評判の高いファクタリング業者を選ぶ時のチェックポイント


売上が低迷していて赤字続きであるなら諦めがつくとしても、売上は上がっていて売掛金や受注が発生しているに入金サイクルなどが原因で資金繰りがショートしてしまうのは納得ができない局面に陥ると言えます。その時に利用したいのがファクタリングという方法ですが、経営を健全化するための前向きな資金調達方法として利用することを検討して見ると良いでしょう。

ファクタリング業者を探す時の注意点

ファクタリングは利便性が高く、場合によっては即日で資金調達することも可能になります。しかし昨今では業者が乱立しているため、評判が高いファクタリング業者を探すことが必要になるでしょう。ただしファクタリング業者は関東に集中していますので、地方でファクタリング業者を探す場合にはある程度限定されてしまうことも不便に感じる点だと言えます。そのような状況で評判の高いファクタリング業者を探すには、次のようなことに注意して見ると良いでしょう。

・償還求償権の有無

償還請求権とは、もし売掛先が倒産した時に自社が売掛代金を弁済する必要があるということになります。償還請求権がなければ、売掛債権が期日通りに支払われなくても一切責任を負うことがなく、ファクタリング業者が責任の全てを負います。しかし償還請求権があるファクタリングの場合には、売掛債権が期日通りに支払われなければ自社が責任を負わなければいけなくなります。そのため償還請求権のないファクタリングのほうが低リスクで利用しやすいと言えるでしょう。

・取り扱い額に限度があるか

そしてファクタリング業者によっては、ファクタリング限度額を数十万円~100万円までに設けているケースもあり、反対に数億円といった高額ファクタリングに応じている業者もあります。どちらのほうが健全かは一口には判断できませんが、自社の売掛債権の規模に合う業者を選ぶことが必要です。

・悪徳業者と疑われる要素がないか

ファクタリング業者の中にはヤミ金のような悪徳業者も存在しています。業者選びに最も注意しなくてはいけないのはこの点で、契約の際に契約書を交付しない場合は悪徳業者の可能性があります。さらにあまりにも適正価格からかけ離れた掛け目である場合には、後で膨大な費用を請求される可能性もありますし、契約書を交付していないことで内容を確認できないなど状況は悪化します。

評判の高いファクタリング業者を利用すること

ファクタリング業者の中でも評判の高い業者を選ぶ場合には様々な点に注意することが必要です。特に地方の場合には業者が限定されることもありますので、悪徳業者を利用してしまわないように確認しておきたい点に注意することが必要です。