資金調達の比較はとても大事!出来る限り多く検討しよう


資金調達には、様々な比較を行っていきます。比較しないで決めている会社はまずありませんし、色々な方法を検討して理想的な融資を受けたいものです。比較していくには、幾つかの資金調達から何を選んでいくかを決めなければなりません。

公的融資を受ける方法を調べる

最初に比較するのは、資金調達でも小さい企業や起業したばかりの状況で使う公的融資です。国民生活金融公庫などを始めとして、公的融資を受けられる方法が用意されています。
金利の低さはメリットとして挙げられており、資金調達では最も手数料などの概念を考えずに利用できます。費用負担を抑えたい時には便利な方法です。
その代わりに、審査が一番厳しいです。公的融資を受けたいなら、かなり厳しい審査をどのようにクリアするかが求められます。

銀行融資を受けることで資金調達

次に多くの企業が採用している銀行融資です。銀行からお金を借りることによって資金調達を行います。大きな融資を行ってくれることと、地方銀行などを活用できるために、様々な銀行から選択肢を得られます。
審査は公的融資よりも厳しくありませんが、要求されている条件が結構厳しい傾向もあります。資金調達では多く活用されている銀行ですが、当然企業の情報をしっかり調べて対応を考えます。簡単に融資が受けられる方法ではありません。

ビジネスローンでも資金調達は可能だが

ビジネスローンも、資金調達を可能にしている方法で、あまり実績を持っていない企業でも審査を通過できます。審査については厳しくないので、借りられるチャンスも多くありますが、その反面金利が非常に高くなっています。
ローンと言っても、銀行が提供している融資とは異なっていて、どちらかと言えばカードローンに近いようなサービスです。利息で利益を作ろうとしている会社が作っているサービスですから、金利の高さはやむを得ないところもあります。
10%を超えるような金利でもローンを使うべきなのか、しっかり考えて選びましょう。

ファクタリング会社を経由して資金調達

比較をする最後の方法は、ファクタリング会社を経由して資金を得るものです。手数料は高いので、売上の高い会社じゃないと厳しい傾向はありますが、短期間でお金を返せるなら借りやすい方法です。
会社としても、信用できるなら貸出を行ってくれる場合があります。銀行や公的融資のように、厳しい条件が突きつけられることもないので、融資の受けやすさはあります。手数料については、会社によって違うので注意してください。