個人事業主がファクタリングで即日資金調達は可能?利用する上で気をつけるポイント


これまでサラリーマンとして働いていたけれど、脱サラという形でまずは個人事業主として独立を考える方も増えています。

ただ、独立するためには資金なども必要となり、準備しておいた自己資金だけでは不足してしまったとき、どのような方法で資金調達すればよいか事前に把握しておいたほうがよいといえます。

近年では中小企業などが注目する方法にファクタリングがありますが、個人事業主でも利用できるのか、利用できるのなら即日資金を調達するためにどのようなことに気をつけておけばよいのか確認しておきましょう。

 

中小企業に人気のファクタリングとは?

ファクタリングとは、保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、本来の売掛金の入金期日よりも前に資金を受け取る方法です。

資金を調達する方法にはいろいろありますが、一般的に周知されている銀行融資などであれば、大きな金額を調達できるでしょうし利用する上で設定される金利も低いため、有効な手法となりえます。

ただ、個人事業主では銀行融資は受けにくい状況であり、ましてや独立したての場合は十分に実績がないため審査で断られてしまう可能性が高めです。仮に借り入れができたとしても、借金を増やすことになるため、負債を増やしたくないという場合には向きません。

その点、ファクタリングは将来入金される予定の売掛金を先払いで受け取る手法なので、借りない資金調達の方法として注目されているのです。

 

個人事業主の保有する売掛債権もファクタリングの対象?

売掛債権とは、商品やサービスを販売・提供し、その代金を回収できる権利のことです。掛け取引によって発生した売掛金のことであり、入金されるまでの期間は1か月や2か月という場合もあれば、業種によって半年や1年という場合もあります。

法人だけでなく、個人事業主で事業を営む場合でも、売掛金を保有することになる取引形態が日本では一般的で、回収までの期間の間に資金繰りが悪化しがちです。

売掛債権を現金化させることで資金繰りを改善させることができますが、売掛債権を買い取ってもらうには売却相手であるファクタリング会社が個人事業主の利用も可能としていることが必要となります。

しかし中には法人のみというファクタリング会社もありますし、買い取る売掛債権の金額に下限を設定している場合もありますので、どのファクタリング会社でも受け付けてもらえるわけではないことを理解しておく必要があります。

 

ファクタリングは個人事業主でも即日で現金化できるのか?

ファクタリングを資金調達に利用することが多いのは中小企業ですが、個人事業主でも売掛債権を保有していることが多いため、ファクタリング会社によっては利用可能です。

ただ、個人事業主という部分で、やはり法人よりも社会的な信用力という面では劣ってしまいます。

そのため、ファクタリングを資金調達に用いるのなら、次のことに気をつけた上で利用することを検討するようにしましょう。

 

税金などを滞納していないか

個人がファクタリングを利用する場合においても、ファクタリングの審査で重視されるのは売掛先の信用力です。ただ、法人がファクタリングを利用するのなら、ファクタリング会社が買い取る売掛債権に対して債権譲渡登記を行い、権利がファクタリング会社に移ったことを法的に証明することができます。

しかし債権譲渡登記は法人のみ活用できる方法であるため、個人事業主が売却する売掛債権に登記を行うことはできません。

2社間ファクタリングを利用する場合、売掛先から本来の期日に売掛金を回収するのは個人事業主本人となり、回収した代金をファクタリング会社にそのままスライドさせて渡すという流れが必要となります。

もし税金滞納など信用力が低い場合、この回収した売掛金を使い込まれてしまうのではないか?という不安が大きくなるため、不安要素のない状態にしておくことが必要となるでしょう。

 

売掛債権の金額と入金までの期間に注意

ファクタリング会社が買い取ることになる売掛債権ですが、個人事業主の場合、法人と比較するとその額が少額であることが多いようです。

ただ、ファクタリング会社がファクタリング手続きで負担する経費部分については、売掛債権の金額の大きさに関係なくほとんど変わりません。

かかる費用の負担がそれほど変わらないのなら、できるだけ大きな金額の売掛債権を買い取った方がコストパフォーマンスは上がるので、買い取る売掛債権に下限を設けているファクタリング会社もあるということです。

そのため個人事業主がファクタリングを利用する場合には、少額債権でも買い取りが可能であるか、事前にファクタリング会社にたずねておいたほうがよいといえるでしょう。

また、売掛金が入金されるまでの期間が長めの場合、その間に個人事業主が自己破産してしまうと貸し倒れとなるためそのリスクを懸念される可能性があります。できるだけ短い期間の売掛債権のほうが受け入れられやすいでしょう。

 

ファクタリングを利用する上でかかる手数料の相場は?

ファクタリングは利用する上で手数料を支払うことが必要となりますが、売掛先も取引に含める3社間と、個人事業主とファクタリング会社のみで契約する2社間があり、そのどちらを選ぶかによって目安となる相場は異なります。

2社間ファクタリングの場合、売掛債権額の10~25%程度、3社間ファクタリングなら1~5%程度であることが多いようです。

3社間ファクタリングであれば、売掛先も取引に加わることとなるため、本来の売掛金の支払期日には売掛先からファクタリング会社に直接支払いが行われます。

しかし2社間ファクタリングの場合、先に述べたとおり一旦は個人事業主が売掛先から売掛金を回収し、その後で個人事業主からファクタリング会社に回収した売掛金が渡されるという流れになります。

この手数料相場の違いは、ファクタリング会社の抱えるリスクの差であるといえるでしょう。

 

個人事業主でも利用できるファクタリング会社とは?

ファクタリング会社の中には、ファクタリングの利用が可能なのは法人のみとしているところもありますが、個人事業主でも安心して申し込みを可能とするところもあります。

そこで、利用対象が法人だけでなく個人事業主も可能とし、2社間と3社間どちらも利用可能で、さらに手数料が業界最低水準といえるファクタリング会社をいくつかご紹介します。

 

ピーエムジー株式会社

ピーエムジー株式会社は98%という他社より買取率が高く、他社からの乗り換え率は98%、リピート率も96%とすべてにおいて高い割合を維持しているファクタリング会社です。コンサルタンティングも同時に行っているので、ファクタリング以外の資金調達の方法などの相談も行っています。

・調達の早さ 最短即日
・2015年~

 

日経フィナンシャルトライ

日経フィナンシャルトライは元銀行員が資金調達のサポートをしてくれるという部分でも安心感が高いファクタリング会社で、他社で断われた方や税金などを滞納している方、個人事業主などの相談にも親身になって対応してくれます。

・調達の早さ 最短即日
・2016年~

 

ビートレーディング

ビートレーディングは資金調達までのスピードを重視しており、最短12時間での資金調達を可能としています。ただ、受付時間内での申し込みと必要資料がそろっていることが条件となります。

・調達の早さ 最短即日
・2012年~

 

BestFactor

BestFactorは株式会社アレシアが提供するファクタリングサービスで、メインとなるのは2社間ファクタリングですが3社間ファクタリングも取り扱っています。医療業や運送業におけるファクタリングを強みとしており、特に運送業の利用が多いようです。

・調達の早さ 最短即日
・2017年~

 

まとめ

個人事業主はファクタリングを資金調達に利用できないと思っている方もいるようですが、親身に対応してくれるファクタリング会社もあります。少額債権でも可能とする信頼できるファクタリング会社を選ぶことで、スムーズな資金調達に繋げることが可能となるでしょう。