優良なファクタリング会社をランキング形式のサイトで選ぶなら


資金調達にファクタリングを活用するとき、どの業者がよいのか迷ってしまうことでしょう。ランキング形式で紹介してくれるサイトなどはあっても、本当にそのランキング情報が正しいのか確認しようがありません。

そこで中小企業などがランキングなどを参考にファクタリングで資金調達するとき、ファクタリング会社を選ぶ基準や目安と合わせて、ランキングにとらわれすぎない優良な業者もご紹介していきます。

 

目次

ファクタリングとはどのような資金調達の方法?

ファクタリング会社をランキングサイトなどで選ぶとき、まず気になるのは手数料がどのくらいかかるかという点でしょう。

そもそもファクタリングとは、企業などが保有する売掛債権をファクタリング会社に売ることで、素早く資金調達する手法です。

売掛債権とは、掛け取引により発生した未回収の代金のことで、会計処理上では売掛金という勘定科目が使われています。

その売掛金をファクタリング会社に売ることで、取引先から入金されるよりも先に現金に換えて資金調達できるのがファクタリングです。

ただ、将来入金される予定の債権である売掛金を、どのようなファクタリング会社に売ることが安心なのか判断がしにくい状況といえます。

まだ日本ではファクタリングによる資金調達は十分に周知されていないことがその理由ですが、できるだけ優良な業者を選ぼうとランキング形式で紹介するサイトを参考にすることも少なくないようです。

 

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングを使って資金調達しようと、ファクタリング会社のランキングなどを確認する前に確認しておきたいことがあります。それはファクタリングで資金調達することで、どのようなメリットがあるかということですが、中小企業にとっては特に次のようなメリットがあると考えられます。

 

ファクタリングなら取引先から入金を待たず手元のお金が増やせる

売掛金は期日にならなければ取引先から入金されませんので、それまでの間に発生する給料や仕入れ代金の支払いに充てる資金が不足することもあります。

しかしファクタリング会社に売掛金を売却して現金化することで、取引先からの入金を待たなくても手元のお金を増やすことが可能です。

 

2社間ファクタリングなら取引先に知られず現金化も可能

ファクタリングを利用して、売掛金を売却したことを取引先に知られたくないという中小企業の少なくありません。資金調達の方法として一般的に知られているのは銀行融資などですが、もしファクタリングを利用することを取引先に知られると、なぜ銀行からお金を借りないのか?融資が実行されないほど財務状況が悪化しているのか?と余計な不安をあおることになります。

また、知らない間に債権者が変更されていることで、その後の取引に影響を及ぼす可能性も否定できないでしょう。資金繰りが悪化している企業であれば、このまま継続して付き合いをしていれば自社まで資金難に陥るからと取引を見直されてしまう可能性も考えられます。

ただ、ファクタリングには取引先に知られずに売掛金の現金化が可能となる2社間ファクタリングも利用できます。

もしランキングサイトを参考にファクタリング会社を選ぶなら、2社間ファクタリングの取り扱いの有無も確認しておくとよいでしょう。

 

柔軟な審査で財務状況が悪化していても安心

ファクタリングは融資を受けるわけではありませんので、銀行やノンバンクで実施される審査とは異なり審査のハードルが低めです。赤字決算や債務超過、税金滞納などお金を借りるときには大きな妨げとなる状況であっても、ファクタリングなら審査に通る可能性があります。

さらに融資を受けるわけではないことから、担保や保証人なども必要なく、誰にも知られず誰にも迷惑をかけず資金調達ができます。

 

バランスシートを良好に保ち資金繰りを改善させる

ファクタリングは融資を受けるわけではないということは、負債を増やさないで資金調達が可能になることを示します。

資産を圧縮するスリム化により、無駄な資産を持たない経営を行えば、貸借対照表の総資産の数値を小さくできます。

それにより財務体質が改善すれば経営効率が高まり、銀行など金融機関からの評価も向上します。経営効率を示す指標にROA(総資産利益率)がありますが、この数値が高ければ高いほど経営効率が良いことを示します。

ROA(総資産利益率)の数値を高めるためには、利益率を改善するか総資産を減らすことが必要なので、ファクタリングによる売掛金の売却はこの総資産を減らすことに有効なのです。

 

