売掛金を利用した債権譲渡担保で借入を


近年は、不動産担保に依存しない方法で、借入の安定感を生み出す方法が採用されています。ファクタリングでも、売掛金を活用した債権譲渡担保を作り、借入に使えるようにします。活用するメリットと、実際にどのような契約となるのか、流れを知っておきましょう。

売掛金を活用した債権譲渡担保とは

売掛金を使う方法は、借りる会社と借りたい会社だけで行うのではありません。3つの会社が関連して実施されている方法です。
本来であれば、売掛金として作られている金額は、直接契約している会社から受け取るようにして回収していきます。しかし、債務不履行が起きてしまった場合など、回収できない問題が生まれてしまうことを恐れて、債権譲渡担保を考えるケースが出ています。
債権譲渡担保を活用すると、債務不履行が起きるまでは、第三者の会社である会社から売掛金による担保を使えるようになり、融資を受けられるようになります。

債権譲渡担保の具体例

例として、AとBが取引を行っていて、Bは別のCという会社に対して売掛金を持っていたとします。
Aの取引先であるBの会社に対して、債権譲渡担保の契約を結ぶことで、BとCに発生している売掛金を担保にすることができる方法です。
これ以降は、Bの会社が取り立ての権限を持つようになります。同時にBに債務不履行が起きた場合は、Aの会社がCに対して、売掛金を支払うように要求できる契約となります。
なお、Bの会社がCに対して出している売掛金は、最終的に債務不履行となった場合、Aの会社が受け取れる権利を有しています。つまりAの会社は、Bが債務不履行となった場合、全ての売掛金を回収できる契約となります。

債権譲渡担保を活用するには

実際に活用していく場合には、本当に債権がどれくらい出ているのかチェックしなければなりません。債権は流れがわからないので、意外と状況を把握できない問題点を抱えています。
不動産担保の場合、不動産が残っていれば問題なく把握できますが、債権や売掛金はわかりづらい傾向があるので、会社から説明を受ける必要もあります。
ファクタリングにも該当する方法ではありますが、活用していく場合は信頼性が最も重要になります。そして担保を使うことになったとしても、できることならスムーズにお金が動くことを期待した方がいいでしょう。明らかにお金の動きが悪くなるなどの問題は、例え良い契約を行っていたとしてもいい状況を作らないからです。