資金調達にはどのような種類がある?その方法とメリット・デメリットを徹底解説!


できるだけリスクを低く抑えて資金を調達することは、これから事業をスタートさせようとする起業家にとっても重要なことです。

最初はなるべく小さな規模で始めたとしても、だんだん事業を拡大させていくにはやはり資金が必要となります。

その際、どのような方法で資金調達するのかが重要ですが、実際に活用できる方法の種類と、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか徹底解説していきます。

 

資金調達の種類、方法、メリットやデメリット

たとえばサラリーマン時代に貯めた資金などを起業の際の資金に用いることができればよいですが、始めようとする事業によっては十分な資金を準備できないこともあります。

そのため、どのような方法で資金調達するのかが大きなポイントとなりますが、調達した資金は返済する必要があるのかどうかによって、その後の資金繰りにも影響することとなります。

それらも踏まえた上で、どの方法が適切なのかしっかり検討するようにしましょう。

 

【日本政策金融公庫の融資制度で資金調達】

政府が100%出資している日本政策金融公庫は、これから事業を始めようという方や、まだ十分な実績のない方に対しても積極的に資金の貸し付けを行っています。

単に創業したいからお金を貸してほしいといっても融資を受けることができるわけではなく、要件をクリアしているか、必要書類の作成や面談などが必要です。

 

【制度融資で資金調達】

地方自治体が中小企業などの資金調達を支援するため、信用保証協会、金融機関と連携して融資を行う制度を利用するとよいでしょう。

返済できなくなった場合、保証してくれる信用保証協会が返済負担を肩代わりしてくれる形となるため、金融機関は貸し倒れリスクを軽減することが可能となり、起業したばかりでも貸し付けしやすくなる仕組みです。

 

【ビジネスローンで資金調達】

銀行のプロパー融資などを利用しにくい個人事業主や中小企業を対象とし、無担保で借り付けを行うのがビジネスローンです。

比較的審査が柔軟であることから、事業資金を円滑に調達しやすいことで利用されています。

ただ、設定される金利は高めなので、後の返済負担に苦しむことも予想されます。

利用する際には一時的なつなぎ資金などに充てるなど、短期利用を基本としたほうが資金繰りを悪化させないですむでしょう。

 

【流動資産担保融資(ABL)で資金調達】

在庫や原材料などの資産を担保にして融資を受ける資金調達方法です。不動産などの固定資産を担保に融資を受ける不動産ローンなどに対し、こちらの担保の対象は流動資産であることが特徴です。

ただ、売上に直結する在庫や原材料などは金融機関の管理下に置かれることになる点は理解した上で利用しましょう

 

【私募債による資金調達】

証券会社などを通じ、不特定多数の投資家を対象として募集される公募債とは違い、直接、少数の投資家が引き受けを行う社債が私募債です。

規模の小さな社債を発行するため手続きも簡略化されており、中小規模の企業やベンチャー企業などがスムーズに資金調達する方法として活用しやすいことが特徴です。

 

【クラウドファンディングで資金調達】

私募債は少数の投資家から出資してもらいますが、クラウドファンディングは不特定多数の方からインターネットを使って出資を募ります

インターネット上に公表した事業内容やプロジェクトなどに賛同し、投資や寄付、購入という形で資金を支援し、支援者は様々な形でそのリターンを受け取るという形です。

 

【個人投資家から資金調達】

もともと起業家や経営者として活動され成功して資産家となった富裕層の個人投資家が、これから将来期待できると判断したスタートアップ企業に対し投資を行います。

この個人投資家はエンジェル投資家と呼ばれており、出資してもらうことで返済しなくてもよい資金を手に入れることが可能です。

ただ、出資を受ける際には会社の所有権の一部といえる株式を渡すことになるため、その割合によっては経営権を揺るがされる可能性も出てくる点に注意が必要となります。

資金面だけでなく、経営に関するアドバイスや取引先の紹介など、事業を進めるにあたり不安を感じる部分も支援してもらえるのはメリットでもあり、必要以上に介入するエンジェル投資家もいるというデメリットでもあります。

個人から出資してもらうなら、本当に投資してもらってよいか、信頼できる投資家なのかなど、見極めが重要となるでしょう。

 

【ベンチャーキャピタルから資金調達】

ベンチャーキャピタルは高い成長率が期待できる未上場企業に対して出資し、ハイリターンを狙う投資会社です。

投資した企業が上場したのちには保有する株式を売却し、売却益を獲得することを目的としていますので、担当者が取締役会などに参加して指導を行ったり、軌道に乗るためのアドバイスを行うこともあります。

いろいろな力添えをしてくれるという点ではエンジェル投資家と共通していますが、エンジェル投資家の場合、ライフワークとして投資活動を行っている方も多いため、リターンを狙うことが本業であるベンチャーキャピタルとは考え方が異なります。

経験や知識などが浅いと不利な条件で契約をしてしまうこともあるようなので、しっかりと内容を確認した上で取引を行うことが必要です。

 

【補助金や助成金で資金調達】

厚生労働省が管轄しているのが助成金で、経済産業省が管轄するのが補助金です。

助成金は一般的に雇用関係の物が多く要件を満たせば給付されますが、補助金は目的達成のため税金を使い起業家や中小企業を支援することになるので、審査で採択され給付が決まるという特徴があります。

どちらも申請すればすぐ資金調達が可能になるわけではなく、厳格な要件の定めをクリアする必要があります

資金を調達できるまで一定期間かかりますし、後払いであるなど一旦立て替えが必要となることが多いですが、返済不要の資金を得ることができるという面では大きなメリットとなります。

 

【ファクタリングで資金調達】

事業を営む上で売掛金が発生したら、その売掛金が入金される前に現金化することで資金を調達することもできます。

この方法をファクタリングといいますが、資金の源となるのは売掛金なので、掛け取引により取引先との間に売掛金が発生していなければ利用できません

ただ、実際に売掛金が発生した後、その代金が入金されるまで1~2か月、業種によっては半年や1年かかる場合もあります。

しかしその間にも経費や人件費などの支払いは発生しますので、入金までの期間が長くなればなるほど資金繰りは悪化しがちです。

このような状況を回避するときに、売掛金を前倒しで入金させるファクタリングを利用することで、スムーズな資金調達が可能となり資金繰りを改善させることが可能です。

 

まとめ

資金調達するために活用できる方法とその内容、メリット・デメリットをいくつかご紹介しました。

どれもスタートアップ段階で利用しやすい方法ですが、申し込みをすればすぐに資金調達できるというものは1つもなく、要件や審査などをクリアしなければなりません。

特に返済不要の資金を調達する場合には、より双方の信頼関係が重要となりますので、互いに不安にならない取引を行うようにしてください。

資金を調達できた後も、本来の目的を逸脱した用途に使用するのではなく、目的を達成するために使わなければ信頼を失うことになりかねないと理解しておきましょう。