強みごとにファクタリング会社を選ぶならここがおすすめ!


資金を調達しなければならないという場面において、銀行から融資を受けることを予定していたとしても、実行されるまで時間がかかってしまいます。

このような場合、銀行融資が実行されるまでの間の支払いに充てる資金を確保する方法として、保有している売掛金を売却して資金化するファクタリングを活用することも可能です。

ただ、ファクタリング会社によって強みとしている部分や特徴が異なるため、どのファクタリング会社に依頼すればよいか迷うこともあるかもしれません。

そこで、ファクタリング会社を選ぶときには何を基準として選べばよいのかご説明し、強みごとに選ぶとよいファクタリング会社もあわせてご紹介します。

 

ファクタリング会社を選ぶときに何を確認すればよい?

資金調達にファクタリングを選ぶ理由はそれぞれです。銀行融資では審査が通らなかったからという場合もあるでしょうし、銀行融資により貸し付けが実行されるまで時間がかかるのからということが理由かもしれません。また、多く支払いサイトが長く設定されている売掛金の入金を短期化させて、資金繰りを改善させる方向へ持っていきたいという場合もあるでしょう。

いずれの理由にしても、ファクタリングを利用するときに重要となるのがどのファクタリング会社を選ぶかということです。

もちろん、できるだけ手数料の安いファクタリング会社を選びたいところではあるでしょうが、手数料の安さだけで選んでしまうと表向きだけ良心的な業者のようにみせかけている悪徳業者に騙されてしまう可能性もあります。

相場よりもかけ離れた手数料が設定されている場合や、その手数料が安くても高くても悪徳業者でないか疑うべきといえるでしょう。

そこで、まずは何を優先させたいのか、そのニーズに答えてくれるファクタリング会社なのか強みを確認した上で選ぶことをおすすめします。

 

急いで資金調達が必要というニーズにこたえてくれる業者なのか

差し迫る支払い期日に間に合うように、資金を早く調達したいという場面ではファクタリングを利用する上でも資金化までのスピードを重視することになります。

売掛金を即日現金化できるファクタリング会社を選ぶなら、審査まで迅速に手続きを行ってくれるか確認することが必要です。

ファクタリングにおける審査では、売掛金が本当に実在しているのか、確実に回収できる信頼性の高い売掛先の売掛金か、利用者に売掛金が入金された後にスムーズにその代金を渡してもらえるかなど、売掛先の信用力だけでなくファクタリングを利用する会社の信頼性も重視されます。

審査に時間をかければ、伝えられた内容や提出された書類を参考に、様々な視点から気になる項目を確認して利用の可否を決めることができるでしょう。

しかし、即日現金化を実現するためには、必要最低限の項目を確認した中で判断してもらうことになります。

そのため、これまで複数の利用者と取引を行っている実績や経験値が高く、リスクを許容できるほどの資金力のあるファクタリング会社でなければ即日現金化は実現できないと考えられます。

現金化されるまでのスピードが早いファクタリング会社を選ぶなら、これまでの実績や経験が豊富にあり、優良であると認められる業者を見極めることが必要ということです。

 

少額の売掛金でも買い取ってもらえるか

すでにファクタリングを利用して資金調達したことがあるのなら、不安なく安心して利用できるかもしれません。しかし初めてファクタリングを利用する場合には、どのように資金を調達できるのか、少ない売掛金で試してみたいと考えるものです。

また、売掛金は将来の大切な収入源のため、保有する売掛金をすべて売却して現金化してしまうと、翌月や翌々月の支払いに充てる資金が不足してしまう可能性があります。そのため、売却して現金化する売掛金はできるだけ最小限にとどめたいと考えるものでしょう。

しかしファクタリング会社によっては、買取可能とする売掛金に金額に下限を設けており、少額では受け付けてもらえない場合もあります。

ファクタリングを利用する上で発生する諸経費などは、売掛金の金額が少額でも高額でもそれほど金額が変わらないことがその理由です。

買い取る売掛金が少額すぎてしまうと、場合によってはファクタリング会社が負担する諸経費の負担割合が大きくなってしまい、たいした利益がでないばかりか赤字になってしまうケースもあるのです。

