借入れで資金を調達するとき怪しいと思ったら詐欺を疑うこと!


資金が必要なとき、借入れにより調達しようとしたものの、詐欺とは気がつかずに利用してしまった…というケースも中にはあるようです。

本来、資金を必要として借入れを行ったのに、反対に資金を騙し取られてしまうことになっては意味がありません。

そこで騙されないためにも、実際にどのような方法で詐欺が行われるのか、その内容を事前に把握しておきましょう。

 

詐欺で行われる手口とは?

詐欺の手口として多いのは、実際には貸付けを行う意思がないのに、

  • ・誰でも融資可能
  • ・簡単な審査で融資
  • ・担保不要
  • ・○○万円まで即日融資

など、いかにもすぐに貸付けを行うことアピールした内容のダイレクトメールや広告などで利用者を誘うものです。

手続きも簡単で金利も安く、すぐに融資を受けることができると思い込ませますが、実際に申し込みを行った後には融資金額の何割を保証金として支払うように要求されたり、返済実績を作る必要があるので先に指定した金額を振り込むように請求されます。

金銭を貸し付けるよりも前に金銭を振り込むよう指示を行い、契約後にもいろいろな名目で費用を請求してお金を騙し取ろうとします。

特に悪質なケースでは、地震や豪雨などの災害の影響で売上減少となる可能性がある中小企業を対象に融資をしていますと、救済を行うフリをして貸付けを行おうとするケースもあるようです。

 

見ただけでは悪質な業者とわからないケースもある?

悪徳な業者だと見抜かれないようにするため、実在する会社の名称やロゴマークなどを似せてグループ会社のように思わせるケースもあるため騙されないように注意しましょう。

中には実在する金融機関や貸金業者をそのまま名乗ることもありますし、詐欺を行う犯人自らが、「当社をかたって悪質な詐欺を行おうとする業者に注意してください」といった文言を記載し、詐欺ではないと安心させた上で勧誘してくることもあるようです。

借入れの申し込みを行った後で送られてくる審査結果通知書や請求書なども精巧に作成されているなど、一目見ただけでは詐欺と分からないケースも存在するようです。

 

紹介詐欺にも注意!

他にも、ノンバンクの借入れにおける審査に落ちてしまった方でも融資可能といった文言で利用者を誘い、実際に連絡すると紹介詐欺といわれる詐欺グループに繋がることもあるようです。

まず、指定されたローンで伝えられた申し込み方法通りに融資を受けるように指示をされ、無事に融資を受けることができた後に紹介料を振り込むように連絡が入るというもの。紹介料も融資を受けた金額の3割や4割などかなり高い金額ですが、指定された口座にお金を振り込んだ途端、連絡が取れなくなります。

 

謝礼金を支払うから…と調査への協力を促すケースもある

中には銀行や消費者金融の対応を調査するという名目で、協力してくれたら謝礼として3万円支払いますといった詐欺もあります。

調査のためには、カードローン申し込みに必要な本人確認書類や収入証明書類が必要となるので先に送るように伝えられ、郵送すると、後日、謝礼とローンカードが送られるというものです。

しかし、すでにローンカードが限度額まで使用された状態で送りつけられることになり、カードローン会社から督促があった時点で始めて騙されたことに気がつくということになります。

本人確認書類や収入証明書類を送付が必要な調査などはありませんので、このような詐欺に騙されないようにしてください。

 

記憶にない借入れの取り立てを受ける

そもそも借入れを行った記憶がないのに、借金を取り立てられることもあるようです。

このような詐欺を取り立て詐欺といいますが、メールや電話、郵便などその方法は様々です。

取りたての内容は、

  • ・返済の振込先が変更されたので次回から下記の口座に送金するようにといった内容の連絡が入るケース
  • ・借金が増え過ぎているため、これまでとは違う振込先への振り込みを行うように連絡が入るケース
  • ・インターネットで提供したサービス料金が未払いになっているので早く支払ってほしいと連絡が入るケース

など色々です。

いずれも指定した口座に早急に金銭を振り込むように催促されます。

実際に利用している銀行やノンバンクを名乗ることもあるので、騙されたと気がつかないケースもあるようですが、仮に振込先が変更される場合でも簡易的な連絡で済ませることはないはずです。

もしこのような連絡が入ったときには、取引のある銀行やノンバンクなどに直接連絡して確認することが必要となりますし、覚えのないサービスの利用料金や商品の購入代金の請求を受けても支払わないようにしましょう。

 

まとめ

資金の困っている方に善良なフリをして近づこうとする悪徳な詐欺集団は存在します。このような詐欺に騙されないためにも、実際に発生している詐欺の事例をしっかり確認し、怪しいダイレクトメールや広告を目にしてもお金を借入れてしまわないように注意してください。