二社間ファクタリングのほうが三社間より手数料は高い理由とは


資金を調達しなければならない場面で、銀行融資やビジネスローンなどをその方法として検討することもあるでしょう。ただ、負債が増えることを好ましく思わない場合には、保有する不動産などを売却して現金化させることも検討するかもしれません。

ただ、不動産を売却してしまうと、大きな資産を失うことになりますし、買い手が見つかって現金化されるまで時間がかかってしまいます。

このような場合、もし保有する売掛金があれば、売却して現金に換えることができるファクタリングを利用してみましょう。

ファクタリングには二社間と三社間という二通りの取引方法があります。中小企業などで多く利用されているので二社間ファクタリングのほうですが、それぞれどのような特徴があり、メリットなどに違いはあるのかご説明します。

 

ファクタリングは国も推奨する資金調達の手法

ファクタリングは売掛債権をファクタリング専門業者に買い取ってもらい、代金を前倒しで受け取ることで資金を調達できる方法です。中小企業は売掛金を多く保有しているため、中小企業がこの売掛債権を資金調達に有効活用することは、経済産業省でも推奨されています。

 

なぜ中小企業は二社間を多く利用するのか

一昔前までは、売掛債権を売って資金にすることなんてできるのか?と疑問を抱く方も多かったのですが、近年では当たり前のように中小企業でも利用されている方法です。

一般的にファクタリングとして知られているのは三社間のほうですが、この三社間を利用することが多いのは大企業などです。

中小企業などでは二社間のほうが主流であるといえますが、それには二社間と三社間では、取引の流れに大きな違いがあることが挙げられます。

 

二社間ファクタリングには売掛先は含まない

二社間ファクタリングでは、ファクタリング契約を結ぶのはファクタリングを利用する会社、そしてファクタリング専門業者の二社のみです。

売掛先には、売掛債権がファクタリングに利用されることは伝えられることはありませんので、もし知られることで不安を抱かれたり、余計な勘ぐりをされるのでは…と心配せずファクタリングを利用することができます。

また、売掛先を取引に加えないことで、比較的現金化までがスムーズであり、早ければ即日というケースもあります。

急いで資金を調達しなければならないという場面でも対応できるので、急な資金を要することが多い中小企業などに多く利用されている取引といえるでしょう。

 

二社間ファクタリングの流れを確認

売掛債権を売却すると、手数料が差し引かれた買取金額がファクタリング専門業者から支払われます。

その後、売掛先から売掛金がファクタリングを利用した会社に対して支払われることになるので、ファクタリングを利用した会社はファクタリング専門業者に回収した代金を渡すという流れです。

 

もう一方の三社間ファクタリングの流れとは

一方、三社間では取引に売掛先も加わります。そのため、売掛先に対してファクタリングが行われることを伝える必要がありますので通知されます。

売掛先から承諾を得ることで、三社間での取引が成立するという流れです。

売掛先が期日に支払う売掛金については、ファクタリングを利用した会社ではなく、直接ファクタリング専門業者に支払われます。

 

ファクタリング専門業者にとっては二社間のほうがリスクは高い

中小企業で二社間が多く利用されるのは、ファクタリングを行うことを売掛先に知られることなく売掛債権の売却ができるからです。

その反面、ファクタリング専門業者にしてみれば、期日に売掛金を直接売掛先から受け取ることができず、ファクタリングを利用した会社を経由しなければなりません。

もしもファクタリングを利用した会社が、売掛先から回収した代金をファクタリング専門業者に支払わずに使い込んでしまったら…。ファクタリング専門業者の抱えるリスクを考えれば、二社間で発生する手数料は三社間と同じというわけにはいかないでしょう。

そのため、三社間よりも二社間のほうが設定される手数料は高めです。

 

ただ、ファクタリングで発生する手数料は二社間か三社間だけかで決まるわけではなく、他にも次のような項目が影響します。

  • ・売掛先の信用力
  • ・取引回数(初回か二回目以降の取引か)
  • ・償還請求権(万一売掛先が倒産した場合などの弁済義務の有無)
  • ・売掛債権の額面
  • ・利用する会社の信用力

 

二社間と三社間でのファクタリングを比較したとき、二社間のほうが手数料は高めの設定なので三社間のほうがよいと思うかもしれません。

ただ、実際には二社間のほうが多く利用されている理由として、売掛先に知られることなくファクタリングを利用することが可能であること、現金化までのスピードがはやいことなどが挙げられます。

 

まとめ

早ければ即日の入金されることを可能とするファクタリング専門業者も存在しますが、重要なのはどこに依頼するかです。

ファクタリング専門業者も数が多く、どこが信用できる会社なのか判断が難しいというケースもあるでしょう。

そのような場合、簡単な項目で可能な一括見積もりを利用すると、一社ずつ相談から見積もりを行う手間や時間を省くことができます。

特に急いで資金が必要という場面において、複数のファクタリング専門業者それぞれに見積もりを依頼することは手間がかかりすぎます。もしファクタリングで資金を調達することを検討しているのなら、一括見積もりなどを利用して効率的に手続きを進めていくとよいでしょう。