返済ができないときには利息だけ払ってジャンプさせたほうがよい?


お金を借りたとき、利息一部払いといわれるジャンプを繰り返してしまうといつまでたっても完済に至ることはありません。

ジャンプとは金融業界で使われる言葉ではありますが、消費者金融とヤミ金業者とではそもそも扱いが異なります。

いずれにしても避けた方がよい行為ですので、ジャンプとはどのような行為を指すことばなのか、なぜ完済に至ることができなくなるのかをご説明します。

 

消費者金融で行われるジャンプとは

もし消費者金融でお金を借りたとき、返済日になっても返すお金が手元になかった場合、返済額の一部は後日に繰り越す利息一部払いを行うことジャンプといいます。

本当なら返済しなければならないお金の一部だけ返済することで、延滞扱いにはならず返済日を先延ばしするという方法です。

ただ、誰でもジャンプが可能であるわけではなく、整合性が認められ次回の返済日には返済されると確信されたときに許可される方法といえます。

消費者金融としても、返済できないといっているのに無理に追い詰め、利用者が債務整理や自己破産などに至ってしまえば貸したお金が返ってこなくなることを懸念して許可します。

せめて利息だけでも支払ってもらうことにより、次回からスムーズに返済してもらえるならと考え受け入れる形となるようです。

消費者金融でのジャンプは何度も利用できるわけではなく、すべての金融業者が認めているわけでもありません。

 

ヤミ金業者が行うジャンプとは?

消費者金融が行うジャンプとヤミ金業者が行うジャンプは、似ているようで目的がまったく異なります。

消費者金融の場合は、利用者からスムーズに返済してもらうことを目的としてジャンプを認めることになりますが、ヤミ金業者場合はジャンプにより利息を得ることが目的です。

もしヤミ金業者からお金を借り、期日に返済ができない場合にはヤミ金業者のほうからジャンプを勧めてきます。返済できないのなら、利息分だけ支払ってもらえればよいと善良なフリをして勧めてくるので、それはありがたいとあっさりジャンプしてしまう利用者もいることでしょう。

ただ注意したいのは、お金を借りたときに発生する利息は元金に対しての金利であるという点です。ヤミ金業者としては、返済されて元金が減ってしまえば、その分、搾取できる利息も少なくなるため、むしろジャンプにより元金はそのまま据え置いて欲しいと考えて勧めてきます。

そもそも違法な高金利で取引を行うのがヤミ金業者なので、元金を減らさないことで多くの利息を搾取できるジャンプこそが、一番の収入源となるわけです。

 

ジャンプとセットで行われる追い貸しとは

ヤミ金業者の立場としては、お金を貸した利用者から利息分しか支払ってもらえなくても、追い貸しをすることで金利のみで潤うことができます。

追い貸しとは、返済日に入金が遅れそうになったタイミングで追加融資を行い、その貸付金額から支払いを行ったことにする行為です。

もし正規の金融業者などから追加融資を受ける場合には、一旦審査が行われ、返済に遅れがないと認められなければ貸し付けは行われません。

しかしヤミ金業者の追い貸しはジャンプの際に行われることが多く、なるべく多くの利息を受け取ろうとします。

 

ヤミ金業者が行うジャンプと追い貸しの具体例

たとえば10日で1割(トイチ)で貸し付けを行うヤミ金業者から10万円借りる場合には、10日後に発生する利息である10万円の1割分の1万円が差し引かれ、9万円を現金として渡されます。

返済日は10日後ですが、返済資金が準備できずジャンプを希望した場合、利息の1万円を支払い元金はそのまま10万円で残るという形です。

さらに10日後、また返済資金が用意できなかったとします。そこでヤミ金業者から、追加で30万円を融資するので、元の借り入れ分10万円を一旦完済するように勧められたとしましょう。

この場合、10万円は完済できたとしても、30万円を新たに借り入れるため、受け取ることができる現金は、もとの借入分10万円と10日後に発生する追加融資30万円に対する利息分3万円を差し引いた17万円です。

さらに10日後、30万円を用意することができなければまたジャンプを利用することになります。さらに追い貸しにより融資を受けることになるかもしれませんが、この繰り返しによりどんどん借入金額が膨らんでしまうことになります。

最初は10万円しか借りていなかったのに、気がつくと数百万円まで膨れ上がっていたということもあるので、とても完済に至ることはできなくなるでしょう。

 

まとめ

他にも、別のヤミ金業者から連絡が入り、お金を借りないかという誘われることもあるようです。しかしこれらはすべて同じヤミ金業者が行っていることであり、一度借りればなかなかそこから抜け出すことはできなくなってしまいます。

どれほどお金に困っても、ヤミ金業者からお金を借りないようにしてください。

また、消費者金融でもジャンプは行われますが、ヤミ金業者とは違った目的や理由で認められる行為です。

ただ、好ましい行為とはいえませんので、ジャンプ後には遅延なく返済が続く見込みがあるためどうしても利用する必要があるなら仕方ありませんが、なるべく避けたほうがよいといえるでしょう。