ファクタリングで売掛金未回収となるリスクヘッジを

ファクタリングで先に保有する売掛金を現金化することにより、万一取引先が倒産してしまい代金が未回収となるリスクを回避させることができます。

ファクタリングの特徴は償還請求権なしの契約であるという点です。償還請求権とは、たとえば手形割引などを利用したとき、割り引いた手形が期日に決済されず不渡りとなればその手形を買い戻さなければなりません。

この買い戻しを請求される権利が償還請求権ですが、ファクタリングは償還請求権なしの契約が一般的です。

ファクタリングを利用した後で取引先が倒産し、ファクタリング会社が代金を回収できなくなっても、売却した売掛金を買い戻す必要はありません。

貸し倒れリスクや未回収リスクをファクタリング会社に移転した形で資金調達が可能となるので、ファクタリング会社選びの際にランキングサイトなどを確認するのなら、この償還請求権の有無も必ず確認するとよいでしょう。

 

もともとは3社間ファクタリングだけだった?

ファクタリングには利用者とファクタリング会社のみで契約を結ぶ2社間ファクタリングと、その間に売掛先が加わる3社間ファクタリングがあります。

ただ、従来までのファクタリングは実は3社間ファクタリングだけだったので、売掛先に利用を知られたくない場合は利用できませんでした。

3社間ファクタリングでは、売掛先に対し売掛債権をファクタリング会社に譲渡することを通知し、承諾を得ることが必要す。本来なら売掛金の期日になると、売掛先から利用者に代金を支払ってもらう流れですが、3社間ファクタリングを利用した場合には直接売掛先からファクタリング会社に支払ってもらうことが必要になります。

売掛先にファクタリングを利用して資金調達することを承諾してもらうと交渉しても、債権者が変わることを好ましく思わないことや、入金先が変更されるため事務手続きが煩雑化することを嫌がり承諾してもらえないこともあったのです。

しかし近年では、中小企業が利用しやすいように2社間ファクタリングも可能となりました。ただ、2社間ファクタリングを利用するときにはファクタリング会社によっては、債権譲渡登記が必ず必要という場合もあります。

ファクタリング会社を選ぶ上でランキングサイトを活用するのなら、この債権譲渡登記の必要性の有無についても確認しておくとよいでしょう。

 

債権譲渡登記のデメリット

2社間ファクタリングで債権譲渡登記が必要という場合、何がデメリットなのでしょう。

まず債権譲渡登記を行うためにはその費用が発生しますが、費用を負担するのはファクタリングの利用者となる点です。

そして登記情報として登録されることになるので、誰でも閲覧できるため売掛先にファクタリングの利用が知られないとも限りません。

さらに銀行融資などを検討している場合には、審査において銀行が確認することとなるため、銀行融資による資金の借入では不利になってしまう点はデメリットです。

そのためファクタリング会社をランキングサイトで比較し選ぼうとしているときには、この債権譲渡登記の有無を確認することが大切です。

中には未登記で対応してくれるファクタリング会社もあるので、かかる費用や売掛先や銀行に利用を知られるデメリットやリスクを考えれば、どちらを選ぶほうがよいか一目瞭然といえます。

 

ランキングサイトで選ぶときの注意点

ファクタリングをランキング形式で紹介しているのなら、上位のファクタリング会社同士を比較し選べばまず間違いないだろうと考えてしまいがちです。

ただ、ランキングサイトによって紹介されているファクタリング会社も異なることが多い点が比較の上でのデメリットであり、どの情報がもっとも信頼できるのか確認することが難しいといえますす。

ランキングサイトなどを活用しファクタリング会社を比較して選ぶなら、次に挙げる項目にも注意して比較するようにしてみましょう。

 

手数料は安ければ安いほどランキングも高い?

