ファクタリングの審査はなぜ甘い?その理由を徹底解説!


銀行融資で資金調達したいのに、中小企業の場合、けっして甘いわけではない審査を通過できないことはめずらしいことではありません。本当に資金を調達しなければならない資金不足のタイミングに限って、審査が通らずお金を借りることができないのは苦しいところです。

銀行融資より審査の甘い政府系金融機関である日本政策金融公庫やノンバンクのビジネスローンなど、様々なお金を借りる方法はありますがやはり審査が通らず資金調達に至らないことは少なくありません。

このような場合でも、審査が甘いとして知られているファクタリングなら利用可能です。

ただ絶対にファクタリングを資金調達に利用できるとも限りません。ファクタリングを利用する上でまず売掛金を保有していることが最低条件として必要ですが、さらにその売掛金がファクタリング会社の買い取りやすいものかが重要です。

そこで、ファクタリングの審査は本当に甘いのか、なぜ甘いのかその理由について徹底解説します。

 

なぜファクタリングの審査は甘い?審査で重視されるポイント

ファクタリングなら、銀行融資で担保として差し入れる不動産などの資産を保有していなくても、赤字決算や税金滞納に債務超過の状態でも利用できる資金調達の手法とされています。

審査が甘いその理由は、ファクタリングは融資を受けるのではなく売掛金の売買による取引だからです。

商品券などをリサイクルショップで売却し、現金化させた経験がある方もいるでしょうが、その際には商品券分満額ではなく少々目減りした買取金額となります。

ファクタリングでも同様に、売掛金から手数料が支払われて買取金額が支払われることになりますが、お金を借りるわけではありませんので審査が甘いのです。

 

ファクタリングの審査で重視されるのは売掛先の信用力

商品券をリサイクルショップや金券ショップに売る場合、全国どこでも使用できる商品券と、地元の百貨店のみの利用となる商品券ではどちらが高く買い取ってもらえるでしょう。

当然、どのエリアでも使用が可能な全国どこでも使える商品券のほうが価値は高いので、同じ金額の商品券を売却しても現金として受け取る買取金額に差が出ます。

ファクタリングでも同様に、大手上場企業が取引先の売掛金と、地元の零細企業の売掛金とではどちらの信用力が高いと判断されるでしょう。

ファクタリング会社が最も気にするのは、買い取った売掛金が期日に確実に支払われ、代金を回収できるかという部分です。そのため、大手企業や業績が上昇している企業などの売掛金であれば信用力が高いとみなされ、高い金額で買い取ってもらえることになります。

 

2社間ファクタリングでは審査で重視するポイントがさらに加わる

ファクタリングには、利用者とファクタリング会社だけで契約する2社間ファクタリングと、売掛先から直接ファクタリング会社に代金の支払いが行われる3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングは、主に売掛先にファクタリング利用を知られたくないという企業が利用しますので、売掛先に対して通知などは行われません。

そのため売掛金の支払い期日になると、ファクタリングの利用者が売掛先から代金を回収し、そのままファクタリング会社に横流しするという形で支払いが行われます。

ここで注意したいのが、利用者の信用力です。かなり資金に困窮している状況である場合、ファクタリングで売掛金を現金化したのにもかかわらず、売掛先から回収した代金まで使い込んでしまう可能性が出てきます。

せっかく高い信用力の高い売掛先の売掛金を保有していても、利用者の信用力が低い場合にはリスクが高まるため、3社間ファクタリングのように甘い審査では利用可否を判断できなくなるのです。

 

審査の甘さと手数料の高さはリスクの大きさに比例する

一般的に3社間ファクタリングのほうが2社間ファクタリングよりも、ファクタリング会社が抱えることとなるリスクは低くなります。そのため、審査も甘いまま行われますし、設定される手数料も低めです。

2社間ファクタリングでは売掛先に対する通知や、承諾を得るといった流れはありませんので、その分迅速性が高く早ければ即日資金調達が可能となります。

しかしファクタリング会社としては、審査に時間をかけることができなくなるため、甘いままの審査で利用可能と判断できないケースも出てくるのです。

ファクタリングにおける審査の厳しさや手数料の高さは、ファクタリング会社が抱えることになるリスクの高さに比例するともいえるでしょう。

 

甘いファクタリング会社は買取金額も安くなる可能性に注意!

ファクタリング会社の中には、審査が甘いことを強調し集客を狙っているケースもあります。ただ、審査が甘いということはその分、買取金額も安くなるということです。

ファクタリング会社により、審査の方法や判断する基準は異なります。そのため他のファクタリング会社で見積もりを出してもらったときの金額と、別のファクタリング会社の金額が異なることはめずらしいことではありません。

もし審査が甘いファクタリング会社からどこに依頼するか選びたいのなら、できるだけ手数料を安く設定してくれるところを選ぶべきです。

買取金額が安くなると、十分な資金調達につながらなくなり、繰り返しファクタリングを利用することになります。売掛金は将来入金される予定のお金なので、常時前倒しで現金化し続けることは好ましいことではありません。

どこかで区切りをつけるためにも、相見積もりを取得した上で比較・検討し、十分な資金調達につながりやすいファクタリング会社を選ぶようにしてください。