最近では15時以降でも対応してくれる銀行があるって本当?


市町村役場や公共施設など、窓口業務は17時や18時くらいまでというところが多く、平日来庁が難しい方のために毎月一定の土曜や日曜日などでも開設するところもあります。

銀行窓口の業務は15時に終了することが一般的で、直接窓口で手続きを行わなければならない業務が進まないというケースもあるでしょう。ただ、銀行によっては15時以降でも対応してくれる場合があったり、夜間営業や土日祝日でも利用できる銀行や支店が増えています。

 

銀行法で営業時間が規定されている

銀行法施行規則では銀行の営業時間を定めていますが、第16条には銀行の営業時間は9時から15時までとすると規定があります。

この時間帯は必ず営業しなければならない時間として規定されていますが、都合によって延長可能であることも定めがあるので、15時以降でも窓口を開設して業務を行う銀行や支店も見られます。

9時から15時の窓口業務は必須、それ以降の時間は営業してもしなくてもよいということです。

 

15時ギリギリでも取り扱いはしてもらえる

15時ギリギリに店舗に駆け込んだ場合でも比較的柔軟に対応してもらえることが多く、窓口付近や店内入口に備えられている整理券配布機で整理券を発行しておけば、待ち時間の間に15時を過ぎたとしても対応してもらえます。

 

15時以降や土日祝日営業する銀行も!

9時から15時までしか銀行窓口を利用できないとなると、本業が忙しい時間帯に合間を縫って銀行まで足を運ばなければならなくなりますし、プライベートで窓口を利用するなら昼休みなどを利用しなければなりません。

ただ、最近では15時から17時まで、さらに土曜日や日曜日、祝日に営業している銀行や支店、出張所もみられます。営業しているのは、ターミナル駅に隣接した場所や繁華街、大型商業施設などの店舗です。

土日祝日の営業時間は一般的な9時から15時という時間帯ではなく、10時から17時などで、業務も現金を伴う業務や振込、税公金等の取り扱いではなく、ローンの相談や家計の見直し、保険や資産運用などの相談対応に限られていることが多く、他にも預金口座の新規開設や、住所や名義変更、紛失手続き、繰越手続きなども取り扱っているようです。

 

リアルタイムで振込手続きが可能に

2018年10月8日まで、これまで日本の銀行間では1973年に稼働が開始された「全国銀行データ通信システム」での振込が主でした。

ただ、このシステムを利用できるのは、銀行営業時間に即する形をとっていることで平日8時30分から15時30分までとされており、窓口営業時間外などに対応できないことが課題とされていました。

もし時間内に銀行間での振込手続きが行われなかった場合、当日扱いにはならず翌営業日の振込という扱いとなります。

しかし、2019年10月9日からはリアルタイムで入出金が可能となるモアタイムシステムが稼働されることになり、24時間365日の即時振込が可能となっています。

 

モアタイムシステムに参加している銀行

都市銀行だけでなく、地方銀行や第二地方銀行、信託銀行、ネット銀行、信用金庫、信用組合など、様々な金融機関でリアルタイムに振込ができます。

すべての銀行が対応しているわけではないのですが、多くの銀行がこのシステムに参加しています。

なお、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステム参加金融機関一覧から、参加している金融機関を確認できます。

 

未対応の銀行は従来通りの取り扱い

振込先、または振込元のいずれか一方がモアタイムシステム未対応の銀行の場合、即時振込ではなく従来通りの時間帯で振込が行われます。

窓口で振込を行う場合、混雑の状況や処理対応によって手続きが遅れることもあり、15時ギリギリで振込依頼をかけると当日着金されず、翌営業日扱いになることもあるようです。様々なトラブル発生を考えると、できる限り14時までの振込が望ましいといえるでしょう。

 

場合によっては即時振込がデメリットになるケースもある

モアタイムシステムで即時振込が可能になるとメリットが大きいと思う反面で、当日送金の処理が遅れて翌朝着金となるといったいい訳が通用しなくなります。

事情があってその日に送金する代金の準備ができず、銀行の振込手続きが営業時間内に間に合わなかったことを理由に明日まで待ってもらおうと思っても、双方がモアタイムシステムに参加している銀行を使用していれば即時振込が可能となるからです。

 

15時までに手続きを完了させるように

もし資金調達に融資やファクタリングを利用することを検討している場合でも、即日入金を希望するなら15時までに処理を行っておくことが望ましいといえます。

契約当日には必要書類をすべて提出できるように準備しておき、午前中には手続きを完了できるようにしておけば、余裕を持って即日入金に対応してもらえるはずです。

15時ギリギリになると手続きが間に合わない可能性がありますし、金融業者やファクタリング業者のメインバンクがモアタイムシステムに参加している銀行を使っているとも限りません。

信頼性の高い金融業者やファクタリング業者であれば、メインバンクを都市銀行に設定していることが多いようですが、みずほ銀行はモアタイムシステムには不参加の状況です。

 

まとめ

最近では15時以降にも対応している銀行や、土日祝日でも窓口を開設しているケースもあります。ただし、取り扱われる業務は限定されますし、平日の営業時間帯で行われる現金を扱う入出金処理は15時以降や土日祝日では対応されないと理解しておきましょう。

また、銀行窓口だけでなく、資金調達などで金融業者やファクタリングに足を運ぶときにも、お金の入出金が関係することはできる限り15時までに手続きが完了できるようにすることが大切です。