資金調達までのスピードが早いファクタリング会社はここ!


資金調達にファクタリングを利用する企業は年々増えつつあるものの、ファクタリング会社によって特徴はいろいろです。

何を重視してファクタリングで資金調達するのかは人それぞれですが、その中でも資金を早く調達したいと考える企業にとって現金化までのスピードがどのくらいなのか、審査にどのくらいの時間がかかるのかなど気になるところでしょう。

そこで、数多く存在するファクタリング会社の中でも、より審査や現金化までのスピードが早く、安心して取引を行うことができるファクタリング会社をいくつかご紹介します。

ファクタリング業界は新規参入する業者も多いため、よりそれぞれのファクタリング会社の特徴や利用する上でのメリットを把握しておくことで有効な資金調達に繋がりやすくなるはずです。

 

急いで資金を調達したいという事業者にとって救いの手に

事業を営んでいれば、急に資金が必要になりどのように調達すればよいのか迷うこともあるでしょう。銀行から融資を受けたくても審査が通らなかったり、審査に時間がかかるので急な資金需要に対応できないなど、様々な問題が発生することもあります。

そのような場合、すぐに資金を調達する方法として即日融資が可能なビジネスローンの利用なども検討できるでしょうが、金利が高く設定されていることが気になったり、やはり審査で通らないといった問題が起きてしまいがちです。

それでも今日中に資金を調達したいと考える場合、借り入れ以外で資金を調達できる方法として挙げられるのがファクタリングです。

ファクタリングは融資を受けるときの審査とは異なり、利用する方の信用力を重視しないため、銀行やノンバンクからの借り入れにおける審査で通らなかったという場合でも利用が可能であるケースが多々あります。

さらに即日現金化を可能とするファクタリング会社も少なくありませんので、急な資金ニーズにも素早く対応してもらえます。

 

ただし早さだけを重視するのは危険!

近年、中小企業や個人事業主などにファクタリングが注目され始めてきたのは、銀行融資をスムーズに利用できない企業や事業者でも審査に通りやすいこと、そして素早く資金を調達することができることが大きな理由です。

また、保有する売掛金を売却して資金化する方法なので、今以上に借金を増やしたくないと考える事業者にもむいています。

ただ、ファクタリング業界は法規制が十分に整っているといえず、悪徳業者が横行しやすい環境を作ってしまっているのも事実です。

そのため、資金の調達に急ぐあまり、慎重にファクタリング会社選びを行わず利用してしまった場合、十分な資金調達に至らないばかりでなく、本来なら支払わなくてもよいお金を支払うこととなってしまいます。

そこで、安心して利用することができ、スピーディに売掛金を資金化できるファクタリング会社をいくつかご紹介しますので、ファクタリングを利用する上でのファクタリング会社選びの参考にしてください。

 

 

すぐに売掛金を現金化してくれる優良なファクタリング会社

急な資金需要に対応可能となるファクタリング会社を選びたいけれど、どこに依頼すればよいかわからないという事業者もいることでしょう。

そこで、安心して利用できる優良なファクタリング会社をいくつかご紹介します。

ファクタリング会社を選ぶときのポイントは、ただ現金化までが早いだけでなく、法規制が整備されていない業界だからこそ利用する側が安心して契約できるかどうかです。

高い信頼性や実績がある中で、スピーディに対応してくれるファクタリング会社こそが優良な業者といえますが、それぞれ特徴などが若干違っていますのでよりニーズに合う業者を選ぶようにしてください。

 

ビートレーディング

過去1万6千社以上との取引実績があるファクタリング会社がビートレーディングの特徴ですが、リピート率の高さもその数字にあらわれているといえます。

豊富な実績によりファクタリングに関する高い知識やノウハウを持ったファクタリング会社であり、まだファクタリングが日本ではまったく知られていなかった時期に創業して業績を伸ばしてきたという強みがあります。

 

