ファクタリングなら支払いサイト短縮が可能!すぐに資金を調達したいなら


売掛金の支払いサイトを短期化できるファクタリング(英語表記はFactoring)が中小企業などで注目されつつあります。

企業間取引において商品を販売したりサービスを提供したりしたとき、その代金の決済方法はその場で現金で行わず掛け売りが一般的となっています。掛け売りにより発生した売掛金が支払われるまでの期間が支払いサイトであり、その期間を短縮させるのが即日資金調達も可能とするファクタリングです。

支払いサイトは企業経営に影響を左右する部分でもあるため、新型コロナウイルスの影響などにより資金繰りに影響している企業も少なくありませんが、ファクタリングなら改善させることができます。このようなときこそファクタリングをうまく活用し、長期化している支払いサイトを短縮させることを検討してみましょう。

 

売掛金の支払いサイトとは?

サイトという言葉を耳にすると、インターネットサイトなどをまず思い浮かべる方もいることでしょう。

しかし企業経営に影響を与える支払いサイトとは、売掛金や手形などの決済期限を意味している言葉です。

商品を掛け売りしたときに、相手がその代金を後日決済するまでの期間を示す言葉が支払いサイトなので、たとえば「支払いサイト60日」とは代金が60日後に支払われることを意味します。

ただ60日後に売掛先企業から入金があり売掛金の回収が可能であるとしても、それまでに材料などの仕入れ代金や外注費、人件費や固定費など様々な支払い用の資金が足らないなど資金繰りが厳しくなることもあるでしょう。

このような場合、ファクタリングを利用すれば支払いサイトを60日から短縮させることができ、早ければ即日に手元のお金を増やしていろいろな支払い資金に充てることが可能です。

 

ファクタリング利用の前に把握しておきたい支払いサイトの決め方

 

ファクタリングは、取引を行う企業同士が事前に決めた支払いサイトを短縮させることに効果が見込める方法です。

商取引を始めるときの契約条件を決めるとき、個人事業主や中小企業が売り手側であれば、まずいくらで販売するかを重視することでしょう。

商品原価や仕入れにかかる費用、販売するまでの経費など様々なことを考慮しながら、双方の希望をすり合わせ利益を生み出せる価格で取引する企業と交渉することとなります。

その際、交渉の材料としても支払いサイトを活用することも可能です。ただし状況によって支払いサイトを短縮したほうがよい場合もあれば、長めに設定したほうがよいケースに分かれます。

 

短縮させたほうがよいケース

支払いサイトは短ければ短いほど、販売する側にとっては有利です。なぜなら販売する側が取引後に保有することになる売掛金は、会計処理上はすでに売上として計上されているのに、その代金をまだ受け取っていない債権だからです。

債権である売掛金が回収されず残ったままでは、売上が向上し利益が増えたとしても会社は潤うことはありません。

むしろ未回収となるリスクを抱えることとなり、最悪の場合には黒字倒産してしまうリスクまで高めてしまいます。

そのため支払いサイトはできるだけ短く設定したほうが早期に売掛金を回収できるため、先行する仕入れ代金や人件費などの支払いもスムーズにできるメリットがあります。

反対に商品を購入する側にとっては代金を支払わなければならない買掛金を発生させることになるので、できるだけ支払いサイトは長めに設定したいと考えるものでしょう。

そのため購入側である取引先に支払いサイトを短く設定してほしいと希望を出した場合、その分、取引単価を下げてほしいと交渉される可能性が出てきます。許容できる販売価格で取引可能か計算した上で、適切な金額と支払いサイトを設定することが必要です。

 

長めに設定するとよいケース

支払いサイトを長めに設定してしまうと、売掛金発生後に万一売掛先企業が倒産してしまい、代金が回収できなくなるリスクは大きくなります。

また、期日までに行う支払いに充てる資金が不足しがちになるなど、資金繰りが悪化しやすくなることも注意しておかなければなりません。

支払いサイトを長めに設定するのであれば、取引量を増やしてもらったり単価を上げてもらったりなど、販売金額を高めるメリットはあります。

ただし有利な売り値で販売することにこだわると、長めに設定した支払いサイトがあだとなり、資金繰りが悪化してしまえば本末転倒です。

万一長期に設定した支払いサイトを理由に資金不足に陥ってしまった場合には、即日資金化も可能となるファクタリングを活用してサイト短縮を検討し、手元の資金を増やすことも検討するとよいでしょう。

 

変更できない支払いサイトにもファクタリングなら対応可能

取引を始める上で決めた支払いサイトは、一度決めると後から変更できないものです。売掛先企業が交渉に応じてくれればその限りではありませんが、様々なことを考慮した上で決めることが多いため、割引など条件を出さなければ簡単には変更できないことが一般的といえます。

