キャッシュフローとは?円滑に事業を経営するために必要な理由


事業を営む上で、損益計算書の売上や利益は常に確認し、現在会社が儲かっている状態なのか知ることは行っているものの、キャッシュフローも重要といわれてもピンとこない方もいるかもしれません。

ただ、事業を継続させる上でキャッシュフロー管理が適切に行われていないと、手元の資金が枯渇してしまい倒産に至ることもあります。

そこで、キャッシュフローとは何なのか、なぜ管理することが重要なのか徹底解説していきます。

 

経営管理に欠かすことのできないキャッシュフローが示すこと

まずキャッシュフローという言葉のうち、キャッシュとは手元の「現金」「預金」などを指しており、フローとは流れを意味します。キャッシュとして含まれる預金は、流動性が高い3か月以内の定期預金などまでで、年数単位で預けたままの預金は含まれません。

事業を営む上でキャッシュの出入りは常に発生し続けますが、たとえば材料を仕入れることになればその代金を支払い、販売した商品の代金を回収すればお金は入金されます。

そして従業員に対する給料や毎月の固定費の支払い行うなど、この流れが円滑に保てていなければ事業を続けることはできません。

事業を継続させる上で、お金はまさに人の血液のような存在といえるでしょう。

 

キャッシュフローとは

事業を続ける上で必要不可欠となるキャッシュ。その出入りを示すのがキャッシュフローです。

お金が入金されることキャッシュイン、反対に支払いなどで出ていくことキャッシュアウトといいます。

キャッシュインからキャッシュアウトを差し引いた収支がキャッシュフローです。キャッシュインからキャッシュアウトを差し引いたとき、プラスを示す場合には会社の手元のお金は増えていますが、マイナスのときは減っているので持ち出し状態が増えていることを示します。

ただ、持ち出しにも限界がありますので、このキャッシュフローのマイナス状態が続いてしまうと資金ショートしてしまい、倒産することになります。

決算書上が赤字でも、手元のキャッシュがなくならなければ倒産しない反面、たとえ利益が出ているときでも、手元のキャッシュが枯渇すれば倒産してしまいます。

これが損益計算書上の売上や利益だけ管理するのではなく、キャッシュフローの管理も重要であるといわれる理由です。

 

キャッシュフロー経営を行うことの重要性

資金ショートすれば会社は倒産してしまいますので、そのリスクを避けるためにもキャッシュを枯渇させないための経営を行うことが必要です。

 

キャッシュを枯渇させないためには、

  • ・手元のキャッシュがいつ入金され、いつ支払い予定があるのか
  • ・支払いや入金で遅れが発生しているものはないか

などを確認していくこととなります。

 

仮に売上重視の経営を行った場合

あえてキャッシュフロー経営ではなく、売上を重視した形の経営を行った場合はどのような状態になるのか考えてみましょう。

売上を上げることを最優先することになるので、取引先からの値引きを要求されれば、まず売れなければ意味がないと簡単に応じてしまいがちです。

しかし安易に値引きを行えば利益率が低下してしまい、売上は確かに上がっているとしても最終的には赤字になる可能性もあります。

 

利益を重視した経営を行った場合

次に売上利益重視の経営を考えてみましょう。仮に製造業などで製品の追加受注があった場合、その分のみ製造することになればコストが割高になってしまいます。

1つあたりにかかるコストを避けるには、今後継続して受注があることを見込み、その分も上乗せで製造したほうがよいと考えることもあるかもしれません。

それで製造コストを下げることは可能となり、利益の確保はできたとしても製造後の出荷されない製品が出てくれば在庫として残すことになります。

出荷される見込みのない在庫が過剰に増えているということは、投下した資金を回収できていない状況を示します。

そのため、在庫を管理するコストもかかりますし、不良在庫を処分しようと大きく値下げした状態でたたき売りしなければならなくなったり、廃棄することになる可能性もあります。そうなると製造にかかるコストを下げた意味がなくなってしまうのです。

一品目だけならまだしも、多数の品目で同じように在庫が積み増しされてしまえば、在庫の存在が経営を圧迫することもありえるでしょう。

 

