東京にも存在する「資金調達コンサルタント」とは具体的に何を行う?


何でも常に先手を打ち続けていくことが企業経営では需要になりますが、事業を継続する上で重要となる資金調達については、つい後回しになっている中小企業も少なくありません。

特に東京などは人や企業の数も多いので、本業に忙しく資金調達までなかなか手が回らない状況になってしまいやすくなります。

このようなときに頼りたいのが資金調達コンサルタントですが、具体的にどのようなことを行ってくれるのかご説明します。

 

中小企業がギリギリまで資金調達を行おうとしない理由

資金調達の方法として多く用いられるのが「融資」ですが、借金をすることは悪いことという認識や、後ろめたさを感じるなどの理由で、なるべくギリギリまでは借りないでおこうという心理が働くことも関係してしまうのでしょう。

しかし、極限状態で必要な資金を調達しようとしても、融資の審査に通らないなど様々な支障が生じてしまいます。このような場合、本当に今のままで大丈夫なのか、どのように資金を調達すればよいのかについて、東京をはじめ全国各地で相談などにのってくれるのが資金調達コンサルタントです。

 

金融機関は得にならない相手にお金は貸さない

もし金融機関からの融資を検討している場合、資金を借り入れたことにより発生する利息こそが金融機関の収益となることを理解する必要があります。

事前事業でも非営利団体でもなく、営業により収益をあげるといった営利を目的としていので、融資を行っても利益を得ることができないと判断されたり、それどころか貸したお金を返してもらえないと判断されれば貸し付けは行われなくなります。

だからこそ、金融機関に融資を行いたいと思ってもらうことが大切となるので、資金を調達した後の用途や事業の将来、返済計画など様々なプレゼンテーションが必要です。

 

融資で重要なのか金融機関に対するプレゼン

しかし、金融機関に対するプレゼンテーションを経営者単独で行うことに不安を感じてしまうこともあるでしょう。

このような場合、資金調達コンサルタントに相談し、金融機関との信頼関係を築くためのパイプ役となってもらうわけです。

安心してプレゼンテーションできる環境を作ってもらい、サポートしてもらうことで金融機関からもよいイメージを抱いてもらうことに成功したという企業も少なくありません。

特に企業数が多い東京では、金融機関が付き合いを行う経営者もかなりの数です。その中で、比較対象となる様々な企業や経営者よりも、よい印象を抱いてもらう必要があります。

 

取引銀行がだめなら他もダメ!ではない

今取引している銀行に融資の申し込みを行ったけれど断られたのだから、他の金融機関も当然借り入れは無理だろうと諦めていないでしょうか。

仮に取引銀行からの融資はダメだったとしても、すべての金融機関から融資ができないというわけではありません。

中には業種だけで判断し、門前払いという金融機関も存在します。しかし、事業の実態や内容から審査をしっかりと行い、融資の可否を判断する金融機関も当然存在しているのです。

そのため、資金調達コンサルタントはまずは会社の実態をヒアリングした上で、様々な資金調達先からどこを選択することが最も適しているかを判断・提案してくれます。

 

資金調達コンサルタントへの相談が有効なケース

財務状況が悪ければそのままの状態で金融機関に融資の申し込みを行っても審査が通らなくなってしまいます。

しかし急いで資金を調達しなければならず、結局、金利の高いノンバンクからの借り入れを継続利用することとなり、いつまでたっても自転車操業から抜け出せないという場合もあるでしょう。

資金調達コンサルタントは資金を調達するプロです。赤字決算や債務超過、金融機関に対する返済条件の変更、税金・社会保険の滞納、信用情報機関に延滞や事故の情報が掲載されている場合などでも、資金を調達する方法を導き出してくれます。

銀行から融資を受けることができないけれど資金は調達しなければならないという場合、資金調達コンサルタントを頼ってみることをおすすめします。

 

企業状況の分析から資金調達実現までを支援

経営者だけでなく、会社のキーマンといえる存在の方から徹底的にヒアリングが行われ、会社自体や販売・提供する商品・サービスなどの内容もしっかり把握する情報収集が行われます。

金融機関に対するフォローアップや社内体制作りを行った上で、キャッシュフローの改善、資金調達へと進めていくことになるでしょう。

 

独自のネットワークで戦略的に融資を可能に

銀行から融資を受けたいという場合は、融資経験が豊富な資金調達コンサルタントに相談することが最も近道といえます。

独自の金融機関とのネットワークを駆使しながら、戦略的な銀行取引を行って中長期的に融資取引を可能とする状態に導いてくれます。

 

銀行との交渉が苦手…でも大丈夫!

また、銀行との交渉にはコツがありますが、他行への借り換えや金利の引き下げ、返済計画の変更など、いろいろな調整を必要とする上でも高い交渉技術のノウハウを伝授してくれるでしょう。

 

まとめ

金融機関が決算書を確認したときに、貸し渋りを行わないような財務戦略を提案してくれるので、財務状況やキャッシュフロー改善に繋がりやすくなるはずです。既存の取引銀行との関係を構築し、新たな銀行の開拓、融資以外の資金調達方法なども紹介してくれます。

経営者が安心して本業に専念できる環境を作ってくれるので、もし資金調達や財務状況などに不安を抱えているのなら、資金調達コンサルタントに相談してみることを検討してみてください。