アメリカ発の画期的な資金調達法


ファクタリングの歴史は、想像以上に古く、一説によると14世紀という話もあるほどです。ただし本格的に運用が開始されたのは1900年ごろの時代です。

フォードやロックフェラー、J・Pモルガンといった今の時代でも名を残す実業家が現役だった頃、支払いサイクルを前倒して経営に拍車を掛けるといったファクタリングの手法は、 アメリカ金ぴか時代 末期の金融取引として 高度経済成長を支えた仕組みの1つ です。

100年以上ある歴史の中でも、特に認知度が高い アメリカでは5~10倍の市場規模がある とも言われています。

日本での歴史は浅い!

一方の 日本では、初めてファクタリングが登場したのは1970年代初頭 です。
当時は第一勧業銀行など都市銀行系が主流だったので、信用調査や債権回収などを含むコンサル業に近いものでした。
しかし手形取引と類似しており、目的が被ることで認知度は高まらず、限られた会社でのみ利用される手法になってしまいました。

1991年にバブルが崩壊した後にはだんだんと手形取引は少なくなり、 今では当時の1/10以下にまで減少 しました。
これが1つのきっかけとなって、ファクタリングが再度注目を浴びるようになったと言えます。

現代のファクタリング

2000年頃からインターネットや電子決済が普及し、 数多くのファクタリング会社が登場 しました。
さらに度重なる貸金業法改正で利息制限を受けたことにより、昭和時代に蔓延した通称街金と呼ばれた小規模貸金業者は経営難に追い込まれやられ、彼らの次のビジネスモデルとして 貸金業法の縛りを受けることがないファクタリング業に着手したという背景 もあります。

近年では売掛先に対し通知を行わず、利用会社の信用だけで売掛債権の買取を実施する2社間ファクタリングが市場を拡大しています。
2社間取引の手数料は高めに設定されていますが、重要取引先に自社の苦しい経営状況を悟られたくないという 経営者ニーズに合致している と考えられるでしょう。

2社間取引も登場した当時は法外な手数料だったため、なかなか手を出し難い状況だったことや、ファクタリング会社側が通帳や銀行印を預かるといった 一歩間違えば大問題に発展しかねない業態が横行 していました。しかしここ2~3年は、業界も淘汰されたことで 優良企業が生き残り、評判の悪い会社は自然と消滅している 印象が持たれます。

当サイトは大小数十のファクタリング会社に対して調査や評価を行っています。
今利用している会社や、これから契約を検討している会社の評判や素性が気になる場合には是非参考にしてください。