ファクタリングの審査基準で重視されるポイントを徹底解説!


銀行融資などの審査と比べると、審査が甘いので資金調達に活用しやすいといわれているファクタリングですが、どのようなケースでも現金化可能というわけではありません。

ファクタリング会社の審査で落ちてしまい、必要な資金を調達できなかったという事態に陥らないためにも、どのような項目を重視した審査基準となっているのか知っておくとよいでしょう。

そこで、ファクタリング会社で行う審査基準では何を重視するのか、申し込む場合に注意しておきたいポイントなどを徹底解説します。

 

ファクタリングの審査で否決される理由とは?

財務状況などが悪化している会社が利用する場合でも、柔軟な対応で売掛金を現金化してくれるファクタリング。審査基準も銀行融資より甘いとされ、手数料はかかってもその迅速性に魅力を感じている方は少なくないようです。

しかし提出書類が不十分であることや、利用者の態度や印象があまりにも悪く、不誠実であると捉えられリスクの高い取引だと判断されれば審査に落ちる可能性も出てきます。

ファクタリングを利用する上で実施される審査は、それぞれのファクタリング会社独自の基準で判断することになりますが、主に次の理由で取引できないと判断することがあるようです。

 

売掛金の存在を証明する書類がそろっていない

ファクタリングで資金の糧となるのは、利用する企業などから持ち込まれた売掛債権の存在を証明する書類です。

銀行融資はお金を借りて資金を調達しますが、ファクタリングは売掛金を売却して現金化しお金を受け取る方法です。そのため売掛先企業との基本契約書・請求書・発注書・過去の入金履歴を示す銀行口座の通帳など、取引の事実や売掛債権の存在を証明できる資料を揃えておくことが必要といえます。

この書類があれば確実に審査に通るという明確な基準はありませんが、証明できる書類は多いほうが審査では有利です。

ただし証明できる書類に代わる資料などを提出することで利用可とされる場合もあるので、柔軟な対応を可能とするファクタリング会社に相談したほうが資金調達につながりやすいといえるでしょう。

実際、書類の偽装を行う利用者などもいるため、審査は慎重に行われます。その中でも問題となるのが架空の請求書であり、実態のない契約をあるようにみせかけ、取引先と共謀して資金を調達しようとする詐欺行為です。

中には銀行口座への入金履歴を偽装など悪質極まりないケースもあるようですが、詐欺罪に問われる行為ですので絶対に行わないようにしてください。

 

売掛金に問題があればファクタリング審査では落ちてしまう

売却したいと持ち込まれた売掛金に問題があれば、ファクタリング会社の審査では買取不可と判断されることになります。

中にはペーパーカンパニーや休眠会社を利用し、売掛債権が存在しているように見せかけようとする悪徳な手法を使う利用者もいるようです。しかし先に述べた通り、存在しない売掛債権であると疑わる場合にはファクタリングの審査に落ちてしまいます。

他にも問題がある売掛金と判断される理由として、次のような点が挙げられます。

 

売掛先企業との取引歴が浅い

売掛先企業との取引実績がまだ十分でないことを理由に、審査落ちと判断されることもあります。

単発的な取引による売掛債権だとしても、過去に複数回取引のある売掛先企業が相手であれば審査に通りやすくなるでしょう。

しかし初めてファクタリングを利用したいと申し出た企業が持ち込んだ売掛債権が、新規取引の売掛先企業のものだった場合、大手企業などで信用力が高くなければ審査は通りにくくなる場合もあるということです。

 

回収可能となる期日までの期間が長め

売掛先企業から代金が支払われるまでの期間が長めに設定されている場合、ファクタリング会社のキャッシュフローが悪化してしまいがちなので審査落ちと判断される可能性もあります。

一般的に、請求書に記載される期日は月末締め・翌月末払い、または月末締め・翌々月末払いです。締日の翌月末、または翌々月の末が支払ってもらう日になるので、長くても締日から支払い日として設定されている期日までの期間は60日です。

下請代金支払遅延等防止法(下請法)では、親事業者が下請代金を支払期日までに下請業者に支払わなかった場合、下請事業者がその委託を受けた役務の提供日から起算して60日経過した日から支払日までの日数に応じ遅延利息を支払わなければならないとしています。

売掛先企業が売掛債権額を締日から60日以内に支払わなければ遅延利息が発生するというルールが法律で定められているので、遅延利息が発生する期間に支払う請求書を発行する企業は多くありません。

末締め・翌々月末払いを越えた売掛債権である場合、本当に存在しているのか、売掛先企業の経営実態に問題があるのでは?と疑われてしまう可能性があるということです。

 

売掛先が法人ではなく個人事業主である場合

個人事業主がファクタリングの利用を希望する場合、ファクタリング会社によっては取引可能です。しかし売掛債権の相手が個人事業主という場合は、ファクタリングを利用できないと認識しておきましょう。

