒で利用するなら2社間!でも手数料が…

それなら2社間を利用する以外方法はないと思うかもしれませんが、売掛先からファクタリング業者に直接入金されるわけではありませんのでファクタリング業者が抱えるリスクはどうしても大きくなります。その分3社間よりもファクタリング手数料が高くなることは注意しておきましょう。

3社間ファクタリングはメリットがない?

3社間は自社とファクタリング業者、そして売掛先もファクタリング取引に関係してきます。売掛先に債権譲渡を同意してもらう必要があるため通知は行われますし、売掛債権の入金口座もファクタリング業者の口座に変更することが必要です。売掛先にファクタリングの事実を知られることは、自社の経営が危ないのではと余計な勘ぐりを入れられるのではないかと思うかもしれません。

3社間は手数料が安く審査基準も緩い?

しかし売掛先から直接ファクタリング業者へ入金されることになるため、ファクタリング業者の負うリスクは軽減されますのでその分ファクタリング手数料は安くなります。また、2社間での審査基準は売掛先の信用度に加えて自社の経営状況や経営者の信用度なども関係してきますが、3社間の場合には売掛先の信用度のみが重要視される形となります。

ファクタリングを利用する時に必要な費用は?

2社間と3社間のどちらかを利用した場合、必要な費用はどのくらい違ってくるのでしょう。

・着手金や審査料

ファクタリングを利用する時に、着手金が必要なケースもあります。現在は着手金は無料でサービスを提供する業者も多くなっていますが、中には数万円必要なケースもあるようです。さらに審査料が1社に付き1万円ほど必要なケースもあるようですし、契約に至れば契約金額に応じた収入印紙代も必要です。

・登記費用

また譲渡登記が必要になれば15,000円、登記を抹消する場合には1,000円登記費用が発生します。他にも公正証書費用や確定日付の付与などの費用が発生するケースもあります。

・ファクタリング手数料の違い

そしてファクタリング手数料は、2社間であれば640%の範囲で20%が相場となっているようです。3社間では15%の手数料が必要になるでしょう。

2社間と3社間のどちらが良いかはリスク許容次第

ファクタリングを利用することを考えた場合、どちらが良いかは自社が許容できるリスクの範囲で考えたほうが良いでしょう。間違った選択をすると資金繰りを円滑にする目的だったのに、反対に悪化させることにも繋がります。しっかりと先を見据えた計画を立てた上でファクタリングを利用することが望ましいので、専門的に相談できる業者を選択することも大切です。