赤字経営でもすぐに倒産しない!それでも改善させることは重要


会社を経営していけば、やはり黒字を目指すことが基本となるので、決算書上が赤字になると気になってしまいます。

その理由は、赤字になると会社が倒産してしまうのではないかという不安があるからといえるでしょう

ただ、決算書上が赤字になったからすぐに倒産するわけではありません。

そこで、赤字の場合には会社経営にどのような影響を及ぼすのか、反対に黒字なら安心できるのかをご説明します。

 

決算書で赤字を示すタイミングはいろいろ

そもそも決算書上が赤字を示すとは、支出が収入を上回っている状態であることであり、それにより利益が出ない状態です。

ただ、利益には、

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経営利益
  • 税引前利益
  • 当期純利益

など種類があるので、どこでマイナスが表示されているかにより、何が要因で赤字になっているかも異なります。

 

売上総利益が赤字の場合

売上から原価を差し引いた分の利益が売上総利益です。この時点では、営業や管理に必要な固定費などは差し引かれていないので、多くの場合は黒字を示すはずです。

そのため、売上総利益がマイナスを示す場合、原価割れで販売していることが多いと判断され、銀行融資の審査の場面ではまず借り入れできなくなりますし、そのまま事業を続けていてもいずれは倒産する可能性が高まります。

 

営業利益が赤字の場合

売上総利益から、営業や管理に必要な固定費を差し引いて算出する利益が営業利益です。本業が生む利益であるため、この部分が赤字であると健全な経営と判断されにくくなるといえるでしょう。
むしろ、銀行は借り入れの申し込みがあったとき、この営業利益が黒字であることを期待しているといえます。

 

経営利益が赤字の場合

経常利益は、支払い利息など財務費用も差し引いた利益なので、この経常利益が黒字であれば、営業活動や財務・投資活動にかかるいろいろな費用を差し引いても利益がでることを示します。

そのため、経常利益が黒字なら、借り入れ後に発生する利息を支払っても利益は残るので、銀行からの評価も高くなるといえるでしょう。

反対に赤字の場合、その赤字が一過性のものなどですぐ黒字転換できるのなら問題ありませんが、銀行融資においてはその根拠を説明できることが必要です。

 

税引前利益が赤字の場合

固定資産売却損益や投資有価証券売却損益など、経常ではない損益を考慮した利益が税引前利益であり、底から税金を差し引くと税引き後の当期純利益が出ます。

どちらも黒字であることが望ましいですが、仮に固定資産売却損で赤字になっていたとしても、経常利益がプラスなら銀行などの評価はそれほど下がりません。

 

赤字のほうが税金面ではお得?

このように赤字にもいろいろな種類があり、銀行融資の審査において重視される部分も異なります。

ただ、法人税逃れのためにわざと赤字にしたいと考える経営者も少なくありません。確かに決算書上赤字であれば、課税される税金を抑えることが可能になるという点ではメリットがあるでしょう。課税所得も抑えることができるので、所得税も安くすることができます

さらに繰越欠損金として扱うことができるので、翌期が黒字でも前年度分の赤字で黒字を相殺できるため、次の年度の所得税も抑えることが可能です。

赤字経営はよいことであるとはいえませんが、税金面ではいろいろな部分で効果が期待できるともいえます。

 

銀行融資や税務調査では不利に

ただ、先にも述べた通り、銀行から融資を受けたいという場面では赤字経営はデメリットしかありません。

せっかく儲かっていて、本当なら黒字で銀行からも融資を受けることができるはずなのに、わざと赤字にしたことで借り入れできなくなってしまいます。

また、本当に赤字なのか、税務署からの調査の対象となる可能性もあるので、正しく決算を行うことが重要であるといえるでしょう。

 

黒字なら安心というわけではない

たとえ決算書上が黒字でも、倒産の危機にまったくないとも言い切れません。

売上がどんどん計上されていても、その代金が回収できなければ支払いに充てる資金不足で会社経営は続かなくなります。

黒字でも倒産する可能性があることを認識し、手元のお金が不足しない状態をつくっておくことが必要であるといえるでしょう。

 

赤字経営を立て直したいなら

赤字状態の経営を立て直したいなら、利益を追求すること、そしてコスト削減は欠かせません。ただ、いくら利益を追求しようとしても赤字の会社が新しい商品やサービスの開発に向けて資金を費やすことは難しいでしょう。赤字なので銀行融資も受けることができず、状況は改善されにくくなってしまいます。

このような場合、保有する売掛金をファクターとよばれるファクタリング会社に売却し、資金に換えるファクタリングを利用してみましょう。ファクタリングは借り入れではなく、売掛金の売買なので財務状況などが悪化していても資金の調達方法として利用できます。

ファクタリングにより調達した資金を支払いに充て、資金繰りを改善させた後で銀行融資を申し込み、投資資金を調達するといった形が望ましいでしょう。

 

健全な経営を目指すために

無駄なコストも削減することを忘れずに行いましょう。余分に発生しているコストを削るだけでも、赤字状態を改善させることに大きな影響があるはずです。

黒字でも手元の資金不足に陥らないよう安心できませんが、赤字状態が続いていても当然危険なので、赤字状態から脱却することを検討しましょう。