しかしファクタリングであれば、売掛先企業に交渉せずに支払いサイトを短縮させることができるというメリットがあります。

そもそもファクタリングとは、企業などが保有する売掛金をファクタリング会社に売って現金化し、早ければ即日資金を調達できる方法です。

期日にならなければ売掛先企業から入金されることのなかった代金が、それよりも前に回収できるので手元の資金を増やすことができます。

売掛金管理の手間も省くことが可能ですし、本当に期日に入金されるだろうか…と不安を抱えることもなくなります。

長く取引を続け揺るがない信頼関係を築くことができている売掛先企業なら、仮に支払いサイトを短縮させてほしいと交渉しても応じてもらえる可能性はあります。

しかし中には資金繰りが厳しい状態なのだろうかと勘繰り、経営不振に陥っているなら今後の取引は制限しようと考える企業が出てこないとも限りません。

ファクタリングのうち2社間ファクタリングなら、売掛先企業に知られることなくスムーズに現金を受け取ることができるので、その後の取引に影響を与えることもない点がメリットです。

 

代金回収まで一時的に資金が必要ならおすすめできる理由

支払いサイトはいくら販売する側が一方的に短く設定したいと希望しても、相手がそれに応じなければかないません。

売掛先企業からの入金はまだまだ先という状況の中、新型コロナウイルスの影響で売上も伸びず、支払いだけは早く済ませなければならない状況に陥っている企業もいることでしょう。

国も緊急融資制度などを設け、銀行融資を受けることができず資金繰りが悪化している個人事業主や中小企業などを対象に、融資限度額6千万円までの貸し付けを始めています。

政府系金融機関である日本政策金融公庫が窓口となっている新型コロナウイルス感染症特別貸付がそれに該当しますが、一定要件や所定の審査をクリアしなければ融資を受けることはできません。

融資可能となれば3千万円を限度とし、当初3年間は実質無利子となることが予定されているので活用したいところですが、明日・明後日にも資金が必要という場面には間に合わないでしょう。

このように融資を受ける場合でもファクタリングなら、早ければ即日資金調達を可能とするメリットがあるので、銀行から融資が実行される前の支払いに充てる資金として活用することも可能です。

 

資金調達後の資金繰りを融資などで改善させるためにも

新型コロナウイルスの影響で資金繰りは悪化してしまったけれど、融資を受けたりファクタリングを活用したりなど、何とか事業を継続できているとしましょう。

ただし大切なのはその後、長期に支払いサイトを設定した売掛金を含め、遅れなく回収していける仕組みを作ることです。ファクタリングで一時的に資金調達しただけでは、たとえ現金は増えても意味がありません。

毎月期日通りに回収できる仕組みを作り、スムーズに回収が進めていくことが必要です。

企業の経営資源はヒト・モノ・カネであり、目的に応じてこれらをうまく組み合わせ、合理的に管理していくことが経営管理において重要となります。

その経営管理の補助的な仕組みが売掛金管理であり、商取引において発生した代金を確実に回収していくことを目的とし行っていきましょう。

管理を徹底して行うことによって、「今月は厳しいので支払いができないから少し待ってほしい」と、売掛先企業から支払いサイトが引き伸ばされることもないはずです。

 

いつまでもファクタリングに頼らなくてもよい売掛金管理を

売掛金管理の主な役割は、業間取引の安全性を確保すること、そして営業担当者の抑制機能です。

企業間取引を安全に行うために、相手の信用調査や与信限度額の設定などを徹底して行い、取引を開始・継続してよいか見極めることが大切といえます。

支払い能力の低い取引相手と契約を結ばないためには、無理に営業成績を伸ばそうとする営業担当者を制御しなければなりません。そのためにも与信管理は徹底するべきです。
いくら営業担当者が契約を多くとり、売上が伸びたとしても支払能力のない相手と取引を始めてしまえば、売掛金は回収できず不良債権を増やしてしまいます。

そのような事態に陥らないためにも、行き過ぎた営業にストップをかける管理や仕組みも必要です。

 

売掛金管理で取引相手を管理する方法

売掛金管理は、複数の売掛先企業で発生する売掛金すべてを管理できなければ意味がありません。

取引相手ごとに分け、それぞれの売掛金がいつ発生・入金されているか、遅れが発生しているのなら催促など行えているか常に確認することが必要です。

直接売掛先企業の窓口となる営業担当者と連携しながら管理を徹底することが求められます。

入金遅れなど問題が発生してからでは回収できなくなる可能性がありますので、円滑な取引を行っているときこそ代金回収までが営業活動と認識してもらい、取り組むことが必要となります。

 