重要なのは手元のキャッシュの確保

売上や利益を重視した経営では、結果として経営を圧迫する可能性があります。そこで、キャッシュフロー経営を行い、資金繰りが悪化することのないように手元のキャッシュを確保した状態を続けることが大切です。

 

キャッシュフロー経営のメリット

キャッシュフロー経営を行うことで、経営が安定する対外的な信用力を向上させることができる、経営上の意思決定においての自由度が向上するといったメリットがあります。

 

経営が安定する

事業を続けることで取引先に商品やサービスを販売・提供し続けることができ、その糧となる材料などの仕入れにかかった費用の支払いができ、従業員を雇用して給与の支払いもできます。

また、社会が必要とする製品や商品、サービスを販売・提供し続けることは、社会に貢献することとなり、事業を続ける上で納めなければならない国や地方自治体に対する税金の支払いもできるようになるでしょう。

 

対外的な信用力を向上させることができる

キャッシュフロー経営を続ければ資金繰りが安定するので、資金がショートしてしまうリスクが発生すればそれを早期に予見することが可能となります。

資金不足に陥る前に、早めに銀行に相談して融資を検討したり、回収までの期間が長期化している売掛債権を早めに入金してもらうような対策を講じたり、資金調達のためにできることも増えます。

しかし、キャッシュフロー経営を行っておらず、ある日突然、資金不足に陥っていることを知ると、急いで資金調達に走らなければならなくなるのです。

銀行に対し、資金不足で急いで資金を調達しなければならないと伝えれば、普段からキャッシュの動きを把握していないずさんな経営管理を行う企業だと捉えられることとなり、そのような企業に融資は行いたくないと懸念される可能性もあります。

計画的に経営を行うことで、資金不足に困ることもないでしょうし、同時に信用力を高めることができるようになるのはメリットといえます。

 

経営上の意思決定においての自由度が向上する

事業を営む上で意思決定が必要な場面では、実行するための資金も必要とすることが多いといえます。

たとえば設備投資や事業拡大など、収益を増やすための戦略として行おうとしていることには資金が必要です。

資金力が乏しければいくら成功する戦略や計画を立てることができても、実行できませんし意思決定にも迷いが出てきます。

しかしキャッシュフロー経営を続け、手元の資金を確保しておくことにより、大きなビジネスチャンスを逃すこともないでしょうし、一歩踏み出した経営を行うこともできるはずです。

 

利益とキャッシュフローはどのような違いがあるのか

あらためて、利益とキャッシュフローの違いを把握しておくようにしましょう。

まず利益は売上から費用を引いて計算しますが、商品やサービスを販売・提供したときにその場でその代金を受け取る商売ではなく、掛け取引の場合には売上計上と代金回収までの時間差が発生します。

売上を計上した時点で、すでに仕入にかかった費用を支払い済みであれば、利益としては黒字となるでしょう。売上代金はまだ入金されていないので、キャッシュフローはマイナスを示します。

会計処理上で発生する利益と、キャッシュフローは必ずしも一致しないということを理解しておいてください。

 

利益は出ているのにキャッシュフローはマイナスに?

売上が伸びてくれば、さらに商品を販売しようと仕入れを増やすことになります。

そうなると仕入れにかかる費用も増えることになりますが、商品が売れても仕入れ代金は先払いなので、売上代金が入金されるまでの間、キャッシュフローはマイナスになってしまう流れです。

売上が増加すれば利益も上がりますが、売上により入金される予定の代金がまだ回収できていないことで、キャッシュフローはマイナスになります。

 

事業を営む上で必要となる資金を運転資金といいますが、

運転資金=売掛債権(未入金の売上代金)+棚卸資産(商品の在庫)-仕入債務(未払いの仕入代金)

という計算式で算出できます。

 

そのため、キャッシュフローをプラスにするためには、早めに売上代金を回収し、仕入後の販売も早めに行い在庫を増やさないことを心掛け、支払いは遅めにすることが必要ということになります。

また、過剰な設備投資や、関係会社に対する貸し付けなど、収益やキャッシュを生まない出費もキャッシュフローを悪化させることになると理解しておきましょう。

 