個人と事業の信用判断や、万一売掛金が支払われず逃げられてしまった場合に、深追いすることが難しいからです。

 

ファクタリング審査では二重譲渡を疑われる売掛債権は買取不可に

すでに別のファクタリング会社に売却された売掛債権を持ち込んでも、買取は当然断られることになるので審査落ちとなります。所有者は1人である債権を複数の相手に譲渡する行為は禁止されていますので、絶対に行わないようにしてください。

また、売掛債権を譲渡するのではなく担保として差し入れ融資を受けている場合も、ファクタリングに利用することはできませんので注意しましょう。

 

ファクタリング審査での買取条件を満たしていない

ファクタリング会社によっては、利用者が個人事業主でも可という場合もあれば、法人のみの対応という場合もあります。

また買取可能とする売掛債権に下限や上限も設けている場合もあるので、その条件を満たさなければ審査落ちとなる以前に、申し込み段階で断られることになります。

買取可能とする売掛債権は300万円からといった下限を設けているファクタリング会社の場合、100万円や数十万円といった小口債権は取引の対象外です。

中小企業や個人事業主の場合、少額の売掛債権なら多く保有しているケースも少なくありませんが、この場合には小口債権でも対応してくれるファクタリング会社に相談するようにしてください。

 

利用する企業や売掛先企業に問題がある

ファクタリング会社で行う審査では、利用する企業側の経営状況を把握するためにも、直近2~3期分の決算書の提出を求められます。

基本的にファクタリングで行われる審査では、売掛先企業の信用力が重視されるので、利用する企業側の経営状況はあまり関係ないのでは?と感じることでしょう。

たしかに利用する企業の財務状況が悪化しており、赤字決算や税金滞納、債務超過という状態であってもファクタリングの審査に通ることはめずらしいことではありません。

ただファクタリングで資金調達した後、支払いなどがスムーズにできて資金繰りも改善されるのか確認されます。さらに2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社に代わり利用する会社が売掛先企業から売掛金を回収することになります。

あまりに財務状況が悪化している状態の場合、回収した売掛金を別に支払いに充てるなど、使い込まれるのでは?といったリスクも懸念されるようになるでしょう。

税金を滞納している場合には、税務署や自治体などから差し押さえを受ける可能性も否定できません。

そのため利用する企業の経営状況は、ファクタリング会社の審査でまったく関係しないとはいえないと認識しておくべきです。

 

売掛先企業が経営不振に陥っている

ファクタリング会社の審査でより重視されるのが売掛先企業の経営状態であり、銀行融資とは大きく異なる点です。売却した売掛債権が現金化された後、売掛先企業から期日どおりに売掛金の支払いが行われなければ、ファクタリング会社は大きな損失を抱えることになります。

仮にファクタリングで売掛債権が現金化された後、売掛先企業が倒産してしまい売掛金が回収できなくなったとしても、その責任を利用した企業が負うことはありません。

貸し倒れリスクはファクタリング会社が負う形で契約が結ばれるため、より売掛先企業の信用力は重視した内容の審査が行われることになります。

そのため大手企業や公的機関、中小企業でも優良とされる会社などが売掛先である場合には、審査は通りやすくなるといえます。

 

ファクタリング審査での対応が誠実でないと判断される

ファクタリング会社の審査で重視されるのは、提出された書類や伝えた状況だけではありません。

依頼してきた相手の対応などもしっかりチェックされています。誠実さに欠けるとされた場合、審査落ちという判断が下されることもあるのです。

誠実性に欠ける相手の場合、提出された書類や資料は架空のものや偽造されたものではないか?と疑うことになるでしょうし、売掛債権を多重譲渡していたり回収代金を流用したりといったリスクまで懸念されることになります。

ファクタリングの審査では面談が必ず行われるのは、経営者の人柄や信頼性を確認するからです。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達しようと考えているものの、審査に通らないのでは?と不安な状態のまま申し込みをするよりは、どのようなことを重視して審査が行われるか知っておくと安心です。

基本的に銀行融資のときに行われる審査とは違い、基準も甘いので通りやすいというイメージが定着していることでしょう。実際、銀行融資のようにお金を借りるときの審査とは着目点が異なり、重視するポイントなども違います。

ただしどのような売掛債権や利用者でも利用可というわけではなく、ファクタリング会社がリスクの高い相手や売掛債権だと判断すれば、審査落ちという結果になってしまいます。

ファクタリングを有効な資金調達の方法に結び付けるためにも、利用者とファクタリング会社がしっかり信頼関係を築くことができる状態で契約することが大切です。

 

中には法外な手数料を要求してくる悪徳な業者などもいるので、信頼できるファクタリング会社を見極めることも必要といえます。安心できるファクタリング会社を探すなら、第三者目線の忖度なしで選んだ当比較サイトの情報も参考にすることをおすすめします。