ファクタリング会社を装い融資を行おうとするヤミ金業者には注意!


ヤミ金とは、貸金業として登録は行わず、上限金利をはるかに超える条件で金銭の貸し付けを行う違法な金融業者です。

すでに複数の金融業者から融資を受け返済困難な状況に陥っている多重債務者や、自己破産など債務整理の手続きを行っている方などを狙い融資を迫ります。

法外な金利に過酷な取り立てで、家族や職場まで巻き込むこともあるなど、ヤミ金業者から借り入れは行わないことです。

現在、悪質な貸し付けを行う業者を排除するために「ヤミ金融対策法」などが成立したことにより、行き場を失ったヤミ金業者がファクタリング会社を装った貸し付けを行おうとするケースもみられます。

 

ファクタリングには明確な法規制が設けられていない

そもそもファクタリングは、中小企業の資金繰りを支援する対策としてリース会社などが始めたサービスといわれています。期日を迎える前の売掛債権を、回収日より早く現金化が可能であることで資金繰りが改善されやすい資金の調達方法です。

ただ、注意したいのは、ファクタリングは融資でないので利用の際に生じる手数料には明確な規制が設けられていないということです。

無登録の状態で貸金業者のフリをし、貸し付けを行うと貸金業法に抵触するので罰則の対象となってしまいます。しかしファクタリングは融資ではなく債権の売買行為による資金の受け渡しなので、当事者同士が納得すれば手数料に上限は設けられていません。

ファクタリング業なら法律に触れないと、あくまでも手数料という名目で高額な金利を取るヤミ金業者も存在します。

 

中小企業がヤミ金業者に狙われる理由

ファクタリングを利用しようと相談を持ちかけた相手が、実はファクタリング会社を装うヤミ金業者だと気がついても、資金繰りが苦しい状態ですぐに資金を用意しなければならず、そのまま利用してしまうケースもあるようです。

その後、ヤミ金業者に返済ができなくても、利息分だけを支払えば元金は先延ばしにしてもよいというジャンプと呼ばれる手口などが使われ、いつまでたっても完済できない状態が続きます。

そして、ファクタリングを利用する多くは中小企業です。個人に数万円貸し付けて少しずつ貸付金額を膨らませていくよりも、一度に大きな金額で取引できる中小企業のほうが効率がよいからと考えたことも理由といえるでしょう。

 

ファクタリング会社を装うヤミ金業者から融資を受けないために

では、ファクタリング会社のフリをして貸し付けを行おうとするヤミ金業者から融資を受けないようにするには何に注意すればよいのでしょう。

たとえばインターネット上でヤミ金業者のホームページを確認してみても、表向きは若いモデルなどを採用してイメージアップを図ったサイトのため、これだけではヤミ金業者と判断しにくいかもしれません。

記載されている連絡先に相談を持ちかけても、対応するスタッフも穏やかで、ヤミ金業者という印象は感じないケースもあるようです。

ただ、表面だけのイメージに騙されて申し込みをしてしまうと、見積もりの段階では発生していなかった名目の費用を請求されたり、当初提案された割合ではない手数料が発生したりと、何かがおかしいと気がつくはずです。

もし何か変だと思ったら契約は勇気を持って中止し、他の優良とされているファクタリング会社などに相談してみることをおすすめします。

 

ヤミ金業者と疑われるケースとは

ファクタリングは融資ではなく債権の売却により資金を調達する方法です。ファクタリングの申し込みを行ったのに担保保証人を求められた場合は、売掛債権を担保にして融資を行おうとするヤミ金業者である可能が高いと疑いましょう。

また、反社会的勢力やそれに関連する組織などは銀行口座を所有することはできなくなっていますので、現金で支払いを行う取引形態の場合もヤミ金業者である可能性が高いといえます。

 

もしヤミ金業者から融資を受けたらどうなるのか

一度、ファクタリング会社を装うヤミ金業者を利用してしまうと最後、貸し付けも行っているので初回から無審査で融資を受けることができますと提案してきます。すでにファクタリングで現金化した資金がなくなったころ、このような提案をされるとつい利用してしまいたくなるでしょう。

しかし、もし融資を受ければ信じられないほど高い金利が設定されることになります。その割合は、一般的に知られている10日で1割の利息が発生する「トイチ」では済まされず、3日や5日で1割、10日で10割という割合の金利です。

どれだけ資金繰りが厳しい状態でも、一度利用すれば完済に至らず、事業を継続することが難しくなってしまいます

表向きは手数料とされた法外な利息だけでなく、支払いができなくなれば家族や勤務先、近所にまで徹底的に嫌がらせを行うので絶対に利用しないようにしてください。

 

まとめ

ヤミ金業者に騙されないためにも、ファクタリングを利用するときにはファクタリング会社選びが重要です。優良とされるファクタリング会社に相談することが大切ですが、もし取引を行なおうとしているファクタリング会社があるのなら、契約締結前には契約書の内容をしっかり確認した上で判断するようにしてください。

ヤミ金業者が相手の場合、ファクタリング契約だといいながらも契約書は高利による金銭消費貸借契約の内容になっていることがあるので注意しましょう。