このような理由から、金額の小さな売掛金はファクタリング会社に好まれにくいと考えられますが、ファクタリング会社の中には少額債権でも快く取引に応じてくれるところもあります。

もし保有する売掛金の金額がどれも小さいという場合には、少額債権でも引き受け可能とする買取金額に下限を設けていないファクタリング会社を選ぶことが大切です。

 

個人事業主でも対応可能か

事業者には法人だけでなく、個人として事業を営む個人事業主も含まれます。個人事業主でも取引先との契約上発生した売掛金を現金化させたいと考えることもあるでしょう。

しかしファクタリング会社の多くは、事業規模の小さい個人事業主ではなく、法人のみ取引対象としています。

ただ、優良なファクタリング会社なら個人事業主や法人を問うことなく、ファクタリング利用の対象としているので、事前に個人事業主でも対応可能か確認しておくようにしましょう。

 

全国対応は可能か

ファクタリング会社の9割以上が東京23区に集中しており、地方の方などはファクタリングを資金調達に利用したくてもしにくいと感じることもあるようです。

ただ、ファクタリング会社の中には、関西や九州に支店を設け、全国対応していることもありますので、地方の個人事業主や中小企業などでも、近隣エリアを管轄するファクタリング会社の支店を利用することが可能です。

 

強みごとでファクタリング会社を選ぶなら

ファクタリング会社を選ぶ基準はおおよそお伝えしましたが、それぞれの業者により、強みとしている部分は異なります。

いずれにしても対応が丁寧であり、親身になって相談に応じてくれる担当者がいるファクタリング会社を選ぶことが大切です。

その上で強みを重視した業者を選ぶ際の参考に、それぞれの特徴にヒットするファクタリング会社をご紹介します。

 

取引実績の数が強みのビートレーディング

ビートレーディングのこれまでの取引実績は1万6千社以上というほど、数々の利用者の資金調達のお手伝いをしてきたファクタリングです。日本でまだファクタリングが周知されていなかった時期から創業し、少しずつ業績を伸ばしてきたことが大きな強みといえるでしょう。

取引実績が豊富であることで、資金調達やファクタリングに関する知識やノウハウも蓄積されており、リピート率も高いことが特徴です。

 

売掛金の買取金額に下限・上限はなし

売掛金の買取金額に下限や上限が設けられていると、一定の範囲の売掛金のみでしか資金調達できません。

しかしビートレーディングでは売掛金の買取金額に下限や上限は設けておらず、10万円から7億円までの買取実績があります。

 

コンサルティング業務にも対応

赤字決算や債務超過、税金滞納など、財務状況が良好とはいえない事情を抱えている事業者でも相談可能であり、契約方法も忙しい方向けに出張対応や郵送での手続きといった柔軟な取引を可能としています。

また、コンサルティング業務では、事業者に合ウファクタリングを提案してもらえるので安心です。

 

手数料幅はどのファクタリングを利用するかによる

取引実績が高い上に、契約できるファクタリングの種類も多いことがメリットですが、どのファクタリングで資金調達するかにより手数料の幅が変わってしまう点は注意しておきましょう。

さらに最短12時間、即日入金可能としていますが、書類に不備があったり、必要な書類が準備できていない場合、または申し込みを完了するまでの時間帯などによっては、即日現金化されないこともありますので、事前に何時までに申し込みを行えばよいか確認しておくと安心です。

 

全国対応を可能とするピーエムジー

ピーエムジーは常に大口の資金を確保しているファクタリング会社なので、売掛金を現金化できるまでのスピードが早いことに定評があり、買取率も業界最高水準とされています。

そして大阪や福岡にも支店を設けていることから、関東や関西など全国的な対応が可能である点は最大の強みといえるでしょう。

 

コンプライアンスを遵守した運営を徹底

ピーエムジーはゼネラルリサーチのアンケートによる2019年企業イメージ調査により、顧客満足度、対応スピード満足度、スタッフ対応満足度、どれも1位という3冠を獲得しています。

社会貢献やコンプライアンスを重視・徹底しながら運営しており、顧客の企業情報も徹底管理していることが特徴です。

高い情報管理能力は、平成29年7月にJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が管理・運営するプライバシーマークを付与・認定されていることからも認められます。

