ノンバンクの金利について|なぜ高めの設定になっているのか


銀行のように預金という受け入れ機能は持たない金融機関を、文字通り「ノンバンク(Non bank)」といいます。預金以外にも為替業務も行わず、貸付など与信業務を行う金融機関です。

一般消費者を対象とした消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、事業者に対する融資を行う専門金融業者、リース会社などがありますが、いずれも銀行融資よりも金利設定が高いことに疑問を感じる方もいるようです。

そこで、なぜノンバンクで借り入れをすると金利が高く設定されるのかご説明します。

 

ノンバンクの金利が高い理由

ノンバンクのイメージといえば高い金利。銀行よりもなぜこれほどまで利息を多く支払う必要があるのだろう?と疑問に感じる方もいることでしょう。

まず、ノンバンクが預金業務を行わずに一般消費者や事業者に融資を行うには、どこからか貸し付けに利用する資金を調達する必要があります。調達先となっているのは主に銀行融資で、銀行などからお金を借りて貸し付けを行っています。

借りたお金を貸し付けるということは、ノンバンクも銀行に対する利息を支払い、さらに利益を上げるために利息を含めた以上の金額で貸し出すことが必要になります。

この一連の流れが、ノンバンクの融資の金利設定の高さに繋がっているわけです。

 

短期で返済すれば利息も少なくて済む

ノンバンク側の立場になってみれば、お金を貸した相手に早く返済してもらえれば、自らが銀行に返済するときに支払う利息を抑えることができますので、基本、短期での融資を行います。

長期での融資も行いますが、ノンバンクが銀行に返済する際の利息も多くなるので、その分、ノンバンクから借りた方も利息を多く支払うことになってしまいます。

 

金利は高くても審査のハードルは低め

ノンバンクから融資を受ける場合も、銀行融資と同様に申込者の審査を行います。ただ、銀行融資であれば提出されたいろいろな資料にういて時間をかけて念入りに調査し、慎重な判断のもとで融資を実行するか決定されます。

一方のノンバンクでは、ある程度決められた手順と内容に従い迅速に進む形となるので、審査のハードルは低めに設定されています。

 

現在のノンバンクに至るまで

ノンバンクは貸金業者に該当するため、総量規制により申込者の借入総額が年収の3分の1を超えている場合には融資はできません。これらの規制ができる前、ノンバンクで借り入れを行った一般個人の方が自転車操業を繰り返し、借金の返済ができなくなり自己破産してしまうケースが相次いだのも事実です。

かつては金利の上限は利息制限法と出資法という2つの法律に縛られており、出資法の上限金利を超えた貸し付けは刑事罰に科されるのに対し、利息制限法は民事上無効となるけれど刑事罰の対象にはならないという矛盾が生じていました。

利息制限法の上限金利は年利15~20%であるのに、出資法は年利29.2%。でも利息制限法を超えても刑事罰の対象にはならないなら…ということで、多くの消費者金融は出資法ギリギリの上限金利で貸し付けを行っていたのです。

しかしこの利息制限法と出資法の上限金利のズレであるグレーソーン金利違法であるとされ、それまで無駄な利息を支払い続けた方たちが次々に消費者金融に過払い利息を返還請求するようになりました。

その結果、多くの消費者金融は苦境に立たされて破綻する業者も続出し、生き残った消費者金融もメガバンクなどの支援を受けながら業態を変更して現在に至ります。

 

上限金利を引き上げるといった動きもあった?

今後は無理な金利設定はされないだろうと安心したのもつかの間、2014年にはせっかく引き下げられた上限金利を、また2010年まで適用されていた29.2%に戻すという動きもありました。

これは銀行融資など受けにくい中小企業などが消費者金融から融資を受けやすくすることを狙ったもののようですが、あくまでも健全経営だと認可された貸金業者に限ってのみの対応とするとのことでした。

総量規制や上限金利、これらで中小企業がノンバンクから融資を受けにくくなったのかというとそうではありません。

実際、貸金業者から年収の3分の1を超えた借り入れができないのは個人が融資を受ける場合です。個人事業者で総量規制の対象ですが、借り手の事業実績や事業計画などに基づき、借入総額の返済が合理的に見込まれる場合や、返済能力が明らかにあると認められれば、それは顧客の利益保護に支障をきたさないとして例外的に借り入れが可能とされています。

中小企業がノンバンクから借りる事業資金はそもそも総量規制の対象ではありません

2014年に上限金利を29.2%に戻すという動きが出ていたのは、当時の背景に過払い利息の返還請求で苦境に立たされていたノンバンク救済の意味も含まれていたようです。

しかし、それがきっかけでまた自己破産者が増えてしまえば本末転倒。このような動きも近年では耳にしなくなりましたが、いつまたこのような発想となるかわからないので注目しておきたい部分といえます。

 

まとめ

ノンバンクから借り入れを行おうと考えている方にとって、銀行融資より金利が高い部分に不満はあるかもしれません。

ただ、銀行融資で行われる審査よりもハードルは低く、融資が実行されるまでの時間もかなり短いので、急いで資金を調達したいという緊急事態にも対応できることがノンバンクの魅力といえます。