ファクタリングを利用する上でそれぞれの企業を比較する基準とは?


企業経営において必要な資金の準備にファクタリングを利用したくても、専門とする業者の数が多く何を基準に比較すればよいか判断できない場合もあるかもしれません。

ファクタリングを利用する場合、系列などによっても利用できるファクタリングの種類が異なるため、それぞれ内容を把握した上でどの業者に売掛金を買い取ってもらうか決めることが大切です。

そこで、ファクタリングを利用できる業者の種類や、比較する上で基準としたい項目をご説明します。

 

ファクタリングを利用できる業者の種類

ファクタリングの利用が可能となる業者にはいくつか系列がありますが主には、

  • ・銀行系
  • ・ノンバンク系
  • ・独立系

という3つに分けることができます。

それぞれ契約できるファクタリングの種類や、メリット・デメリットが異なりますので内容を確認しておきましょう。

 

銀行系

銀行のグループ会社や系列会社が運営しており、メガバンクなどでは子会社を設けていることが多いようですが、地方銀行の場合は直接ファクタリングを行うことが多いようです。

メリットとしては、銀行ならではの手数料の安さや、億単位の売掛金でも利用可能であることが挙げられます。

ただ、利用できるのは3社間取引という、売掛先にファクタリングを利用する旨の通知を行った上での契約となるため、取引相手に隠したまま利用することはできません。

また、売掛先に通知を行ってからの取引となることに加え、審査が厳しく買取可能となる売掛債権金額にも下限が設けられていることも注意が必要です。

親会社となる銀行にもファクタリングを利用した情報が筒抜けになるので、銀行融資を検討している場合には不利になる可能性もあると理解しておきましょう。

 

ノンバンク系

銀行以外の企業グループなどの系列が運営しているので、たとえば消費者金融やリース会社、物流企業、通信事業など親会社となる業種は色々です。

銀行系と独立系の中間的な存在であり、ある程度手数料も低めに設定されることが多く、大手企業が親会社であることで売掛先に通知が行われても信頼を得やすいことがメリットといえます。

また、銀行融資のときにファクタリングを利用した情報が筒抜けになる心配もありません。

ただ、業者によって3社間取引のみの扱いとなっていることもあれば、売掛先を間に挟まず契約できる2社間取引も可能という場合もあるので、希望する取引形態で契約できない可能性がある点には注意しておきましょう。

 

独立系

ファクタリングを専門として運営している業者のため、その他の業務と併用して行うことがないため審査も迅速です。

早ければ即日現金化という業者もあれば、小口の売掛債権金額でも買い取ってもらえる場合もあります。

また、メインとなる顧客層が中小企業や個人事業主のため、ニーズに対応してもらいやすいことも特徴といえるでしょう。

2社間取引と3社間取引のどちらも利用が可能ですが、銀行系やノンバンク系で利用するよりも手数料が高めに設定されがちです。

ただこれは2社間取引である場合で、専門業者が抱える貸し倒れリスクを想定した上での手数料設定となることから、信用力の高い売掛先の売掛債権であればある程度手数料は低く抑えることができます。

 

●悪徳業者に騙されないように注意を!

独立系で最も注意したいのは、悪徳業者の存在です。ファクタリング専門の業者と偽り、ヤミ金業者の手法を利用して法外な手数料を設定して騙し取ろうとする業者が混ざっている可能性があります。

独立系の専門業者でファクタリングを利用する場合には特に、判断基準の目安となる項目を参考に優良な業者を選ぶようにしてください。

 

ファクタリングを利用する業者を選ぶときの基準

ファクタリングを利用する上で、どの業者を利用すればよいか選ぶ基準となる項目は次のとおりです。

 

手数料

ファクタリングを利用する場合には手数料が発生しますが、手数料の中には業者の儲け以外に、実費となる費用も含まれます。そのため、手数料の内容が明確かどうかも確認しておきましょう。

 

スタッフの対応

契約を結ぶ上で不明な点などがある場合は質問してみましょう。そのとき、詳細に説明をしてもらえるのか確認してみましょう。

 

信頼性

インターネットでホームページなど開設している場合、会社概要や過去の実績、事例などを確認してみましょう。

主要取引先銀行などがメガバンクの場合など、信頼性が高い企業であることが確認できるはずです。

 

スピード

申し込んでから審査を経て、実際に売掛金が現金化されるまでどのくらいの時間がかかるのか、少しでも早く手元に資金を調達しなければならない企業にとっては非常に重要な項目です。

 

まとめ

企業が資金を調達する際にファクタリングを利用する場合、数ある業者からファクタリング会社を選ぶことは大変な作業となります。

特に急いで資金を調達しなければならないのに、一社ずつ見積もりを取得してそれぞれの項目を比較することは現実的ではありません。

このような場合、信頼できるファクタリング会社を複数ピックアップしたのち、相見積もりを取得できる方法を利用すると効率的にファクタリング会社が選べます。

本業に忙しい中、資金繰りが業務の妨げにならないようにするためにも、簡単な無料診断を試してみてはいかがでしょう。