売掛金の数字が少ないことで健全さを保てる理由


融資を受ける時に、売掛金の数字をチェックされる傾向が多いです。この数字が小さくなっていると、融資を受けやすくなり、企業として健全な運営ができると判断されます。なぜ売掛金の数字が少ないと、信頼されるようになるのか、理由を知るのも大事なことです。

売掛金の数字が多いと倒産のリスクが高いから

売掛金は、多くなっていればいるほど、回収できていない金額が生まれることになります。黒字なのに倒産するリスクが高まってしまい、いつの間にか資金繰りに苦しんで企業が消えてしまう可能性を持たせています。
小さくなっていると、売上がしっかり回収できているので、倒産するリスクが減っていきます。貸している企業としては、倒産するリスクが高いところに、大金を出したくありません。
売掛金の数字が小さいのは、より信頼できる企業の第一歩と考えておきましょう。

売掛金の増加は不良債権の塊に

ファクタリングなどの企業が、売掛金の数字が大きすぎると判断すると、不良債権を持っていると思われます。不良債権は、回収できない金額ですから、売掛金が減っていくことはありません。
不良債権を持っているだけでも、企業としては信頼を失っていることと同じです。信頼されるような状況を作りたいと思っても、信頼できる状況を不良債権1つで失ってしまい、資金繰りの影響を作ってしまいます。
売掛金は、とにかく小さく抑えることで、不良債権を作らないメリットを持たせられます。少なければ少ないほど、不良債権はないと貸す側が思ってくれるのです。

健全なビジネスへつながる

売掛金の少なささは、健全にビジネスが回っていることの証明となります。ビジネスに成功している企業なら、売掛金は小さい傾向にあり、高い数字が出ていることはありません。
売上に対して、大体2ヶ月以内で収まっていて、かなり健全な運営をしているなら1ヶ月分くらいしか売掛金は残されません。お金の回りが良くなっていると判断されれば、企業として健全さのアピールに繋がり、もっと高額な融資を引き出せるようになります。

様々な理由で企業の信頼性は作られる

売掛金は、多くなればなるほど信頼されず、どんどん貸してくれる企業が離れてしまいます。ファクタリングを使う場合でも、売掛金1つで大きな影響を受けると思ってください。
企業の信頼性は、売掛金を少なくすることでかなり変わっていきます。健全に進めていることで、もっといろいろな企業とつながりを持てるようになるでしょう。