悪徳業者の定義とは?ファクタリングならどのような業者が該当するか


資金調達の際に悪徳業者には注意するようにといわれても、そもそも悪徳業者とはどのような業者なのかその定義がわからないという場合もあるでしょう。

たとえばファクタリングで資金調達するとき、悪徳業者の定義ともいえる手口につかまってしまうと、資金繰りはさらに悪化したくさんのお金をだまし取られることになってしまいます。

ただ、どのような業者が悪徳業者なのか、その定義がわからなければ判断しにくいものです。

そこで、たとえば資金調達にファクタリングを利用するとき、どのような業者が悪徳業者なのかその定義ともいえる手口や特徴を徹底解説します。

 

悪徳業者の定義といえる「手数料相場の無視」

たとえば2社間ファクタリングを利用する場合、設定される手数料の割合の相場は10〜20%程度です。

それが悪徳業者になると、手数料の相場など完全に無視した割合を設定してきます。ただ広告宣伝の段階では、2社間ファクタリングなのに5%の手数料など、格安ともいえる割合であることが特徴です。

しかし2社間ファクタリングで手数料を5%に設定してしまうと、ファクタリング会社は赤字経営となるため、まずありえない割合といえます。

最初は甘い言葉で誘い、審査の段階でそれらしい理由を並べながら手数料を積み増ししようとするのが悪徳業者の手口です。

手数料がずいぶん当初よりも高くなったな…と感じたとしても、切羽詰まった状況で相談しているため、悪徳業者から言われたままの割合で契約してしまうことが多くなります。

 

実際に手にできるお金は半額以下に?

当初聞いていたよりも高い割合で手数料が設定されることになっただけでなく、悪徳業者は次々とお金をだまし取ろうとします。

たとえばファクタリングを利用する上で発生することのない保証料手付金など、それらしい名目のため必要な費用と勘違いして支払ってしまうケースもあるようです。
結局手元に受け取ったお金を確認すると、売却した売掛債権の半分以下となり、必要な資金の金額に至らなくなってしまいます。

 

悪徳業者の定義「ジャンプが延々と続く」

売掛先から回収した売掛債権を支払わなければならない日になったものの、そもそも十分な資金に達していない金額のみの調達となったため、回収した代金をすべて渡してしまうと資金不足の状態が続いてしまう…という場合もあるでしょう。

このような場合にファクタリング会社に相談すると、「手数料だけ支払えば、元金は後日でいいですよ」といってもらえた!というケースは間違いなく悪徳業者の定義であるジャンプを実行しようとしています。

手数料だけ支払えば、元金は待ってくれるなら良心的なのでは?と感じるでしょう。しかし、待たせた分、次月以降の手数料は高くなることがほとんどです。

これこそが悪徳業者の定義ともいえる手口であり、ジャンプによりどんどん金額が膨れ上がっていき、毎月ジャンプさせることで元金は減らさず手数料だけを延々と取り続けるのです。

 

ファクタリング会社を装う闇金業者ある可能性も

悪徳業者は、すぐに資金を必要とする経営者などの弱みに付け込もうとするので、甘い言葉や誘惑に騙されないことが大切です。

そしてファクタリング会社を名乗る悪徳業者の中には、売掛債権をそもそも買い取ることを目的とせず、担保として高い金利で金銭を貸し付けようとする闇金業者が紛れ込んでいます。

先に述べたジャンプも、まさに闇金業者が行う手口であり、ファクタリングは売掛債権の売買による資金調達のためジャンプが行われることはありません。

 

なぜ闇金業者がファクタリング業界に?

闇金業者がファクタリング会社を装い、売掛債権の売買であると認識させて金銭を貸し付ける行為を行う理由として、偽の貸金業者として事業を続けることが難しくなったからです。

貸金業法などの整備により、違法業者と判断されれば取り締まりの対象となり、あっさり捕まってしまうことになります。

そこで、法整備が十分でないファクタリング業界に目をつけ、売掛債権の売買であるといいながら違法な金利で金銭の貸し付けを行おうとしているのです。

ファクタリングなのに先に述べたような取引内容で悪徳業者の定義に合致すると考えられる場合には、すぐに取引を中止し専門家や法律家、警察などに相談するようにしてください。

 

まとめ

ファクタリングを利用して資金調達する経営者の多くが、銀行融資の審査に通らなかったり他の資金調達が難しかったり、急いで資金を必要としているなどを理由としています。

しかしそのような切羽詰まった状態である経営者の心理を利用した悪徳業者は、法外といえる手数料を設定したり違法な金利で金銭を貸し付けたり、お金をだまし取ろうとしてきます。

悪徳業者の定義といえる手口をしっかり確認し、すこしでもあやしいと感じられる部分があるのなら他のファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。

また、ファクタリングを資金調達に利用する場合には、悪徳業者の定義といえる手口を行う業者に騙されないためにも複数社から相見積もりを取得した上で選ぶことが大切です。

複数のファクタリング会社から見積もりを取得すれば、手数料の相場を知ることもできますし、他の業者とかけ離れた手数料設定である業者は悪徳業者と判断できます。

急いで資金が必要だからといって、甘い言葉ばかり並べてくる業者を利用してしまわないようにしてください。