事業主を狙う悪質な詐欺の手口には何があるのか?


資金が不足して困っているという状況の中、突然、知らない業者からダイレクトメールが届いたり、電話などでお金儲けや貸し付けなど勧誘されることがあります。

しかし、近年では悪質な詐欺による不審な電話やメール、郵便物などによる被害が増えていますので、騙されないように注意が必要です。

そこで、悪質な詐欺集団はどのような方法で人を騙そうとするのか、詐欺の種類やその手法について内容を把握しておくようにしてください。

 

悪質な詐欺の種類とその手口

悪質といえる詐欺の手法は様々ですが、どのような方法で騙そうとしてくるのか種類ごとの手口を把握しておき、騙されないように心掛けましょう。

 

架空請求による詐欺

入手した名簿から、何の根拠もなく料金が記載された請求書が送られてくることになります。確認の連絡を入れると、脅迫行為などに負けて多額の金銭を巻き上げられることになるため、もし身に覚えのない業者から請求が届いた場合にはすぐ警察に相談しましょう。

 

訪問販売による詐欺

特殊詐欺犯は突然や偶然を装い近づくものなので、知らない業者などから儲け話などがあっても即答しないようにしてください。相手に携帯電話番号や住所を簡単に教えてしまったり、連絡しないことも大切です。

また、悪質な業者が自宅訪問してきて商品を売りつけようとするケースもあるようですが、自宅に入れないことはもちろんのこと、もし入れてしまっても用件を聞いて必要ないならすぐに断ることです。

玄関先で居座られてしまったり、帰ってもらえないならすぐ警察署に通報しましょう。    

 

巧妙化するオレオレ詐欺

一時期、「オレオレ詐欺」という振り込め詐欺による被害者が続出しました。大学生や入社したばかりの社会人を装い、親や祖父母に金銭を振り込ませようとする手口です。巧みなドラマが演出され、事故を起こしてしまったために相手に賠償金を支払わなければならないのにお金がないなど、至急口座にお金を振り込んで欲しいと訴える内容がほとんどでした。

しかし最近ではその手口がさらに巧妙化され、弁護士や警察官、保険会社の社員など、役割を分担して装い、新たなドラマを演出した内容で連絡が入るケースもあるようです。

その上、指定した口座にお金を振り込むように指定するのではなく、直接、役割分担された相手が現金を取りにくるパターンが使われています。

当初は子や孫を装った本人がくるといっていたのに、急にいけなくなったことを理由に、バイク便を使ったり、代理人が受け取りにきたりという形で現金を騙し取ろうとするのです。

このような巧妙ともいえるドラマが嘘であることを見抜くためには、家族の中で離れて生活している方がいるのなら、連絡はマメに行うことが必要といえるでしょう。

 

震災義援金を装う詐欺

中には震災に対する義援金を代表して集めていると語り、善意を悪用する詐欺を行おうとする悪質なケースもあるようです。

しかし、公的機関や団体が、電話や訪問で直接義援金を受け付けることはありません。

もし震災などの義援金などを支払いたい場合には、テレビやラジオ、新聞などで正しい振込先の口座番号などを確認するようにしましょう。

反対に、義援金を給付すると装ってSNSアカウント情報を聞き取り、個人情報を盗もうとするケースもあるようですし、無料や格安で家屋を修理したり廃材の処分を請け負うと誘い、後になって高額な料金を請求してくるような事例もあります。

少しでも不審に感じる場合には、名刺や身分証明などを求め、自治体や警察に相談するようにしてください。

 

事業者を狙う悪質な詐欺

事業者を狙う悪質な詐欺には、存在する正規の貸金業者を名乗り、極端に安い金利で融資を行うなど勧誘してくるケースもあるようです。しかし、融資を受ける前には保証金や登録料が必要など、結局は金銭を請求されることになるので十分な資金調達に至ることはありません。

仮にヤミ金業者などを利用してしまった場合には、一気に状況が悪化して火の車状態になり、借金は膨らむ一方となってしまいます。

ヤミ金業者から借りたお金を返済できず、また別のヤミ金業者から融資を受けるなど、借金地獄から抜け出せなくなってしまう前に警察や自治体、弁護士などに相談するようにしてください。

 

ファクタリング業者を装う詐欺に注意!

また、近年では中小企業の新たな資金調達方法であるファクタリングを利用した詐欺も横行しています。ファクタリングとは、保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、売掛代金の回収期日より前に現金化させて資金を調達する方法です。

このファクタリング会社を装い、売掛金の売買ではなく担保により高利で貸し付けを行おうとする悪質な詐欺に騙されてしまうと、法的金利の何十倍ともいえる利息で返済できない状況に陥ってしまいます。

ファクタリングは融資などを受けることが難しい企業などでも利用できる資金調達の方法なので、有効に利用されることで円滑な資金の調達に加え、資金繰りが改善されるなどメリットは大きいです。

しかし悪質な詐欺業者に騙されてしまっては本末転倒ですので、利用する場合には正規で優良なファクタリング会社なのか見極めることが非常に重要であると理解しておきましょう。

 

悪質な詐欺被害を防ぐため

うまい話には何か必ず裏があると認識しておくようにしてください。見知らぬ相手からの誘いや、むやみにアンケートなどに応じないことも大切です。

本当に必要なものか冷静に考え、不要であればきっぱりと断ること、安易に契約したり金銭をその場で支払ったりしないようにしましょう。