中小企業におすすめできる資金を調達する方法には何がある?


財務基盤が弱いといわれる中小企業にとって、資金調達は永遠の課題ともいえます。与信力が低いため、銀行融資などを申し込んでも審査が通らないということもめずらしくなく、資金を調達することに苦労してしまうようです。

決算書がずっと赤字のままという場合や、開業してまだ間もないという場合、担保として差し入れる不動産など資産を所有していないなど、銀行融資の審査において妨げになる項目が多いとどのように資金を調達すればよいのでしょう。

しかし、このような問題があったとしても、安心して中小企業が資金を調達する方法はありますのでおすすめの方法をご紹介します。

 

銀行融資では前向きな資金を目的としていることが必要に

銀行融資を申し込んだとき、まずその資金を何に使うかによって担当者の対応は異なるはずです。

たとえば設備投資により新たな設備という資産を所有し、生産性を向上させたり、人件費を圧縮させ、収益を高めることを前提とした資金を目的とする融資の申し込みならどうでしょう。銀行も前向きな資金だと判断し、融資を検討しやすくなるはずです。

 

後ろ向きな資金と判断されると融資は難しくなりやすい

では、売上代金の回収までに不足する仕入れ代金や従業員の給料のため、運転資金が必要という理由の場合はどうでしょう。この場合、本来であれば、販売価格の中に製造原価、販売管理費、利益などは含まれているはずなので、運転資金が不足することはないと考えられることなり、後ろ向きな資金だと判断されてしまいます。

ただ、仕入れによって作った商品や製品を販売し、売上として計上してその後入金されるという一連のサイクルを考えれば、どうしても先に仕入れ代金や従業員の給料の支払いが発生することは避けようがありません。

それでも銀行は運転資金を確保するための融資を積極的に行おうとしませんし、実際、中小企業の場合は販売価格にたくさんの利益を含ませることは難しい現状であるといえます。

 

融資をする代わりに担保や保証が必要に

運転資金が後ろ向きな資金と判断されてしまうと、銀行からの融資はまったく期待できないのかといえばそうではなく、ある程度事情は把握しているともいえます。

そこで、融資を行う代わりに、万一に備えて担保として不動産を差し入れる、または信用保証協会の保証を付けた上での貸し付けなら可能とする流れです。

ただ、十分に資産価値が見込める不動産などを所有していればスムーズに融資を受けることができるでしょうが、どの企業でも資産価値の高い不動産を所有しているとは限りません。

信用保証協会から保証してもらえることになっても、保証料を負担することになりますし、もし保証してもらえない場合には銀行融資は断念するしかなくなります。

このような状況下にある中小企業は、銀行からの融資を利用しにくい状態であり、ビジネスローンなど審査のハードルは低いけれど金利が高めに設定されている融資に頼るしかない状況で経営を続けているのです。

 

売上代金の回収を早めれば解決するなら

しかし、ビジネスローンなど金利が高めに設定されている融資を長期的に利用してしまうと、返済にかかる負担が大きくなり資金繰りはますます悪化してしまいます。

そもそも、売上代金を回収する前に、仕入れ代金や従業員の給料の支払いが先に発生することが問題となっているのなら、回収を早めることで問題は解決するでしょう。そこで取引先に早く入金して欲しいとお願いしても、相手にも都合がある以上、すんなりOKしてもらえるとは限りません。

このような場合に中小企業におすすめなのが、ファクタリングと呼ばれる資金調達の方法です。

 

中小企業のおすすめのファクタリングとは?

ファクタリングは中小企業が資金を調達する手段として、近年注目されています。保有している回収予定の売掛金をファクタリング会社に売却し、売掛金を売却代金として受け取ることができる方法です。

回収までの期間が長い売掛金を、決済日より早く現金として得ることができるため、売上発生から回収までに発生する支払いにも対応できます。

特に注目したいのは、建設業者など、一定の工事が完了するまで代金が回収できず、様々な立て替えや支払いに運転資金が必要になる業種や、診療報酬が回収できるまで間があきやすい医療機関などです。

他にも運送業や不動産業、アパレル業、IT業など、売掛金が発生して回収までの時間が長期化しやすい業種では多く利用されています。

 

審査で重視される項目が融資とは異なる点に注目!

ファクタリングでさらに注目したいのは、利用者の信用力が審査で重視される項目ではないという部分です。

銀行融資やビジネスローンなど、借り入れの申し込みを行ったときの審査では、利用する側の経営や財務状況、資金使途と融資金額、返済の見通しなどを総合的に判断することになります。

赤字経営の場合や、税金を滞納してしまっているという状況の中で、審査を通してもらうことはまず無理でしょう。

しかしファクタリングで行われる審査においては、利用する側の信用力ではなく、売却する対象となる売掛先の信用力が重視されます。

 

まとめ

中小企業で資金の調達方法に迷っているのなら、ファクタリングがおすすめです。

売掛金を買い取るファクタリング会社にとっては、利用者の信用力よりも、その売掛金本当に回収できるものかが重要になるため、赤字決算や税金滞納という状態にあっても利用できます。

経営状況があまり良好でないという中小企業で、どこからも借り入れもできず、このまま諦めるしかないのか…と悩んでいるなら、ファクタリングの利用を検討してみましょう。