キャッシュフローを把握するためにどのような管理を行えばよいか

キャッシュフローを把握するには、月別と年別でキャッシュの増減を確認できるようにしておきましょう。

貸借対照表の資産の部の「現金及び預金」で表示されますので、月別なら試算表、年別なら決算書を確認することで、その期間におけるキャッシュフローは簡単に確認できます。

ただ、キャッシュフロー経営を行うなら、会計処理上の利益と手元の資金は異なることを理解し、別途資金繰り表を作成することをおすすめします。

 

キャッシュフロー経営を特に行うべき企業とは

キャッシュフロー経営を行うことが必要であることは、どの企業にも共通していえることです。ただ、特に注意したいのが売上代金が入金されるまで時間がかかり、仕入れ代金を支払うよりも後になる企業や、資金繰りに不安を抱えていたり、資金不足に悩んでいる企業などです。

将来的に事業拡大や設備投資などを検討している場合も、キャッシュの動きを見える化させることで、資金が不足する事態を防ぐことが可能となり、本業に専念しやすくなります。

経営を安定させ信用力を高めれば、意思決定が必要になる場面で選択肢を増やすことができるようになりますし、思いきった行動や決断もしやすくなるでしょう。思い描くビジョンを実現させるためにも、キャッシュフロー経営を続けることが必要です。

 

中小企業が行うキャッシュフロー経営の方法

キャッシュフロー経営を行うことが重要だと理解できても、実際にどのように取り組んでいけばよいのでしょう。

まずは、今のキャッシュの状況を把握することが必要です。その上で、今後のキャッシュフロー計画を立て、そこから毎月のキャッシュフローの状況検証や改善の施策を練るといったことが必要になります。

まったくキャッシュフローを意識していなかった場合には、過去3か年のキャッシュフローの推移を確認してみましょう。

1年のうち、どの時期に支払いが多く発生することになるのかだけでも把握することができます。その上で、今後、目標とするキャッシュフローを立てていきます。

そのために必要なのは資金繰り表であり、日々のキャッシュの動きを把握しやすくしておくことです。

 

資金繰り表とは

決算書にもキャッシュフロー計算書はありますが、大企業はこのキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。ただ、中小企業の場合は義務付けられているわけではなく、管理資料として作成すればよい程度に考えているかもしれません。

ただ、キャッシュの動きを知るにはこのキャッシュフロー計算書を有効に活用するべきですし、別途資金繰り表を作成したほうがより詳細なキャッシュの動きを知りやすくなります

資金繰り表で将来の資金の動きを予測していくことにより、利益が出ているのに倒産してしまう黒字倒産の可能性を探ることもできるでしょう。

もし資金不足に陥りそうな場合には、売掛債権を現金化させることを急いだり、仕入債務の支払いを先延ばしにしてもらえるように交渉するなどいろいろな対応が可能となります。

それでも資金が不足するのなら、銀行融資なども併せて検討しなければならなくなるでしょうし、とにかく資金を枯渇させないための対応が必要です。

そのためにも日々のキャッシュの動きを知り、次の入金や支払いの予定を把握しておくことは非常の重要といえます。

 

まとめ

キャッシュフローとは現金(キャッシュ)の流出入のことを示しているので、利益が出ていてもキャッシュフローがマイナスになることもあります。会計上の利益とキャッシュフローは必ずしも一致するわけではないことを理解しておきましょう。

事業を続ける上で重要になるのは、もちろん黒字化させて利益を生むことではありますが、手元の資金を枯渇させないことです。赤字が続いても資金があればすぐに倒産しませんが、資金がショートすればたとえ黒字だとしても会社は倒産してしまいます。

企業経営にはいろいろなリスクがあり、大口の取引先が倒産することで売掛債権の回収ができなくなることも考えられますし、災害などで生産ラインが停止してしまうこともあるかもしれません。

そのような場合でも、ある程度手元の資金に余裕があれば、不測の事態にも対応しやすくなるはずです。

キャッシュフローを重視した経営を続けていけば、手元にキャッシュを残しやすくなり、資金ショートを防ぐだけでなく手元の資金にも余裕をもたせることが可能となり、万一の事態にも対応できるようになるでしょう。

安定した経営を目指すためにも、キャッシュフロー経営で事業を続けていくことを心掛けてください。