クレジットカードを現金化する悪徳業者を利用しないように!


資金の調達先に困り、クレジットカードを現金化させるといった商法を検討しようと考えている方はいないでしょうか。

クレジットカードには買い物に利用するときのショッピング枠と、現金を借りることが可能であるキャッシング枠が用意されています。

本来、お金を借りることができないショッピング枠を利用した方法がクレジットカードの現金化です。ただ、この商法は逮捕者が出るなど悪徳な取引であるとされているため、その内容を十分把握し利用しないようにしてください。

 

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して商品購入をさせ、商品を買い取る名目で現金が渡されるという商法です。

ただ、2011年8月にはクレジットカードを現金化する業者が始めて逮捕されるなど、悪徳な商法として知られています。

 

悪徳業者が逮捕された理由

逮捕された悪徳業者は、ショッピングを装ったお金の貸し付けを行ったことにより金融業者であると認定されたことによるものでした。

金融業者であれば貸金業許可を受け登録する必要がありますし、出資法の上限金利を超えた金利の設定は刑事罰の対象になるからです。

貸金業法と出資法に違反したとみなされたことで逮捕されたわけですが、この悪徳業者は自身のホームページ上に「公安委員会の許可を受けている」といった記載もしていたようです。しかし公安委員会は古物商の許可を与え中古品を売買することに対する許可は行っていても、それによるお金の貸し付けを許可しているわけではないのです。

それ以降も続々と悪徳業者が摘発されていますが、いずれも貸金業法と出資法違反によるものとされています。

 

業者だけでなく利用者も罪にとわれる可能性がある?

クレジットカードを現金化することは違法行為ですので、利用した場合には悪徳業者が逮捕されて終わりではなく、利用者もその対象になる可能性があります。

クレジットカードのクレジット枠は買い物をするために用意された枠のため、現金化することを目的として商品を購入する行為は詐欺罪に該当する可能性があるからです。

また、万一借金が増えたことを理由に自己破産手続きを行った場合も、クレジットカードの現金化については借金を帳消しにする免責が認められない行為とされています。

免責不許可事由に該当することになるわけですが、この免責不許可事由があることで裁判所から債権者にお金を配ることを指示されることがあります。そうなると破産管財人を選任しなければならなくなり、20万円程度の予納金が追加で発生してしまいます。

 

クレジットカード会社も認めていない行為

クレジットカード会社は、換金目的でクレジットカードを利用することは認めていません。クレジットカード会員規約にもその旨の記載があるはずなので確認してみましょう。

また、クレジットカードを使って紙幣や貨幣を購入することもショッピング枠を現金化する行為に該当します。

もし発覚した場合には、債務残金を一括請求される、またはカードの利用停止や強制退会などのペナルティが発生することになるので行わないようにしましょう。

 

クレジットカードを現金化しても一時しのぎにしかならない

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化して一時的にお金を手に入れて、利用したカード代金はクレジットカード会社に支払うことが必要です。

その場は手元にいくらか現金が入るので、一時しのぎにはなるかもしれませんが、利用した金額よりも明らかに少ない現金しか受け取れないだけでなく、後の返済負担に苦しむことになります。

しかも悪徳業者を利用することで、提供したカード番号や個人情報等が悪用される可能性も否定できません。

 

資金の調達方法に困っているなら

カード会社のホームページなどを確認しても、クレジットカードの現金化を利用しないようにと呼びかけが行われています。

JCCA日本クレジット協会などでも注意喚起を行っていますので確認しておきましょう。もし資金を調達する方法に困ったとき、未回収の売掛金があるのならクレジットカードではなく売掛金を現金化させることを検討してみてください。

売掛金を現金化することをファクタリングといいますが、ファクタリングは正規の資金調達の取引であり、経済産業省も売掛金など売掛債権を活用した資金調達を中小企業などに推奨しています。

違法な取引なのでは?と不安を感じることなく安心して利用できる方法ですし、早ければ即日現金化も可能なため検討してみるとよいでしょう。

 

まとめ

資金に困り、すぐにお金を準備しなければならないという状況で、銀行から融資を受けることは審査のハードルが高過ぎ、ノンバンクに申し込んでも断られてしまったとしたら、何を頼ればよいかわらなくなるかもしれません。

そのようなとき、ふと目にしたクレジットカードのショッピング枠を現金化することができるといった広告を鵜呑みにし、利用してしまうともうクレジットカードは使えなくなる可能性があります。

それだけでなく、犯罪に加担することになるなど、想定していなかったトラブルに巻き込まれる可能性もあるのです。

安易な気持ちで悪徳な業者を利用してしまわないよう、十分注意してください。