借入れで資金を調達することにデメリットはあるのか


事業を継続する上で資金を調達することは欠かせないことです。その方法として、銀行やノンバンクなどからの借入れを利用することもあるでしょうが、融資による資金調達にはメリットもあればデメリットもあります。

そこで、銀行やノンバンクからの借入れは、資金を調達する上で適した方法なのか、メリットやデメリットも踏まえて考えてみましょう。

 

一度借入れすると融資に依存しやすくなる

一度、銀行やノンバンクから借入れをすると、融資にどんどん依存してしまい借金体質から脱却できなくなる可能性があります。

資金繰りが苦しいから追加で借入れをしようと考えたり、追加で借りても返済額にはまだ余裕があるなどと考えるようになると、借金ばかりが増えやすくなってしまいます。さらに、借金というと聞こえが悪いですが、投資といえば耳触りがよいので、追加で借入れをしても問題ないと考えてしまいがちです。

銀行の担当者もノルマを達成したいからと、貸し出すことができる額を提案してきます。そうなると、調達しなければならない必要額を上回る金額で借入れしてしまう可能性が出てくるでしょう。

 

借入れによる資金を仕入れ代金に充てる場合

もし借入れを行う理由が、売上代金が入金されるまで時間がかかるなど、その間のつなぎ資金を借りるなら、代金を回収した後で返済できるので問題はないでしょう。

ただ、調達したつなぎ資金の使い道が仕入代金の場合、在庫になっている商品に注意が必要です。商品が売れるまでの商品は在庫として残っていますが、在庫のままでは融資の返済が開始されても対応できません。

そうなると、現金化させるために安売りやたたき売りをすることになってしまい、損失が発生する可能性があります。

 

借入れによる資金を設備投資に充てる場合

設備投資などで借入れを検討する場合、将来を計画的に考えることができているかが重要です。希望的な観測だけで事業計画を作成しても、実現できる内容でなければ意味がありません。

成功する可能性と融資による投資を天秤にかけ、想定できるリスクをすべて考えつくした後で本当に借入れが適切か判断するようにしましょう。

 

資金繰りの苦しさから逃げる借入れは危険!

中小企業や個人事業主などが借入れに頼る理由の多くが資金繰りの苦しさから逃げるためではないでしょうか。

低迷している売上で毎月の返済や経費の支払いが苦しくなっていれば、資金を調達するしかなくなります。しかし苦しい経営状態はそのままで、借入れによる資金を調達しても何かが改善されるとは考えられません。

 

なぜ資金繰りが悪化しているか原因を探ること

景気のせいにして融資で急場を凌ぎ、一時的には改善されたかのように感じても、またすぐに資金繰りに苦しい状況に陥るはずです。資金を調達する上で大切なことは、本質的な解決を目指すこと。そのためには、何が原因で資金繰りが悪化しているのかを分析することが大切といえるでしょう。

 

企業改革も視野に入れた決断も必要に

その原因を解決するために借入れで資金調達を行うなら、全力で企業改革を行うことも検討が必要です。望まない人員整理も行わなければならないかもしれませんし、事業の撤退や縮小なども余儀なくされる可能性があります。

危機的状況を打開するために借入れを行うのなら、苦しい決断も視野に入れることが必要となるでしょう。

 

実績づくりのための借入れは有効か

中には資金に困っているわけではないけれど、銀行との付き合いや今後の取引のために実績づくりで借入れをする経営者もいます。

確かに銀行は「晴れたときには傘を貸し、雨が降れば傘を取り上げる」と揶揄されることがありますが、これは本当にお金を必要とするときには貸してくれないのに、たいして必要としていないときには融資を行うことを意味しています。

そのように考えると、将来もし借入れが必要になったときのために、リスク回避という意味で融資を利用しておくのは間違いではありません。

 

借入れによる資金調達のデメリット

借入れにより資金を調達できれば、様々な支払いが可能となり、手元の資金が潤います。本当なら、何年もかけて本業で稼いだ利益から得ることしかできない現金を、借入れという方法で一瞬にして手に入れることができます。うまく使えば事業の成長を早めることに有効です。

しかし、借入れにより使うことができる現金は増えても、毎月返済を行わなければならないのはやはりデメリットです。

その上、毎月の返済の原資となるのは儲けからの利益ですが、この利益には40%程度の法人税が課税されます。そのように考えると、1か月分の利益はそのままひと月分の返済には充てることができません。

毎月支払う通信費などは経費として計上できる費用であり、税引き前の利益から支払うと考えてよいでしょう。ただ、借入れの利息部分は経費として計上できても、元本部分は経費でなく負債が減少するだけです。

そのため、借入れの返済は税引き後の利益から返済を行うことと考えなければならず、その分、毎月の儲けによる利益を多く出さなければ返済に行き詰ることになってしまいます。

 

まとめ

まとまった資金が必要な場面で、借入れにより資金を調達できれば、数年かけて集めなければならない利益による資金を一気に手に入れることができます。

一度に大きな資金を手にすることができ、設備投資やつなぎ資金など使い方も多岐に渡ることはメリットです。しかし借りた後の返済計画まで考えておかなければ、結局資金繰りは悪化することとなってしまうのはデメリットです。

また、一度借入れを行えばまたすぐに融資に頼るという、借入れに依存しやすくなるのもデメリットといえるでしょう。調達した資金はあくまでの借金であることを理解しておくことが大切です。