ビジネスパートナーのビジネスローンは口コミによる評価が高い?評判がよい理由を徹底解明!


ビジネスパートナー(株式会社ビジネスパートナー)は、個人事業主や法人等に対して資金の貸し付けを行っています。ビジネスローンや不動産担保融資ローン、ファイナンスリースなど多岐に渡るサービス展開で口コミ評価も上々であり、資金調達において利用されている金融業者です。

急いで資金を調達しなければならない場面において利用されることが多いのがビジネスローンの特徴ですが、なぜビジネスパートナーのビジネスローンが選ばれているのか、評判や口コミによる評価が高い理由を紐解いていきます。

なお、急な出費で資金調達が必要という場合、ビジネスローン以外にも後述するファクタリングも同時に検討することをおすすめします。

 

なぜビジネスパートナーのビジネスローンは人気?

ビジネスパートナーのビジネスローンが人気の理由として、まず挙げられるのは審査に通過できる確率が高いこと、さらに最短で即日審査が可能であるという点です。

急いで資金調達が必要という場面において、審査の結果がわかるまで数日や1週間かかる場合、とても長い時間に感じてしまいます。

そのような場合、すぐに回答を得ることができるのは大きなメリットですし、審査のハードルも低めであることは円滑な資金調達に結びつきやすいといえるでしょう。

 

注目したいビジネスパートナーのスモールビジネスローン

さらにビジネスパートナーが商品として提供するビジネスローンである「スモールビジネスローン」は、先に述べた人気のある理由に加え、原則として担保や保証人なども不要であり、最高500万円までなら借り入れができる条件のよさも人気の理由です。

ただし法人の場合には、原則、代表者の連帯保証が必要となりますのでその点は勘違いしないようにしましょう。

500万円まで融資を受けることができるため、一時的な資金不足を補いたいという場合のつなぎ資金や運転資金などに利用でき、すぐに資金調達が必要!という場面でも対応しやすいことが特徴といえます。

さらに次のようなメリットがあることが、利用しやすいビジネスローンとして人気を得ています。

 

来店不要で申し込みができる

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは店頭窓口まで足を運ぶことなく、インターネット上のホームページから申し込むことが可能です。

電話や郵送でも対応していますので、本業に専念しながら資金調達したいという事業者の方でも安心して利用できるでしょう。

 

資金の使途は基本自由

事業に関することに資金を使用するのであれば、資金使途は原則自由となっています。

 

手数料は無料

契約のときや繰り上げ返済する場合でも無駄な手数料が発生しませんが、契約の際に印紙代はかかること、さらにお金を借りる上での利息は発生することは理解しておきましょう。

 

何といっても審査の承認率が高い!

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンが選ばれている理由はいろいろですが、特に他のビジネスローンよりも審査の承認率が高いことが理由として挙げられます。

審査を通過する自信がないという場合でも、審査のハードルが低めに設定されていることで申し込みやすいことが特徴です。

 

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは総量規制の対象外

総量規制は2010年6月からの改正貸金業法によって設けられた制限ですが、この規制により個人の借入総額は年収などの3分の1までとなります。

しかしビジネスパートナーのスモールビジネスローンは、総量規制の例外として設けられている借り入れに該当するため、総量規制の縛りを受けることはありません

なお、すでに他社からの借り入れなどでビジネスローンの利用は難しいのでは…と不安がある場合には、同時に後述するファクタリングと併用して申し込むことを検討してみましょう。

仮にビジネスローンの審査に通らなかったとしても、ファクタリングで資金調達できれば資金ショートの回避に繋がります。

 

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンの詳細

  • ・融資対象 法人または個人事業主
  • ・申し込み可能な年齢 満20歳~満69歳まで
  • ・融資限度額 50万円~500万円
  • ・利用方法 限度額の範囲内で繰り返し利用可能
  • ・利息(実質年率) 9.98%~18.0%
  • ・遅延損害金(実質年率) 20.0%
  • ・担保 不要
  • ・繰り上げ返済 可能(繰上返済手数料不要)
  • ・保証人 原則不要(但し法人は代表者の連帯保証が必要)
  • ・返済方式及び返済期間・回数 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済・最長5年(60回以内)

 

必要書類

申し込みに必要となる書類は法人と個人によって次のとおり異なります。また、契約締結費用として印紙代が実費でかかります。

 

●法人

  • ・代表者の本人確認書類
  • ・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)※発行後3か月以内のもの
  • ・印鑑証明書(法人・個人のもの)※発行後3か月以内のもの
  • ・決算書(原則直近2期分)など

 

●個人事業主

  • ・事業主本人確認書類
  • ・印鑑証明書(個人のもの)※発行後3か月以内のもの
  • ・確定申告書(原則、直近2年分)
  • ・所定の借入計画書など

 

ビジネスパートナーは安心できる法人?

資金調達で金融業者からの借り入れは利用したことがあっても、そもそもビジネスパートナーという会社名を始めて耳にしたという方もいるかもしれません。

本当に安心できる金融業者なのかと不安を感じる方もいることでしょう。

しかしビジネスパートナーでは、経営方針として取引先や顧客、社会から信頼される会社を目指していること、企業価値の極大化に最大限努めること、それに加え従業員の生活が向上できることなどを掲げています。

さらに主要取引先に大手企業が多いことも特徴です。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行などの大手銀行、東芝やNECなど国内代表するメーカーなどの名前が挙がっているのも安心できる部分として挙げられるでしょう。

また、本社は東京ですが、他にも東京には2つの支店があり、札幌、仙台、新潟、名古屋、大阪、福岡にも支店があるなど、全国規模で融資事業を営んでいます

ただ、ビジネスローンは事前に返済計画をしっかり立てて利用しなければ、後に返済負担に苦しむことになりますので、その点は理解した上で選ぶようにしましょう。

 

ビジネスローンは利用しやすい借り入れだけれど…

ビジネスパートナーを始め、ビジネスローンは個人事業主や中小企業などの法人でも融資を受けやすいように、審査のハードルを下げ迅速に資金が調達できるような内容となっています。

ただそれでも、審査に不安がある場合や、今以上に負債が増えることは避けたいという場合もあるでしょう。

このような場合、保有する売掛金を現金化させて資金調達するファクタリングを検討してみてください。

ファクタリングも早ければ即日資金を調達できますし、もともと入金される予定の売掛金を先に資金化させる方法なので、負債や増やさず返済負担に追われる心配もありません。

売掛金を売却する先となるファクタリング会社によっては、1,000万円や1億円といった多額の資金調達も可能としています。実施される審査も売掛先の財務状況や経営状況など、利用者の信用力ではない点もメリットです。

 

まとめ

ビジネスパートナーが提供するビジネスローンはなぜ人気が高いのかを解説しました。人気の高さから、決算前や年末年始などは申し込みが増え、迅速な資金調達に繋がらなくなる可能性も否定できません。そこで、できる限り余裕を持った申し込みをおすすめします。

また、同時にファクタリングの利用も申し込んでおくと、万一、審査が間に合わないという場合でも安心できるでしょう。