ファクタリング会社を装う闇金融業者に騙されるな!見極め方を徹底解説


中小企業の頼りになる資金調達の方法として注目されてきたファクタリングですが、どのファクタリング会社での信用できるわけではありません。中にはファクタリング会社を装い、高額な手数料を請求しようとする闇金融業者も存在しています。

もしファクタリングで資金調達する場合には、闇金融業者か正規の業者か見極めることが非常に重要といえます。

ファクタリングでは売掛債権が取引に用いられますが、経済産業省も売掛債権を活用した資金調達は推奨しています。本来なら有効活用されるべきファクタリングも、闇金融業者の業界での横行が原因となり、正しい使われ方がされず評判を落としてしまっているところもあるのです。

そこで、正規のファクタリング会社とファクタリング業者を装う違法な闇金融業者をどのように見分ければよいのか知っておくことが大切です。悪徳な闇金融業者を利用してしまわないための見極め方を徹底解説します。

 

なぜ闇金融業者はファクタリング業界で横行している?

ファクタリング会社を装った闇金融業者が横行しやすい理由として挙げられるのが、まだファクタリング業界の法整備が十分でないことです。

貸金業者を営むのなら貸金業登録が必要ですし、設定できる金利も利息制限法に基づいた上限が定められています。

しかしファクタリング業界ではそのような登録制度はなく、ファクタリング会社が請求する手数料も金利ではないので上限が設けられていません。

そのため、貸金業法の制定により規制が厳しくなった貸金業界で貸し付けを行うことができなくなった違法な闇金融業者が、法整備が十分でないファクタリング業界に目を付けたという流れです。

 

融資とみなされるリコースファクタリングとは

ファクタリングは売掛債権の売買により資金が受け渡されるわけですので、利用する上で発生する費用も利息ではなく売買における手数料です。

闇金融業者もそこに目を付けたわけですが、ただファクタリングにも種類があり、融資とみなされる取引も存在します。

売却した売掛債権が売掛先より回収できなかった場合、その弁済負担が発生するリコースファクタリングが融資とみなされるファクタリング契約です。

 

リコースファクタリングの特徴

リコースファクタリングでは、もし貸し倒れリスクが発生したときには利用者が売掛債権を買い戻すことになるためファクタリング会社は万一売掛先が倒産したときのリスクを回避できます。

受取手形を売却して現金化する手形割引も同様に、手形が不渡りとなった場合には割り引いた手形を買い戻すことになっています。

リコースファクタリングにしても手形割引にしても、融資とみなされるため発生する手数料は利息という扱いです。そのためリコースファクタリングをサービスとして提供するのなら、貸金業登録が必要になります。

もしリコースファクタリングでの契約なのに、貸金業登録をされていないファクタリング会社だとしたら違法な取引を行っている闇金融業者である可能性も考えられると認識しておきましょう。

 

あくまでも売掛債権の売買と再認識を!

ファクタリング業者が貸金業法違反で逮捕された事件がありましたが、リコースファクタリングではない限りファクタリングに貸金業登録は必要ありません。それなのに貸金業法における無登録営業とみなされ逮捕され、さらに出資法違反での容疑もかけられていました。

逮捕されたファクタリング業者は、闇金融業者の手口ともいえる超高金利といえる利息を徴収していたわけですが、利用者から売掛債権を買い取らず担保としてお金を貸し付けていたわけです。

資金不足でお金に困ると、早く売掛債権を現金化したいあまり、甘い誘い文句を信じてしまい闇金融業者と取引してしまった…という経営者もいます。

しかし、一般的なファクタリングでは決済日に決済が行われなかったことを理由に、利用者に利息を請求して売掛金の支払いを先送りすることはありません。このジャンプといえる行為では利息が発生するため、売買取引ではなくなるからです。

利息が発生すること自体がお金を貸し付ける行為ですので、その場合には貸金業登録が必要となり、利息制限法を守った上での利息を請求してこなければなりません。

そのためあまりに高額な手数料が発生する場合や、売掛金の支払い日に決済日を先送りする代わりに手数料を請求されるなどは、明らかに正規のファクタリング会社とは考えにくいので注意してください。

 

闇金融業者かどうか見極めるポイント

ファクタリング会社は数多く存在するため、どこが優良な業者で、反対に悪徳な闇金融業者か見極めることはむつかしいという場合もあるようです。

最近では闇金融業者もインターネット上にホームページを立ちあげ、明るい雰囲気で良心的な対応を行うかのような広告を出しています。審査も柔軟ですぐに資金調達できることをうたっています。

ただよく見ると、ホームページ上に代表者や会社設立年月日、資本金額などの基本的な会社情報が掲載されておらず、所在として記されている場所には店舗が存在しない場合もあります。

また、ホームページ上には代表番号が掲載されているのに、問い合わせをしたのち折り返しかかってくるのはいつも携帯電話からという場合も疑うべきです。

闇金融業者は早くお金を貸し付けたいため、審査で必要となる書類もほとんどなく、簡単に契約を結ぼうとしますので注意してください。