ファクタリングを資金調達に利用するとき、やはり気になるのは発生する手数料の大きさです。手数料が安ければ安いほど多く手元のお金が増えるので、十分な資金調達につながりやすくなるでしょう。

そのためランキングサイトでファクタリング会社を比較するときにも、手数料はどの業者が最も安いのか注目してしまいがちです。

ただ、ファクタリング業界は法規制が十分であるといえない状況であり、手数料ファクタリング会社が独自の審査で決定します。

ビジネスローンなどの融資で資金調達するのなら、契約する業者が貸金業登録をした正規の業者なのか、金利も利息制限法の範囲で設定されているかなど悪徳業者か判断する材料はいろいろあります。

しかしファクタリングで資金調達する場合、ファクタリングを業とする業者に対して登録制度はありませんし、法的な手数料に対する上限なども設けられていないのがデメリットです。

相談を持ち掛けたファクタリング会社が正規で優良な業者かわからず、もしかしたら悪徳業者の可能性があると疑いがあっても、急いで資金を調達しなければならないという場面では契約してしまう利用者も存在するのです。

優良なファクタリング会社を選びたいなら、設定される手数料はできるだけ安いほうがよいといえます。

ただ、あまりに相場よりかけ離れた破格値といえるほどの手数料の場合、実際に契約する段階になってから一時金や保証金などそれらしい名目の費用を請求される可能性があります。

追加で様々な費用を請求され、手元に受け取るお金はごくわずか…ということになりかねませんので、ランキングサイトでファクタリング会社を選ぶときにも注意してください。

 

これまでの実績や資金力が十分なファクタリング会社かランキングで確認を

ファクタリングの申し込みを行うと、ごく短い時間で審査が行われて売掛金をいくらで買い取るのか見積もり金額が提示されます。

即日現金化を可能とするファクタリング会社も存在するほど、資金調達までの時間が短いことがファクタリングの大きなメリットです。

ただ短時間で審査を行い利用者に買い取り代金を渡すことは、様々な経験や実績、資金力が備わっているファクタリング会社でなければできないことです。

ファクタリング会社をランキングサイトで選ぶときにも、これまでの実績や資金力などが十分か確認しておきましょう。

 

ランキングを確認するなら100万円以下の少額債権でも買取可能か要チェック

ファクタリングの利用が初めてという場合、本当に資金調達の方法として適しているのか少額の売掛債権で試してみたいと考えることもあるでしょう。

売却する売掛金は最小限に抑えたいという場合でも、ファクタリング会社によっては買い取り可能とする売掛債権の金額に下限を設けていることがあります。

実際、ファクタリング会社が買い取る売掛債権の大小にかかわらず、かかるコストや手間はそれほど変わりません。

そのため同じ手間やコストをかけるのなら、できるだけ金額が大きい売掛金を売ってもらったほうがよいとファクタリング会社も考えてしまうのでしょう。

また、利用者にとっても金額が大きい売掛債権を売却したほうがメリットはあります。

100万円の売掛債権を売却し、手数料は20%で設定されれば20万円をファクタリング会社に支払うことになります。

しかし1千万円の売掛債権を売却する代わりに手数料を10%に下げてもらうことができれば、ファクタリング会社は手数料を低く抑えても100万円の手数料を受け取ることができます。

利用者も安い手数料で資金調達できるため、双方にメリットがあるといえるでしょう。

ただ、中小企業の場合、少額債権しか保有していないケースも少なくありません。このような場合、低い金額の売掛債権でも快く買い取ってくれるファクタリング会社を選ぶことが必要です。

ファクタリング会社をランキングサイトで選ぶときにも、少額債権の買い取りを可能としているか確認し、業者を比較するようにしてください。

 

ランキングで選ぶ前にその種類を知ること

ファクタリング会社には、銀行系・ノンバンク系・独立系という種類があるので、ランキングサイトなどで比較するときにはこの種類ごとに分かれているのか注意しましょう。

それぞれ特徴や提供するサービスの内容などが異なるため、銀行系なら銀行系だけで比較したほうがよいですし、独立系なら独立系のみでファクタリング会社同士を比べたほうがよい業者を選びやすくなります。

 

ランキングで選びたい銀行系ファクタリング会社の特徴

都市銀行や地方銀行などが系列であるファクタリング会社で、取り扱っているファクタリングは3社間ファクタリングのみです。

銀行系という部分で信頼性が高く、利用者も安心して相談できる点は大きなメリットですが、審査は少々ハードルが高めになると認識しておきましょう。

また、銀行系のファクタリング会社は大口契約がメインであることが多く、少額債権などの買い取りは行っていないと考えておくべきです。

 

ランキング内のノンバンク系ファクタリング会社の特徴

貸金業者であるノンバンク系のファクタリング会社は、メインであるビジネスローンなど金銭の貸し付けに付随した業務としてファクタリングもサービスとして提供しています。

銀行系のファクタリング会社と同じく3社間ファクタリングだけの取り扱いとなることが多いので、2社間ファクタリングを希望する場合には事前の確認を行っておきましょう。

 

独立系ファクタリング会社もランキングでは注目!

