ファクタリングで実施される審査は甘い?その理由とは


ファクタリングを資金調達の方法に利用しようと考えている企業では、利用前に行われる審査が気になることもあるでしょう。

ただ、銀行などから資金を借り入れるときに行われる審査と比べても、ファクタリングにおける審査は甘いといわれています。

その理由は何なのか、本当にファクタリングを利用する上での審査は甘いのかをご説明します。

 

ファクタリングの審査で重視される項目

ファクタリングは、赤字決算、債務超過、税金滞納など、財務状況が良好とはいえない状態でも資金の調達方法として利用できるとされています。

しかしこのような状況は、銀行やノンバンクから借り入れを行うときに行われる審査において、いずれもまず融資不可と判断される項目です。

ただ、ファクタリングは売掛債権をファクタリングに譲渡することで資金を得る方法のため、審査において重視される部分が融資とは異なります

 

重視されるのは売掛先の信用力

手形割引などの場合、手形を振り出した企業が大手なら、信用力が高いと判断されて高く買い取ってもらいやすくなります。しかし名の知れていない企業が振り出した手形の場合、大手企業が振り出した手形よりも買取金額は低く設定されてしまう可能性があります。

同様にファクタリングも、売掛債権の買取でファクタリング会社が重視するのは売掛先の信用力です。

 

2社間と3社間では審査の甘さが異なる

ただ注意しておきたいのは、ファクタリングにも2社間と3社間という2つの契約形態があり、その中でも売掛先に通知を行う3社間ではなく、ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社のみで契約を結ぶ2社間ファクタリングにおいては、ファクタリングを利用する会社の信用力も関係してきます。

 

2社間のほうが審査は厳しくなる理由

3社間の場合、買い取られた売掛債権が現金化された後、実際に期日を迎え売掛代金が支払われることになったとき、その代金は売掛先からファクタリング会社に直接支払いが行われます。

それに対し2社間では、売掛先にはファクタリングが利用されることを隠した状態で取引が行われるため、期日を迎え支払われる売掛代金は、一旦、ファクタリングを利用する会社がファクタリング会社に代行して回収することになります。

ここで重要なのは、ファクタリングを利用する会社からファクタリング会社に対し、回収した売掛代金がそのままスライドされるかです。

もしファクタリングを利用する会社の財務状況があまりにも悪化していた場合、期日に売掛先から回収した代金を、ファクタリング会社に支払わずに使い込んでしまう可能性も否定できません。

そのため、ファクタリング会社はそのリスクを抑えるために、利用における審査を3社間より厳しくおこない、手数料を高く設定せざるを得なくなってします。

 

ファクタリング会社によって審査基準は異なる

ファクタリングの審査は銀行融資などより甘いとされていますがでは、それはファクタリングを利用する会社ではなく、売掛先の信用力が重視されるからです。

ただ、ファクタリング会社によって審査の基準や方法などが異なるため、同じ売掛債権を売却する場合でも買取金額に差が出てきます。

もちろん、ファクタリングを利用する上で設定される手数料は安いほうが調達できる資金も増えるので、お得です。

このようなことならも、複数のファクタリング会社から相見積もりを取得し、それぞれ比較した上で依頼するようにしましょう。

 

相見積もりで失敗しないために

急いで資金を調達しなければならない場面では、複数社から見積もりを取得したとき、すぐに現金化させるけれど他社より手数料は格段に高いファクタリング会社を選んでしまいがちです。

ただ、他社よりも審査が甘いファクタリング会社は、その分、リスクが高くても気にしないということです。なぜリスクがあっても気にしないのか、それは、仮にリスクが発生しても損にならない程度の手数料を受け取るからといえます。

 

審査が甘いではなく甘すぎるファクタリング会社には注意!

切羽詰った状態で、手数料はどれだけ高くてもよいから早く売掛債権を買い取って欲しい!とファクタリング会社に相談しても、足元を見られてしまう可能性が高くなってしまいます。

確かに審査にかかる時間が短縮されていると急いでいるときには便利ですが、その分、発生する手数料は高くなる可能性もあります。

そもそも銀行融資より審査は甘いので、あまりにも審査が甘すぎる、ただその分手数料が相場よりも高く設定されているという場合は、悪徳業者である可能性も考えられるので騙されないようにすることも大切です。

手数料はどのくらいが相場か知りたいのなら、やはり複数社からの相見積もりでそれぞれのファクタリング会社で設定される手数料を比較することが望ましいといえるでしょう。

 

まとめ

ファクタリングの利用を検討しているなら、保有する売掛債権をできるだけ高く買い取ってもらえるファクタリング会社に依頼するようにしましょう。

また、急いで資金を調達することが必要という場合でも、審査などで本当であれば確認される事項はほとんど確認せず、すぐに資金化させるなど審査が甘すぎる場合には注意が必要です。

審査をしっかり行わない場合、安く買い叩かれる可能性もあるということ。そのため、複数社から相見積もりを取得して、できる限り有利な条件で資金を調達できるようにすることが大切です。