ビートレーディングは最短12時間で資金調達が可能

資金化されるまでのスピードを重視しているファクタリング会社でもあり、手数料2%からと高い金額で売掛金を買い取ってくれるのも特徴です。

また、買取金額に下限や上限は設けておらず、これまでも10万円から7億円までの買取実績があるため、金額の低い売掛金を保有している場合でも相談しやすいでしょう。

また、審査通過率は98%なので、赤字決算や債務超過、税金滞納といった事情を抱える場合でも安心して申し込みが可能です。

対面・出張・郵送という契約方法から選択可能なので、忙しくて店舗まで出向くことができないという場合でも出張してもらえます。

また、ビートレーディングではコンサルティング業務も行っているため、利用する事業者に合った資金調達方法を提案してもらえなど、提案力の高さも評価を得ています。

 

ビートレーティングでファクタリングを利用する際の注意点

取引実績が高く、契約可能となるファクタリングの種類も多いため、どのファクタリングを利用するかによって手数料の幅は大きく異なります。必ずしも手数料が安く設定されるわけではない点は理解しておきましょう。

また、ケースによっては最短で12時間、即日入金可能としていますが、書類が揃っていなかったり、申し込みまでの時間帯などにより、即日現金化されないこともあるのでその点も注意が必要です。

また、売却する売掛金の信用力や金額などにより、審査が当日完了せず、翌日以降になることもあるので、事前に確認した上で利用することをおすすめします。

 

三共サービス

簡単な会社概要に売掛先のことなど、質問された項目を5~10分程度で伝えるとことで審査が行われるため、スピーディな対応が魅力といえるファクタリング会社が三共サービスです。

三共サービスのファクタリングは、契約前に必ず事前の面談が必要です。ただ、遠方の事業者で店頭まで出向くことが難しい場合や、忙しいので時間が取れないという場合などは、郵送での手続きで対応してもらえる可能性がありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

面談も1時間程度で終了するので、時間をかけずスムーズに資金調達しやすいことがメリットです。

月間100件以上、年間1,500件以上の企業から申し込みがあるファクタリング会社であるなど、高い実績も魅力ですし、業界最安値を目指している業者なので、初めてファクタリングを利用するという場合でも安心できるサービスが提供されています。

ただし三共サービスのファクタリングは法人が対象となるため、個人事業主の方は利用できません

 

三共サービスでファクタリングを利用する際の注意点

スピーディな対応が特徴の三共サービスですが、売掛金を売却し現金化されるまでの時間は、最短で即日ではなく翌日となっています。

もちろん翌日でも十分な対応の早さといえるでしょうが、最短即日現金化が可能であるファクタリング会社と比較すると遅く感じてしまうかもしれません。

また、ファクタリングを利用する上での売掛先に対する通知や連絡は原則、必要であるとしているため、売掛先に知られずファクタリングを利用したいという場合には不向きです。

ただ、売掛先から売掛金を売却して資金化することに承諾を得ることが難しいという場合や、知られてしまうとその後の取引に影響が及ぶ恐れがあるという場合には、通知を留保する形での2社間ファクタリングで対応してもらえますので相談してみましょう。

そしてもう1点注意しておきたいのが、三共サービスで売却可能となる売掛金には下限と上限が設けられている点です。最低でも50万円以上の売掛金であり、さらに売掛先1社に対し3千万円までという上限が設定されています。

三共サービスは比較的小規模のファクタリングを中心に取り扱っていることから、このような下限と上限が設けられているようですが、売掛先の規模や継続的な取引年数などを考慮し、3千万円以上の取引を可能とするケースもあるようなのでこちらも相談してみることをおすすめします。

 

ピーエムジー

 

ゼネラルリサーチのアンケートによる2019年の企業イメージ調査で、顧客満足度、対応スピード満足度、スタッフ対応満足度、いずれも1位という3冠を獲得しているファクタリング会社ピーエムジーの特徴です。

顧客の利益や満足してもらえるかを第一に考えているファクタリング会社なので、単に法令を守ればよいと考えるのではなく、スタッフそれぞれが意識を高く持ち、社会貢献やコンプライアンスを重視・徹底しながら運営していることが大きな特徴といえるでしょう。

 

コンプライアンスや情報管理の徹底はどこよりも強化されている

現在のインターネット社会による情報漏洩が不安視される中、ピーエムジーでは顧客の企業情報も徹底管理しています。その情報管理能力は高い水準で守られており、平成29年7月にはJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が管理・運営しているプライバシーマーク(Pマーク)の付与事業者として認定されているようです。

