悪徳な詐欺業者が行う勧誘方法に騙されないための方法とは?


近年では、高齢者だけでなく事業者などを狙う詐欺や悪徳な勧誘などが増えており、被害に遭って多額のお金を支払ってしまったというケースが後を絶ちません。

事業者を狙い、資金を何とか調達したい考え焦る気持ちにつけこもうとする詐欺も増えていますので、悪徳業者の勧誘に騙されないように注意することが必要です。

そこで、様々な手法を用いた悪徳な勧誘方法とはどのような手口で行われるのか、その手法をご紹介します。

 

悪徳な詐欺業者はどのような手口で勧誘しようとする?

強引な電話勧誘や虚偽の説明を行うセールストーク、ダイレクトメールなどで資格を取得するための教育や講座を売りつけるといった悪質商法など、だんだんと少なくなるどころか増える一方といえます。

中にはガス会社などを装ったメールを送信して、まったく関係のないサイトに誘導するといった事案も発生するなど、ぱっと見ただけでは詐欺と判断がつかない手法が用いられることもあるようです。

 

ノンバンクから融資を受けようと思っても

銀行などから融資を受けたいと思っていても経営や財務の状況があまりよくないことで、審査にて貸し付けができないと判断され思うような資金調達に結びつかないケースもあります。

そのような場合、銀行がダメならノンバンクからの借り入れを考えるでしょうが、融資可能となる金額が低めだったり、設定される金利は高めであるなど、十分な資金調達に至らないケースも多々あるようです。

銀行もダメ、ノンバンクもダメ、それならどこから資金調達すればよいのだろうと頭を抱えているときに、不動産担保ローンなどをうたう業者の広告などが目に入り、つい連絡してしまったところ、相手はヤミ金業者などの詐欺業者だったというケースもあります。

 

悪徳な詐欺業者が行う具体的な手口

低金利や即日融資など、資金繰りに困った中小企業を勧誘することが目的のうたい文句を使い、あの手この手でお金を騙し取ろうとする悪徳な業者は存在します。

実際、このような詐欺業者はどのような手口を使い、お金を騙し取ろうとするのか、その手法の一部を紹介します。

 

融資保証金詐欺

低金利で融資を行うキャンペーンを行っているといった広告を打ち出し、メールやFAXなどを用いて勧誘しようとします。掲載されている利率は年率2%などで、低金利である上に最短で即日融資を可能とし、返済日も相談できるといった記載がされていることが多いようです。

また、企業に直接送信されるメールなどの中には、「事業融資審査に通過しました」といった文言が記載されている場合もあります。

申し込みを行う際には、本人確認書類や会社の登記簿などの提出を求められることとなり、資金の使途や希望する金額、現在の経営状況についても質問されるので、正規の金融業者であると勘違いしてしまいます。

しかし、さんざん企業や経営者の情報を提供した後で、すでに審査も通過しているとされているのに、希望する融資金額の1割程度を保証金や手数料という形で入金することを求められます

 

●要求される費用の名目は様々

他にも信用情報登録料や供託金など、発生する費用の名目は色々ですが、仮に保証金を入れても融資を受けることができるなら…と入金してしまう企業もあるようです。

しかし入金後にいつまで待っても融資は実行されず、挙句の果てには連絡を取っていたはずの電話も繋がらず、送金した保証金も返金されないという状況に陥ってしまいます。

本来、貸金業者が融資を実行する前に、先に現金を振り込むように要求することはありませんので、もし事前入金を求められたのなら、悪徳な詐欺業者であると判断し契約しないようにしてください。

 

詐欺業者の勧誘か見抜く方法

対応も柔らかな口調で親切に感じるのに、本当に詐欺業者なのだろうか…?と疑問を感じながらも契約し、お金を騙し取られるケースは多々あります。詐欺業者の勧誘に引っかからないために、事前に詐欺業者かどうかを確認する方法を知っておくようにしましょう。

まず、正規の貸金業者であれば、国や都道府県に申請を行い、貸金業として営業するための登録を行っています。登録を行い、貸金業を営んでもよいと認められた業者には、貸金業登録番号が付与されますが、正規の貸金業者であれば自社のホームページや広告などに必ずこの番号を記載しているはずです。

ただ、掲載されている番号が正規のものとも限らず、悪徳な詐欺業者であれば他社の番号を勝手に掲載したり、すでに廃業している業者の番号を悪用しているケースもありますので、金融庁が提供している登録貸金業者情報検索入力ページより登録業者かどうかを事前に検索して確認しておきましょう。

 

まとめ

悪徳な詐欺業者は、1つの方法で詐欺行為を行えなくなっても、また別の方法で詐欺を行おうとします。

様々な手口で騙そうとしますので、安易な勧誘に乗ってしまわないように、あまり耳にしたことのない金融業者からの借り入れは特に注意するようにしてください。

ノンバンクなどからの借り入れで資金を調達するのなら、事前に正規の登録業者なのか確認した上で、契約することを心掛けるようにしましょう。