売掛債権を担保に借り入れを行う方法は資金調達の手法として有効か


保有する売掛金など、売掛債権を担保にして借り入れができることはご存知でしょうか。アセット・ベースド・レンディングという方法で、「Asset Based Lending」の頭文字を取ってABLと呼ばれています。

不動産など、価値の高い資産を保有していなくても、保証人になってくれる方を見つけなくても融資を行うことができるので、多様化する資金調達の手法の1つとして注目されている方法です。

そこで、売掛債権を担保とするABLとはどのような借り入れ方法なのか、その内容をご説明します。

 

そもそも売掛債権とは何なのか

そもそも売掛債権とは、商品やサービスを販売・提供したけれど、その代金を回収できていない場合に支払いを請求できる権利のことです。

日本の商取引はその多くが信用取引で成り立っており、商品やサービスを販売・提供するごとに代金を支払ってもらうのではなく、一定期間まとめて後日請求する形となる掛け取引が一般的です。

そのため、納品や提供が完了した後に、たとえばその月分をまとめて請求するという形になります。

請求書を発行して取引先に渡すと、その代金が翌月末や翌々月末に支払われるという流れですが、実際に販売や提供が完了していても入金までの期間が数か月空いてしまうことになるので、その間の支払いに行き詰ってしまうケースも少なくありません。

 

ABLとよばれる売掛債権担保融資で必要なこと

回収までの期間が長い売掛債権を多く保有してしまうと、その分、資金繰りは悪化しやすくなります。そこで、その売掛債権を担保にして、融資を受けるという方法がABLと呼ばれる売掛債権担保融資です。

売掛債権を担保にする際には、

  • ・売掛先に承諾を得て、契約、同意書を交わす
  • ・売掛先に通知を行い、確認してもらう
  • ・売掛債権を譲渡することを証明する登記を法務局で行う

という方法のうち、いずれかを行えば売掛債権を担保にすることが可能となります。

日本ではまだ売掛債権を資金調達に有効に使用するといった行為が周知されておらず、売掛先に知られると余計な勘ぐりを入れられることになると不安になるケースも少なくないようです。

そのため、上記3つの方法のうち、売掛先に売掛債権を使って融資を受けることを知られることのない、登記を行う方法が選ばれやすくなっています。

 

銀行から売掛債権を担保に融資を受けるなら

銀行から売掛債権担保融資を利用する場合には、信用保証協会の流動資産担保融資保証制度を利用するケースが多いようです。売掛債権を担保にし、さらに信用保証協会債務保証を行うことで融資が実行されます。

この制度で対象となる売掛債権は、

  • ・売掛金債権
  • ・割賦販売代金債権
  • ・運送料債権
  • ・診療報酬債権
  • ・その他の報酬債権
  • ・工事請負代金債権

などです。

なお、期中管理を行うために、金融機関に売掛債権や在庫の状況を定期的に報告することも必要となるので忘れないようにしましょう。

また、担保となる在庫は価格変動や処分に必要なコスト発生などが関係するため、実際の在庫価格のまま融資を利用できるわけではない点にも注意が必要です。

さらに売掛債権は売掛先が倒産してしまうリスクもあるので、実際の売掛債権の額面をそのまま借り入れできるわけではないということも理解が必要です。

 

売掛債権担保の担保評価

売掛債権の担保評価は、売掛先の信用力によって異なります。

たとえば、大手企業の売掛債権であれば信用力が高いとみなされるため、掛目も大きく債権額の90%程度での借り入れが可能となるでしょう。

中堅企業の売掛債権なら債権額の80%、中小・零細企業の売掛債権になると債権額の70%というように、確実に売掛債権の支払いが行われるかどうかというリスクで判断します。

融資を利用する企業の信用力ではなく、売掛債権の支払いを行う売掛先の信用力が重要になると理解しておいてください。

 

売掛債権担保融資を利用するときの注意

売掛先と交わした契約書の中で、譲渡禁止特約が付帯されている売掛債権は利用できません。売掛先から解除承諾書を提出してもらう必要がありますので事前に確認しておきましょう。

 

売掛債権を担保にして融資を受けるのではなく売却する方法

売掛債権を担保に借り入れを行うのではなく、ファクタリング会社に売却することで資金を調達するファクタリングも同様に中小企業から注目されています。

融資であれば後に返済義務が生じることになりますが、ファクタリングは売却なので返済義務を抱えることなく、本来受け取る予定だった売掛金の代金を先に受け取るという形で資金化できます。

早ければ即日資金化も可能となるため、急いで資金を調達しなければならないという場面でも対応しやすいことが特徴です。

 

まとめ

売掛債権を担保とする融資は、日本以外ではすでに一般的な方法として活用されています。日本ではまだ十分に周知されている方法とはいえませんが、将来入ってくる予定の売掛金を担保にして融資を受けたり、売却して資金を得ることが可能となるので、不動産担保融資などよりも資金繰りを改善させやすいといえます。

経済産業省でも中小企業は売掛債権を資金調達にもっと活用するべきだと推奨していますので、資金繰りが悪化している場合などにも利用を検討してみてください