ベンチャーキャピタルとファンドの違いはどこ?


ベンチャーキャピタルと投資関連のファンドは、よく間違えられる傾向があります。意味を理解しておかないと、間違った融資を受けてしまう可能性もあります。正しく理解して、方針の違いなどを考えましょう。

ベンチャーキャピタルはこんな会社

ベンチャーキャピタルの場合は、株式を公開させる代わりに、キャピタルの会社が資金提供を行います。これで会社の価値を高めるようにして、より多くの人に信頼される企業とします。
企業の業績アップを図ると同時に、資産向上を図る狙いもあります。ベンチャーキャピタルとしては、業績アップを図りつつも、資産をしっかり残すようにして、将来離れる際の利益を確保したい狙いがあります。
ベンチャーキャピタルは、株式を公開させて株の価値を高め、最終的に満足できる数字となったところで対象の会社と提携を解消します。株を売却して利益を得て、また新しい会社と交渉を行っていきます。

ファンドはこんな会社

一方で投資ファンドに代表されるところは、会社の代表に対して、個人の人から投資を募っています。投資を得た会社は、ベンチャーキャピタルと同様の方法を利用して企業に投資します。この時には、企業自体を買収するケースもあります。
ファンドは、企業の価値を高めて、融資をしてくれた人に支払いを行っていきます。投資ファンドが成功しているなら、どんどん会社が利益を出しつつ、ファンドの協力者や会社に対して利益を払います。
ベンチャーキャピタルの方針を採用している場合もあるので、投資ファンドとして運営されている場合でも、手法がかなり似ている傾向もあります。

ファンドとキャピタルの違いは

ベンチャーキャピタルと投資ファンドの違いは、ベンチャーキャピタルという手法を使っている会社が投資ファンドなのか、それとも違う会社なのかの違いです。
行っている方法については、ベンチャーキャピタルも投資ファンドも同じと考えていいですし、ベンチャーキャピタルの中に投資ファンドが含まれていることも多数あります。
ただ、投資ファンドの中には、ベンチャーキャピタルと違った方法を採用しているケースもあります。会社ごとの違いを投資ファンドは生み、一方でベンチャーキャピタルはそこまで違いがないと考えていいのです。
根本的な違いはそこまでないですが、ベンチャーキャピタルが投資ファンドを利用しているものか、それとも利用していないものかによって、ちょっとだけ資金提供や支払いに影響が出てきます。