銀行や貸金業者などのグループ会社には属さず、あくまでも独立した形でファクタリングをサービスとして提供しているのが独立系のファクタリング会社です。

メインとして取り扱うのは2社間ファクタリングですが、3社間ファクタリングにも対応可能であることが特徴です。審査のハードルは低めですが、銀行系などよりも設定される手数料は高めの傾向であるとため人気があるといえるでしょう。

 

ランキングサイトで選ぶときにチェックする項目

ファクタリング会社をランキングサイトで選ぶときには、

  • ・担当者の対応
  • ・開示している情報の量
  • ・実際に利用した方の口コミなど

などの項目を主にチェックしてみましょう。

 

担当者の対応は?

ファクタリング会社にコンタクトを取ったとき、担当者の対応が悪いときや高圧的な態度という場合には利用を控えましょう。

ファクタリングは売掛金の売買により資金調達する方法なので、売る側と買い取る側が対等な関係であるべきです。一方的に相手を見下した態度を取るような業者は悪徳業者である可能性があるため注意しましょう。

 

開示している情報の量

ファクタリング会社がインターネット上に公式ホームページを開設している場合、掲載されている情報量が極端に少ない場合は注意しましょう。

設立年月日や代表者の氏名、電話番号、取り扱うファクタリングの種類などは公開可能な情報です。

当たり前に公開できる情報なのに公式ホームページに掲載がない場合には、所在として公開されている場所に店舗がないなど、実態が存在しない場合もあります。

 

実際に利用した方の口コミなどもランキングに反映されている?

ファクタリング会社を選ぶとき、ランキングサイトなどには実際に利用した方の口コミなどが掲載されています。

ファクタリングの口コミなどは他にもインターネット上で多く掲載されていますので、一般的な目安として参考にしましょう。

なぜならインターネット上の口コミ情報がすべて正しいとは限らないからです。ファクタリング会社に買い取りを断られ、恨みを持ってネガティブな内容を書き込んでいることもあるでしょうし、反対に顧客を誘おうと悪徳業者がポジティブなウソの情報を書き込んでいる可能性も否定できません。

1つの口コミなどで評判を判断してしまうことは危険なので、あくまでも参考の目安として複数の情報を確認すると安心です。

 

ランキングでファクタリング会社を選び即日現金化を希望するなら

ファクタリングで資金調達する場合、2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングのどちらを利用したとしても、銀行融資よりは審査が柔軟で手元にお金が入るまでの時間は短めです。

ただ即日売掛金を現金化させたいという場合には、3社間ファクタリングでは対応できません。即日現金化を希望する場合には2社間ファクタリングを利用することになるので、中小企業などの資金ニーズに対応できるのは2社間に強いファクタリング会社といえるでしょう。

2社間に強いファクタリング会社は独立系ですが、独立系の場合にはグループ会社に属していないため悪徳業者が混在している可能性も考えられます。

そのため正規で優良なファクタリング会社を選ぶためにも、信頼できるランキングサイトをうまく活用することをおすすめします。

ここでも独立系のファクタリング会社から、特に2社間ファクタリングに強く即日現金化を可能とするなど、対応がスピーディで評判のよい業者などもいくつかご紹介しておきます。

全国対応が可能な業者を選べば、近隣に店舗がなくても資金調達にファクタリングの利用が可能になります。

なお買取金額はどのファクタリング会社を選ぶかだけでなく、売掛金の種類や金額、売掛先の信用力などでも変わります。気になるファクタリング会社があるのなら、2~3社から相見積もりを取得して比較したほうがよいといえるでしょう。

 

ピーエムジー株式会社

  • ・営業時間:平日9:30〜18:00
  • ・Web24時間取扱業務:2社間・3社間
  • ・買取率:98%~
  • ・対応スピード:最短即日

 