そのため、他社や取引先に知られたくない情報が漏洩することなくファクタリングが利用できますし、ファクタリング以外の資金繰りの相談もしやすいことが大きなメリットといえます。

また、ピーエムジーでは常に大口の資金を確保しているので、資金化までが早く、買取率も業界最高水準とされています。大阪や福岡にも支店があるため、関東や関西など全国的に対応が可能である点も見逃せません。

 

ピーエムジーでファクタリングを利用する際の注意点

ピーエムジーはファクタリングだけでなくコンサルティング業にも力を入れている会社なので、ファクタリングだけにこだわらず様々な資金調達の方法の提案を受けたほうがより有効に資金を調達できる可能性が広がります。

コンサルティングを行う上で、パートナーとして資金繰りを安定させること、さらに経営改善できるまで二人三脚のサポートを提供してもらえるので、単に今資金を調達したいということばかりにこだわりすぎてしまわないことが大切です。

赤字を黒字化させることももちろん大切ですが、長い目で見たときに本当に資金繰りが改善されるのかを検討してもらい、お金の心配ばかりして本業に専念できない状態から脱却できる手伝いをしてもらうという心構えで利用したほうがよいといえるでしょう。

ピーエムジーは申し込みから実行までの時間は最短で1日ですので迅速な資金調達が可能であり、取引可能額に下限は設けられておらず2億円まで可能としているのも強みです。

少額債権から大口まで、法人、個人事業主問わずに利用できることは大きな魅力といえるでしょう。

 

ファクタリングで利用できない売掛債権に注意を

保有する売掛金を売却するファクタリングで現金化したくても、売掛先との契約上、債権譲渡禁止特約が付帯されている場合はファクタリング会社にその売掛金を買い取ってもらうことはできません

特に大手上場企業との取引においては、この債権譲渡禁止特約が契約書で交わされていることもあるので確認が必要です。

この債権譲渡禁止特約は、債務者(売掛先)の権利を保護するための特約ですので、特約が付帯されているのに債権を売却した場合、債権を譲り受けた相手(ファクタリング利用であればファクタリング会社)に対し債務者(売掛先)から譲渡が無効であることを主張される可能性があります。

そのため、債権譲渡禁止特約が付帯されている契約が売掛先との間で結ばれている場合、その売掛金はファクタリングに利用できず資金調達において大きな障壁となってしまいます。

ただ、2020年4月からは改正された新しい民法が施行されることになりますが、この中に債権譲渡の緩和についての規定もされています。

債権譲渡禁止特約の有無に関係なく債権譲渡の効力が保証されるという内容であり、仮に債権譲渡禁止特約が付帯されていても安心して売掛金を売却することができ、ファクタリング会社も買い取りが可能となるはずです。

売掛債権を使った資金調達がこれまでよりも容易となるため、さらにファクタリングを利用しようと考える事業者の方も増えていくことでしょう。

 

まとめ

ファクタリングのメリットは、急いで資金が必要という場合でもすぐに売掛金を売却して資金化できることですが、特に即日現金化を可能とするファクタリング会社に対するニーズが高まっています。

ただ、数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきかわからないという事業者の方もいることでしょう。

もしファクタリング会社選びで迷っているのなら、先に紹介した優良とされるファクタリング会社に相談してみてはいかがでしょう。また、実際にどのくらいの買取金額になるのか不安があるのなら、相見積もりを取得して比較してみることも大切です。

スピードや手数料の安さをウリにしているファクタリング会社は多くありますが、その中には甘い言葉やうたい文句で顧客を誘おうとする悪徳業者も混ざっていることを忘れないでください。

悪徳業者を利用してしまうと、資金調達までの時間は確かに早いかもしれませんが、当初提案されていた手数料と違った高い割合の手数料を請求されることになります。

そもそもファクタリングを利用する上で手数料は発生するものですので、法外ともいえる手数料を取られてしまうことになると十分な資金調達に繋がらなくなります。また、ファクタリング会社を装う闇金業者なども存在するので、その場合には売掛金の売買という形ではなく金銭の貸し付けが行われることとなり、いつまでたっても完済に至らない状況にされてしまいます。

安心してファクタリングを資金調達の方法として利用するためにも、どのファクタリング会社を選ぶかは非常に重要なことなので慎重に決めるようにしましょう。