ファクタリングを利用する上で、他社や取引先にその情報が漏れるのでは…と不安を感じる方もいるでしょうが、ピーエムジーなら知られたくない情報が漏洩することはありません。

 

ピーエムジーでもコンサルティング業を行っている

ピーエムジーではファクタリング以外にコンサルティング業にも力を入れており、ファクタリングにこだわることのない様々な資金調達方法の提案を受けることも可能です。

一時的な資金調達に留まるのではなく、将来的に資金繰りを安定させることができるのかという長い視野でサポートしてもらえることが強みといえるでしょう。

 

個人事業主でも利用可能

ピーエムジーでも申し込みから現金化が実行されるまでの時間は最短即日となっており、迅速な資金調達に結びつきやすいといえます。
さらに買取金額に下限は設けられておらず上限は2億円まで可能としているので、比較的売掛金の金額が低い中小企業でも利用しやすいでしょう。

また、法人だけに取引先を縛らず、個人事業主でも対応してもらえるので幅広い事業者の資金調達のお手伝いをしていることも強みといえます。

 

面談せずにファクタリングが可能なOLTA

OLTAはクラウドファクタリングという仕組みを利用し、申し込みから現金化までをインターネットで完結できることが特徴です。審査は独自で開発したAIスコアリングにより行っています。

取り扱うファクタリングは2社間ファクタリングのみですが、通常、2社間ファクタリングで発生する手数料の相場は10~20%程度であるのに対し、OLTAのクラウドファクタリングは2~9%という安さも強みです。

 

一般的なファクタリングと異なる点

ただ、注意しておかなければならないのは、買取金額として受け取るお金と、実際に売掛先から入金があったときに支払うお金です。

一般的なファクタリング会社で2社間ファクタリングを利用した場合、買取金額から手数料分が差し引かれ、残りを現金化された代金として受け取ることになります。

その後、売掛先から期日に売上代金を回収し、その代金をファクタリング会社にスライドさせて渡し、取引が終了するという形です。

しかしOLTAのクラウドファクタリングでは、買取金額を受け取った後に売掛先から売上代金を回収し、利用金額と手数料を戻すという形を取っています。

買取金額と発生した手数料を支払うことになるので、実質は一般的なファクタリング会社を利用した場合と差が大きく出ないと考えておくべきでしょう。

 

OLTAは2社間ファクタリングのみの対応

ファクタリングには利用者とファクタリングが契約する2社間ファクタリング、そして売掛先とも契約する3社間ファクタリングがあります。

ただ、OLTAで利用できるのは先にも述べた通り2社間ファクタリングのみとされており、売掛先を含めて契約する3社間ファクタリングは利用できません

3社間ファクタリングの魅力は2社間ファクタリングより手数料相場が低いことで、1~5%の手数料でファクタリングが可能です。

とはいえ、OLTAで設定される手数料は、3社間ファクタリングの相場に近い割合で設定されるので、3社間ファクタリングを利用できないことは大きなダメージとはいえないかもしれません。

 

まとめ

ファクタリング会社により、強みとする部分はそれぞれ異なります。

ファクタリングを利用して資金調達する上で重視したい部分は人それぞれですが、そもそも希望する対応を可能とするファクタリング会社を選ばなければ資金を調達することはできません。

個人事業主であれば法人のみに取引を限定しているファクタリング会社でファクタリングを利用することはできませんし、少額の売掛金しか保有していないのなら下限を設けていないファクタリング会社を選ぶことが必要です。

そしてファクタリング業界はまだ法整備が十分でないことから、悪徳業者が横行しやすい環境となっていることも知っておきましょう。間違って悪徳業者を選んでしまうと、十分な資金調達に繋がらないばかりか、お金を借りたわけではないのに延々と代金を請求されることになってしまいます。

そのためにも高い実績や経験があり、コンプライアンスを遵守し、顧客管理なども徹底している安心できる優良なファクタリング会社を選ぶことが大切です。

単に手数料が安いからという理由や、面談などせず簡単にすぐ現金化してくれるからという理由でファクタリング会社を選ぶと、甘い言葉で顧客を誘おうとする悪徳業者の罠にはまってしまうことになりますので十分注意してください。