大口資金を常に確保しているファクタリング会社なので、手数料は業界最低水準といえることが特徴です。小口の売掛債権にも対応してもらえるので、中小企業などで少額債権しか保有していないという場合でも相談しやすいといえます。

さらにピーエムジーでは債権譲渡登記を必須としておらず、2社間ファクタリングを個人事業主でも利用できます。

東京・大阪・福岡の3拠点に営業所が設けられているなど全国的な対応を可能としていることから、どのエリアの中小企業でもファクタリングを安心して利用できるでしょう。

グループ会社の傘下にある企業ではありませんが、資金調達などのコンサルティング業務も行っているのでまずは相談してみてはいかがでしょう。

 

セイノーフィナンシャル

  • ・営業時間:平日9:00~18:00
  • ・取扱業務:3社間
  • ・買取率:98.8%
  • ・対応スピード:不明

 

既存の取引に影響することなく、売掛金のオフバランス化を可能とする物流業界初のファクタリングサービスであることが特徴です。

カンガルー便として知られている西濃運輸グループのファイナンス部門が運営しているなど、セイノーホールディングスというグループ会社が運営している点で安心感があります。

ただし取り扱いは3社間ファクタリングのみで、下限300万円・上限8千万円という限度額も設定されています。それに加え、3社以上2年以上継続して利用するといった要件なども設けられているので、手数料は安めですが条件は厳しい点は留意しておきましょう。

 

ビジネクスト株式会社

  • ・営業時間:平日9:00~17:00
  • ・取扱業務:3社間
  • ・買取率:98%~
  • ・対応スピード:3営業日〜1週間

 

東証一部上場企業の大手消費者金融アイフルのグループ会社であり、扱っているのは3社間ファクタリングのみです。3社間ファクタリングであるため手数料が安いことは大きなメリットですし、貸金業者として事業を営んでいる企業なので安心して利用できます。

 

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

  • ・営業時間:9:00〜18:00
  • ・取扱業務:2社間・3社間
  • ・買取率:99%~
  • ・対応スピード:最短2営業日

 

信頼の東証一部上場企業であるGMOインターネットグループのファクタリング会社で、メインは決済代行サービスを行っています。

国内EC決済や海外取引などのサービスに付随する形でファクタリングもサービスとして提供していますが、主に取引先は大企業であるようです。

信頼性の高さやセキュリティ対策強化など、大手である強みを生かしたファクタリング会社といえます。

 

OLTA株式会社

  • ・営業時間:平日10:00~18:00
  • ・取扱業務:2社間
  • ・買取率:91~98%
  • ・対応スピード:最短即日

 

インターネット内で申し込みから契約までの手続きを完了させるクラウドファクタリングを使ったファクタリング会社で、2社間ファクタリングのみの取り扱いです。

ただ、2社間でありながらも手数料は割安であることが特徴ですが、審査にAIを導入しているため人件費などのコスト削減が可能であることが手数料に反映されているといえます。

来店不要で誰にも会わずにファクタリングを利用できる点は大きなメリットですが、様々な相談をしたいという場合には不向きです。機械的に迅速に審査を進めてもらい資金調達のみを希望する場合にはよいといえます。

 

まとめ

資金調達にファクタリングを活用するのなら、正規で優良なファクタリング会社を選ぶことがベストです。ただ、初めて利用する場合などはどの業者がよいのかわからず、口コミなどを確認しながら迷いつつも選ぶということが多くなるでしょう。

口コミとして掲載されている内容は、書き込んだ方の主観によるものなので、あくまでも目安として参考にすることが大切です。どのランキングサイトでも安心できる情報が掲載されているとは限りませんので、紹介した項目などを確認しながら自社に適したサービスを提供してくれるか判断するようにしてください。

それでも口コミ評判がよく、ランキングサイトなどで上位に紹介されているファクタリング会社には魅力が認められているとも判断できます。

そこで、気になるファクタリング会社をランキングサイトだけで一社に絞るのではなく、複数社から相見積もりを取得しファクタリング会社同士を比較しながら選ぶことをおすすめします。

なお、こちらで紹介したファクタリング会社は、第三者目線で忖度なしで良いと判断した業者ばかりです。もしランキングサイトでみても判断できず、ファクタリング会社選びで迷っているのなら参考にしてください。