売掛金を使った資金調達であるファクタリングのデメリットとは?


中小企業にとって資金調達の方法とは、銀行などからの融資が一般的といえます。ただ近年では、経済産業省が売掛債権を流動化させた資金調達を推奨するといった動きもあり、売掛金を利用して資金を調達するファクタリングが注目を浴びています。

ただ、売掛金を使った資金調達の方法は、メリットもあればデメリットと考えられる点もあるため、内容をしっかり把握した上で利用するようにしましょう。

 

ファクタリングとは

いくらファクタリングで資金を調達したくても、未回収の売掛金を保有していなければファクタリングの利用はできません。

売掛金とは、商品やサービスを販売・提供し、その代金が未回収で入金が完了していない分を指しています。

本来は入金期日に手元に入る予定の売掛金を、ファクタリング会社に売却することで代わりに請求・回収してもらうことにより、入金期日よりも前倒しで現金化させることができるという方法です。

実際、売掛金が支払われるまでの期間が長く、それまでに発生する支払いに苦労する企業も少なくありませんが、このような場合にファクタリングを利用することで早く売掛代金を手にすることができます。

 

ファクタリングのメリットとは

ファクタリングを利用するときにも審査は行われます。ただ、融資などで行われる審査では、借り入れを行う会社などの経営状況や財務状態などが重視されることになりますが、ファクタリングの審査では買取対象となる債権の信用度が重視されます。

そのため、仮に赤字決算や債務超過、税金を滞納しているなど財務状態が悪くても、ファクタリングを利用した資金調達は可能であるということです。

また、ファクタリングは融資を受けるのではないので、保証人や担保は不要です。借金をするわけではないということは、会計上も負債を増やさないので、銀行からの評価を下げることなく資金を調達できます。

ファクタリングで売掛債権を現金化させた後に、売掛先が売掛金を支払うことができなくなったとしても、先に受け取った売掛債権の買取代金を返す必要はありません。

このような貸し倒れによるリスクは、ファクタリング会社が負担してくれます。売掛債権の回転率を高めながら、資金繰りを改善させることができることが何よりのメリットいえるはずです。

 

ファクタリングでデメリットといえる部分

よいことばかりに思えるファクタリングですが、メリットもあればデメリットもあります。

ファクタリングを利用する方の多くが、その資金調達の早さに魅力を感じると声を揃えていいますが、確かに2社間ファクタリングならファクタリング会社によっては即日現金化も可能です。

ファクタリングには2社間と3社間があり、このうち2社間はファクタリングを利用する会社とファクタリング会社間だけで取引を行う契約方法で、売掛先を間に挟みません。

2社間と3社間で発生するファクタリングにかかる手数料を比較したとき、2社間のほうが高めに設定されています。たとえば2社間の手数料割合は約10~30%であるのに対し、3社間では約1~5%とかなり差があるなど、手数料の高さがデメリットと感じる方は少なくないようです。

 

なぜ2社間は手数料が高くなるのか

2社間の場合、取引先に売掛債権が譲渡されることは通知されない形で取引を行うため、買取代金がファクタリングを利用した会社に支払われた後、利用した会社は売掛先から売掛金を回収し、ファクタリング会社に送金することが必要です。

3社間では売掛先に債権を譲渡することを通知するので、ファクタリングを利用した会社に買取代金が支払われた後は、売掛先からファクタリング会社に直接、売掛金の支払いが行われます。

しかし2社間では一旦、ファクタリングを利用した会社が売掛金を回収することになるので、もしその売掛代金を使いこまれてしまったら…というリスクをファクタリング会社は抱えた状態で取引を行うことになります。

このリスクを回避するため、3社間よりも2社間のほうが手数料は高めに設定されています。

 

銀行の利息よりも負担は重いのか

銀行などで融資を受ける形で資金調達を行った場合、設定される金利により利息を支払うことになります。

この利息とファクタリングで発生する手数料を比較した場合、大手銀行からの借り入れなら2~15%、信販会社なら6~20%、消費者金融や金融業者などが8~18%など、ファクタリングで設定される手数料より安く見えてしまうこともあるでしょう。

ただ、借り入れによる利息は返済期間中ずっと発生するものですが、ファクタリングは買取代金が支払われるときに手数料が差し引かれるのみです。

また、重視されるのは売掛先の信用力であり、利用する会社の経営者の人柄や信頼度なども加味され、手数料が安く設定されることも多々あります。

信用取引の代表ともいえるのがファクタリングなので、銀行などの融資では重視されなくなった部分がファクタリングでは重視してもらえることが特徴です。

 

まとめ

ファクタリングは迅速に資金を調達したいことを希望する方にとっておすすめの資金調達の方法ですが、デメリットとして挙げるなら2社間と3社間で手数料は大きく異なることといえます。

ただし、ファクタリング会社との面談で信頼してもらうことにより、手数料を下げることも可能です。

上手く利用することでキャッシュフローは改善されるはずなので、信頼関係を築くことができるファクタリング会社を選び、資金調達の方法として利用するようにしましょう。