支払いサイトが長い建設業はファクタリング会社にとって優良企業?


ファクタリングは近年、中小企業に多く利用されるようになった資金調達の手法ですが、中でも建設業はファクタリング会社にとって優良な企業として扱われています。

ではなぜ建設業はファクタリング利用により資金を調達することに向いているのか、ファクタリング会社にとって優良な企業とされているのかをご説明します。

 

建設業界が頭を抱える業務を引き受ける上でのデメリット

建設業を営む企業が引き受ける工事は、とても1つの建設会社でまかないきれる規模の仕事ではないので、専門分野ごとに下請けうや孫請けなどの企業に業務を委託するピラミッド方式の請負契約が基本となっています。

業務が細分化されることで、仮に下請けが倒産すれば孫請けも倒産するといった、連鎖倒産や黒字倒産のリスクが大きくなりがちです。

 

工事完成まで様々な立て替えが発生

さらに先にも述べた通り、工事が完成されるまでの間に発生する材料などの仕入れ代金、人を雇用したり外注に依頼するためにかかった費用は、売掛金が入金される前に支払うことになるので立て替えるという形になります。

仕事を受注したくても、立て替えるだけの資金が手元にないことで、せっかくの依頼を引き受ける機会を失っているケースもあるのです。

 

天候や自然災害により工期が延びればさらに資金繰りは悪化

実際、建設業界の場合は、請求書を取り交わし入金されるまで1年という期間があくこともあるので、その期間の資金がショートしてしまわないよう資金を調達しておくことが求められるでしょう。

天候や自然災害にも影響されるので、工事ができない日が続けば工期は延びてしまいます。長期化すれば入金までの期間も延びることになるので、さらに資金繰りは悪化してしまうでしょう。

 

建設業界では頭を抱える問題でも…

ファクタリング会社にとって、建設業が優良企業として扱われることには、建設業が抱える資金繰り面でのデメリットが大きく関係しています。

建設業は、工事を受注して完成されるまでの期間が長めですが、これは発生した売掛金が支払われるまでのサイトが長いことをあらわします。

その間に発生する材料費や人件費などは一旦立て替えることとなりますが、公共工事などが多いので発生し売掛金が入金されるまで期間はあくものの、期日になれば必ず入金されるといった信用力の高い取引が多いです。

また、発生する売掛金の金額も多いので、その分立て替えは大変ですが、期日まで待てば大きな金額が入金されます。

 

建設業界ではファクタリングは当たり前の資金調達方法

すでに建設業界ではファクタリングに対する認知度は高く、メリットを感じて利用している企業も少なくありません。この認知度の高さもファクタリング会社にとって、優良な企業として扱われる理由としてあげられるでしょう。

 

デメリットを利用してファクタリングを利用してみては?

ファクタリングとは、保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、期日よりも先にその代金を受け取る資金調達の手法です。

特に支払いサイトが長い売掛債権などは、早期にその代金を回収することができるので実際の支払い期日より前に発生する支払いにも対応できるようになります。

また、ファクタリングを利用する上でファクタリング会社が負担することになる経費は、売掛債権は大口でも小口でもそれほど差はありません。そのため、大口の売掛債権のほうが、ファクタリング会社にとってはメリットがある取引であるといえます。

公共工事などを対象とした売掛債権の場合、期日に売掛金が入金されることはまず間違いないでしょう。ファクタリングを利用する上で行われる審査では売掛先の信用力が重視されますので、確実に売掛金を回収できる取引のほうが好まれます。

これら建設業特有の事情はすべて、建設業を営む企業はファクタリング会社にとって優良な企業として扱われる理由になるのです。

 

建設業振興基金(ファクタリング補助金制度)にも注目

さらに建設業界では、孫請け方式で万一連鎖倒産や黒字倒産が多発した場合、国によって制定された「建設業振興基金」という補助金制度が適用されます。

この制度は保証ファクタリングで利用されていますが、適用させることにより、ファクタリングを依頼した際に発生する保証料が助成対象となり、損失が発生したときには債権額の最大75%を立て替えてもらうことが可能です。

この補助金制度の存在も手伝って、建設業はファクタリング会社に優良な企業として扱われやすくなっているといえるでしょう。

 

まとめ

建設業を営む企業がファクタリングを利用する場合、売掛先の信用力の高さや売掛債権額などの大きさから発生する手数料が安く設定されやすいといえます。

ファクタリングを利用することにより、長期で設定されやすい支払いサイトを短期化できるので、先に支払う必要のある経費に充てる資金準備に活用することができます。

他にもファクタリングを利用することに向いている業種はいろいろありますが、特に建設業は売掛金により資金繰りが悪化しやすい業種のため適しているといえます。

もし資金繰りに悩みを抱えている建設会社の方がいれば、ファクタリングを資金調達の手法として検討してみてはいかがでしょう。