帝国データバンクの評点を高めるポイントとは?信用情報を下げないために必要なこと


企業を専門対象とした日本最大手の信用調査会社である帝国データバンク。メインは企業の信用調査ですが、他にも信用リスク管理サービス、データベースサービス、マーケティングサービス、電子商取引サポートサービス、出版などの業務、さらにはオンラインで企業信用調査報告書やデータベースサービスなどを提供するなど、幅広い事業内容を展開しています。

取引先の信用力を知りたいときなど、帝国データバンクの企業信用調査による情報を確認したことがある企業も少なくないでしょうが、自社が他社から調査される対象となることもあります。

そこで、帝国データバンクの評点を高めるにはどうすればよいのか、信用情報を下げないために必要なことをご説明します。

なお、信用情報に影響が及ぶことが不安という場合や、税金滞納などで信用情報が悪化している可能性があり借り入れは期待できないという場合など、ファクタリングによる資金調達を検討してみることをおすすめします。

 

企業に対する信用調査とは

企業同士が取引を行う場合、その相手が信頼できる企業なのか確認したいと思うのは当然です。たとえばすでに債務超過に陥っており、支払い能力が低下した取引先と契約してしまうと、販売した商品の代金を支払ってもらえなくなる可能性もあります。

しかし新規で取引を行おうとする相手の情報を独自で入手することは容易ではなく、間違った情報などを鵜呑みにしてしまうとせっかくのビジネスチャンスを失ってしまうかもしれません。

経済状況などの情報や、長所、技術力などから、どのくらい信用力が高いのか裏付けされた内容による評価を確認したいところですが、このような場合に有効なのが帝国データバンクの信用調査です。

新規取引を行うか、または継続して取引を行ってよいかなど、企業間での商取引への判断や円滑化のため、様々な情報から信用力の裏付けを行い、その結果を提供してもらえます。

調査対象となった企業が現在どのような状況にあるのか、抱える経営上の課題の把握や、問題をクリアするための施策や展望などをヒアリングした内容なので、現状と将来性を知る上で大変有効な情報を入手することに繋がるでしょう。

また、調査対象となる企業には、誰が依頼者なのかを伝えることはありません。

 

帝国データバンクによる企業信用調査の流れ

帝国データバンクに対象となる企業の調査を申し込んだ場合、

  1. 調査対象となる企業に調査依頼の連絡
  2. 調査に応じてくれるなら来社の日時の決定
  3. 社内での聞き取り調査
  4. 聞き取り内容や保有するデータよる分析
  5. 調査報告書の作成・報告

といった流れで調査・分析が行われます。また、聞き取り調査による内容だけでなく、商業・不動産登記簿や入札業者登録などの公的情報、ホームページなどで公表されている情報なども参考に調査が行われます。

 

帝国データバンクの企業信用調査は誰でも利用可能?

誰でも利用可能としてしまうと企業情報が悪用される可能性があるため、帝国データバンクの企業信用調査は会員登録を行うことで始めて利用できるものとしています。なお、帝国データバンクに支払う調査費用は依頼する側が負担しますので、調査対象となった企業が支払う必要はありません。

帝国データバンクの調査は依頼を受けたデータ以外に、自社が管理するための調査を必要に応じて継続実施しています。

また、帝国データバンクが取得した情報は第三者に不正利用されない厳重な管理が行われていますので安心です。

 

帝国データバンクの信用調査における評点とは?

帝国データバンクによる評点は満点を100点としており、重要項目を点数化させることで評価させています。これは時系列で企業同士の比較をわかりやすく確認するためで、評点を取引の基準に用いることにより、円滑化させることが可能となります。

評点は、業績や業歴などの定量評価、そして経営者などの定性評価などの7つの項目に対して点数を加減させ、すべての項目9つにより総合的な評価が行われます。

評点に用いられる要素は、帝国データバンクが保有する100万社以上の情報を分析した上で、業種ごとの評価基準を設定し適正化されたものが採用されています。

 

帝国データバンクの評点で確認される信用要素と評点

信用要素 評点
業歴(運営の継続性。長いほど高評価) 1~5 5
資本構成(財務の安定性) 0~12 6
規模(年売上高や従業員数などの経営規模) 2~19 4
損益(決算報告書などの損益評価) 0~10 7
資金現況(業況、収益、支払・回収状況、資金調達余力など) 0~20 9
経営者(経営者の資産背景や経営経験、人物など) 1~15 10
企業活力(人材・取引先、生産販売力、取引先、将来性など) 4~19 10

加点(反映されていない要素に対する加点 )+1~+5

減点(反映されていない要素に対する減点) -1~-10

合計 100

51

以上の項目により、信用程度を次のように格付けします。

  • ・A(86 ~100)
  • ・B(66 ~ 85)
  • ・C(51 ~ 65)
  • ・D(36 ~ 50)
  • ・E(35以下)

 

帝国データバンクの調査報告書の内容

帝国データバンクが調査の依頼を受け、その結果作成される書類が調査報告書です。

企業の会社概要や取引銀行、担保設定、財務状況など気になる情報が多く含まれていますが、具体的には次のとおりです。

  • ・代表者(経営者の経営経験やリーダーシップ性)
  • ・系列・沿革(将来の指針となる企業の歴史)
  • ・業績(最大6期の業績からの収益性)
  • ・取引先(支払い・回収の条件や関係性)
  • ・取引銀行(メインバンクと資金調達力)
  • ・資金現況(資金確保や不良債権など)
  • ・現況と見通し(企業の現状と将来像)
  • ・財務諸表・財務諸表分析(企業経営の健全性)
  • ・不動産登記情報(担保設定の状況など)

 

帝国データバンクの評点は高いほうがよい!

帝国データバンクの評点が高くなれば、銀行などの金融機関や大手企業から信頼を勝ち取ることができ、円滑に取引を行う機会が生まれやすくなるでしょう。

また、調査依頼を行った取引先などからは安全な企業であると認められますので、新たなビジネスチャンスも生まれやすくなります。

社内意識の向上にも役立つはずですので、帝国データバンクの評点は高いほうがよいといえます。

 

もし帝国データバンクの評点が低い場合は?

経営状況が悪化しており、評点を低く付けられてしまう可能性が高いという場合には、取引先からの評価も低下してしまう可能性があります。

そのため、帝国データバンクから調査の依頼があった場合には、調査を受けるべきか判断に悩むところです。

特に信用情報面では問題がなく、取引先とスムーズに関係を築きたいのなら、信用調査を受けたほうがよいと判断できます。

もし評点が低く、銀行からの借り入れなどで資金調達が難しいと感じる場合には、審査に利用者の信用力は重視されないファクタリングの利用を検討してみることをおすすめします。

 

帝国データバンク評点を上げたいなら

他社から自社に対する調査があったときのために、帝国データバンクの評点を上げるためにどうすればよいのか気になるところです。

主な方法として、

  • ・事前にどのような調査が実施されるのか確認しておく
  • ・決算書をすんなり提供し、調査に積極的な姿勢を見せる
  • ・提供する情報は正確な数値であること
  • ・説明方法を事前にシミュレーションしておく

などです。

帝国データバンクにできるだけ正しい情報を多く提供するなど、調査に積極的に協力する企業については、適正な評価に繋がりやすいため、評点にも影響すると考えられるでしょう。

 

まとめ

帝国データバンクで高い評点を獲得し、社会的にも信用力が高いと認められれば、円滑な商取引に繋がりやすくなり企業力も大幅に向上させることができるはずです。

評点を高くするためにはどのような項目が調査対象となるのかを理解しておき、もし調査依頼があったときには積極的に応じることができるようにしておきましょう。