クレジットカードの現金化を悪用してお金を騙し取る悪徳業者に注意!


広告などで、クレジットカードの現金化という情報を目にし、資金の調達方法に利用してみようか…と考える方もいるようですが、悪徳業者により資金の調達どころか反対にお金を騙し取られてしまうこともあります。

そこで、そもそもクレジットカードの現金化とはどのような仕組みなのか、その実態などについてご説明します。

 

そもそもクレジットカードとは?

クレジットカードとは、カードを保有する方の信用により、商品やサービスを後払いで利用するために利用できる仕組みのことです。

現金を財布に入れておかなくても買い物を楽しんだり、キャッシング枠を利用して現金を得ることもできるので、カード利用ができないお店での買い物や急な資金の準備にも便利です。

クレジットとは信用を意味する言葉であるため、信用しているから後払いを可能とするカードと捉えることができるでしょう。

カードには利用を可能とする限度額が設けられており、その範囲内であれば何度でも利用ができます。

ただ、キャッシング枠はすでに限度額いっぱいまで使いきってしまい、ショッピング枠しか残っていないという場合にはカードで現金を手にすることはできません。

この場合、現金を手に入れるためにショッピング枠を利用する方法クレジットカードの現金化です。

 

クレジットカードの現金化とはどのような仕組みか

クレジットカードの現金化を専門とする業者から、クレジットカードを利用して物品を購入します。物品を購入すれば支払いはカード会社に対しての支払い義務が発生するわけですが、同時に業者もカード会社から代金を受領する権利を得ます。

ここまでは一般的なカード利用と変わりませんが、クレジットカードの現金化では、購入した商品をその業者に再度売却することになります。

購入したときの価格の一定割合で買い取ってもらうことで現金を得るという手法であり、業者はもともとの売却価格と利用者からの買取価格との差額を利益として受け取る流れです。

 

業者が古物商の資格を得ていれば問題はない?

業者は古物商の資格を得た上で買い取りを行っていれば問題のない取引なのでは?と思うかもしれません。

業者のホームページなどを確認すると、「公安委員会からの許可取得業者」と表示されていることもありますが、これは古物取引の営業許可を取得しているだけで、クレジットカード現金化そのものの許可を取得しているわけではありません。

また、カード会社の規約では、換金を目的とするショッピング枠の利用は禁止事項としています。

違反すればカードの利用は停止や強制退会という扱いとなり、残債も一括請求が可能になる規約が制定されているので、引き続きクレジットカードを利用したい場合には行わないほうがよいといえます。

日本クレジット協会でも、クレジットカードの現金化は行わないように利用者に呼びかけを行っているようです。

 

クレジットカードの現金化を悪用する悪徳業者に注意!

クレジットカードの現金化自体が正規の取引といえない上に、この仕組みを利用した悪徳業者がいることも把握しておくことが必要です。

たとえば、

  • ・消費者に数十万円の決済をさせて現金は渡さない
  • ・ホームページに記載されている手数料とは大きく異なる法外な料金を要求し、拒否すると法外なキャンセル料を請求する
  • ・問い合わせなどで入手した顧客情報を闇金業者に流す

など、そもそもカードを利用していないのにもかかわらず、苦しい立場に追い込まれることさえあるのです。

 

商品を注文したのに現金は振り込まれない

最短で数分で現金化が可能!といううたい文句に魅力を感じて利用したものの、商品を購入したのに振り込みされず、相手に問い合わせをしようと電話をかけても繋がらず、そこで騙されたことを認識することになるのです。

このように、クレジットカードで指定された商品を購入したのにもかかわらず、現金が振り込まれず購入代金のみ騙し取られるといった悪用な詐欺行為も発覚しています。

インターネット上だけでクレジットカード情報や振込先口座を入力し、申し込み手続きを完結させることができるのは悪徳業者である可能性を疑うべきでしょう。

 

まとめ

資金を調達しなければならない場面で、たとえば銀行やノンバンクからの借り入れを行おうと思っても、申し込みや審査など手間や時間がかかってしまいます。

そのような場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用してすぐにお金を入手できれば…と考えてしまうものですが、すでに限度額いっぱいまで利用してしまっていることもあるかもしれません。

このような場合、ショッピング枠はまだ限度額に達していなければ、その枠を現金にかえることはできないかと考えてしまうものでしょう。

このような場合に利用できるのがクレジットカードの現金化ですが、限りなくグレーゾーンに近い行為と考えられることもあれば違法とする考えもあり、貸金業に該当するとされれば法定金利を超えた闇金業者が行うレベルで法外な金利設定にされている場合もあります。

現在は関係省庁が違法行為として取り締まりに動いているため、詐欺被害に遭わないためにも利用しないようにしてください。