ファクタリングは貸金業法に該当しない方法で運営している


貸金業法は、貸金を中心としている会社に適応されている法律であり、しっかりと守らなければなりません。もし貸金業法を守っていなければ、貸金業者の登録は抹消されるようなり、闇金扱いとなってしまいます。ファクタリングについて、貸金業法が適応されているような雰囲気もありますが、実際のところは適応されていないため、貸金としてファクタリングは扱われていません。

貸金業法が適応されると

消費者金融などが行っている貸金は、貸金業法に沿って適応されています。守らなければルール違反となりますので、当然ですが警告を受けるようになり、延々と行っていれば貸金業法の罰則を受けることになります。罰則の中には、業者としての登録が抹消されて、貸金が行えなくなる場合もあります。
適応されている場合は、適切な金利で貸金を提供することとなります。金利は法律に沿って決められている範囲内で収めることになり、遅延損害金以外の問題で超えることは許されません。過去には20%を超えるような金利が設定されていましたが、現在は最大でも18%までと定められているので、過剰に金利を高めてサービスを運営することができません。
貸金業者は、総量規制に沿ってお金を貸すことも定められています。個人で利用している人に多く適応されるもので、年収の3分の1以上の借入は許されないのです。銀行などの金融機関は、金融機関としてサービスを提供しているので、総量規制の範囲を超えて融資が可能になります。消費者金融は制限されているので、年収並みに借りることができません。

貸金業法によって、色々な制限を加えられることになり、無理な借入をさせないように調整しています。過去の経験から、問題となっている部分を改善して制限しているのが貸金業法と考えてください。

ファクタリングは貸金業法の範囲外

売掛金を債権として購入し、すぐに現金に変えてくれるサービスがファクタリングですが、この方法は貸金業法の範囲外となります。貸金業法では、手形を利用している融資については貸金業法に該当していると判断が出ていますが、手形割引を活用しているサービスは範囲外としています。ファクタリングは手形割引に近いサービスですので、範囲外となります。
更に、ファクタリングは会社と会社での取引となります。貸金業法は、会社と個人による制限を定めているための法律であり、会社と会社については考えていません。会社が希望しているサービスであるファクタリングは、貸金業法に該当しないので、貸金業法の制限をつけなくても利用できるサービスです。
貸金業法に引っかからないことで、手数料などの制限がなくなっています。かなり高い手数料が設定されている会社もありますが、これは手数料の制限が付けられていないためです。もし手数料が高いと思っているなら、別の会社を絵利用した方がいいでしょう。手数料の高さは損失につながります。

貸金業法に該当しないファクタリングの良さ

貸金業法に該当していないので、ファクタリングはあまり多くの実績がなく、現時点で売上が小さい会社でも利用できる仕組みとなっています。売掛金を持っているなら、すぐにでも融資を受けることが可能になっていますので、希望している場合には連絡を入れて確認を取り、色々な書類の確認を取ってから融資を受けることができます。
売掛金を購入して貰う方法ですので、返済の義務は売掛金を支払う会社になります。ファクタリングを希望している会社が返済することがほぼありませんので、融資を受けた後に返済を考えることがありません。増資のような方法を使っていますが、実際には売掛金の契約をしている会社が早々に支払いを行っているので、問題が起きていないのです。

手数料に気をつけてファクタリングを利用

貸金という方法ではないファクタリングを活用していくと、様々なサービスを使っていけるようになります。そして多くのファクタリングによって、お金をすぐに手に入れることができますので、実績のない会社でも資金繰りの安定感が出てきて、経営も安定させられるようになります。
手数料については、ファクタリングでの問題とされているポイントです。貸金業法で制限されている消費者金融の場合、どの会社も最大値に近い数字を適応させて、それ以上の数字にならないように調整していますが、ファクタリングは貸金業法の対象外です。大きな手数料を付けても全く問題のない状況であり、利益のために手数料を大きくしている会社もあります。
手数料の比較を行うことが、適切にファクタリングを利用するポイントとなります。会社として比較を行ってから、良いサービスに依頼を出すことが重要になっています。手数料を全く考えずに契約をしたり、大きな手数料のところにお願いされたから利用するなどの方法を取らないようにして、様々な視点でファクタリングの確認を行い、契約を行っていくのが大事です。