社内管理体制にどこか問題はないか確認を

売掛金の支払いサイトを単に長期に設定していることで資金繰りが悪化しているのなら、ファクタリングを活用して短縮することもできるでしょう。

しかし期日になっても回収できなくなっている売掛金を、ファクタリング会社に買取ってほしいと頼んでも断られてしまいます。

ではなぜ、本来の支払いサイトで回収ができなくなってしまうのでしょう。

一方的なクレームや、売掛先企業の資金繰り悪化などで期日に支払いをしてもらえないこともあるでしょうが、自社の管理体制に問題はないか今一度見直すことも必要です。

特に景気が良好なときは安心して管理を行わず、景気が悪化したときに焦って管理を始めるケースなどは対応が間に合わなくなりがちです。

景気が悪くなれば手形の不渡りを出す企業なども増えてきますし、売掛金の支払いサイトを先に延ばしてほしいと交渉してくる会社も増えてきます。

取引先から代金が入金されなくなる前に、景気の動向に関係なく適切な売掛金回収を行うことが必要です。

好景気のときには誰でも気が緩んでしまいがちですが、景気が悪化している状況のときこそ社内体制をしっかりと整え、管理体制を徹底・強化している企業でなければ景気に左右されてしまいます。

 

信用管理体制に不備がある

信用管理体制そのものに不備があるケースも問題といえます。特に新しく取引を始めようとする相手企業の信用調査を正確に行えていない状態で営業に行き、信用力の低い企業と契約を結び、売上代金の回収が困難な状態になるケースなどです。

社内の与信管理体制が徹底されておらず、売掛金管理部門はコンサルタントなどのアドバイスをきいて与信管理規定を決めていたのに、営業部門ではその内容が理解できていないという場合もあります。営業担当者は独自の判断で契約を結んでしまうという流れです。

営業部門が与信基準を理解できていなければ、管理部門が行う売掛金管理に協力することはできません。結果として信用力に見合わない与信限度額で取引をし続けるといったことになるでしょう。

必要以上に長めの支払いサイトで取引を行ってしまった場合、たとえ確実に回収できる代金だとしても、現金不足により資金繰りは悪化してしまいがちになるので注意してください。

 

取引先との決定前に注意しておきたい下請法

企業間同士で支払いサイトを決めるとき、双方の合意のもとできまりますが下請法にも注意が必要です。

下請け業者として請負契約を結ぶ際、下請け代金の支払い期日は下請法により、給付受領日から起算し60日以内のできる限り短い期間で定めることとされています。

下請法の適用となるのは、発注側が資本金3億円超の法人で受託側が個人または資本金3億円以下の法人である場合です。

60日よりも長い支払いサイトで期間を設定すれば、下請法に違反したことになり罰金や公正取引委員会の立ち入り検査・勧告などの行政処分の対象となります。

元請けから仕事を依頼され、請け負う下請業者は立場が弱いので、長めの支払いサイトを設定されても不満を伝えにくいこともあるでしょう。しかし法律の制約が決められていますので、その点を知っておくと安心です。

 

手形は長めに設定されやすい

 

商取引での決済に手形を用いるところは少なくなっており、現在では売掛金が主流となっています。

手形は記載された金額を一定期間後の期日に支払うことを約束することを証明した有価証券であり、手形に記載されている期日が満期の日です。

この日に振出人が決済を行わなければ、手形は不渡りとなってしまい、一定期間に2度不渡りを出せばその企業は事実上の倒産とみなされます。

銀行取引も停止されてしまうので、手形を振り出した企業は満期日に確実に決済させなければなりません。

さらに手形による取引は、銀行で法人名義の当座預金口座を開設することが必要です。普通預金口座とは異なり、当座預金口座は経営状況が良好で十分な取引実績のある企業でなければ銀行側が開設してくれないので、手形取引を行える企業はある程度信用力が認められなければならないのです。

そのため売掛金での取引よりも、手形のほうが安心と考える企業も少なくないようです。ただ、開設当初は順調だった企業でも、現在は資金繰りが悪化しているケースも考えられます。

さらに手形サイトは売掛金の支払いサイトよりも長めに期間を設定されることが多く、1か月(30日)から4か月(120日)が一般的なサイトです。

仮に手形が長期化してしても、ファクタリング同様に手形割引業者に手形を売却し現金化することはもできます。この手法を手形割引といいますが、ファクタリングとの比較で異なる点は、手形割引の場合には融資とみなされることです。

そのため手形割引業者は貸金業登録を行っている業者であり、ファクタリング利用では手数料が発生するのに対し手形割引では金利設定による利息を支払うことになります。

また、ファクタリングは利用後に売掛先企業が倒産しても、利用者はその責任を負う必要はありません。しかし手形割引は割り引いた手形を買い戻し返済しなければならなくなるため、貸し倒れリスクまで移転できないというデメリットにも注意しましょう。

 

ファクタリングなら支払いサイトに左右されない

売掛金の支払いサイトが長期に設定していると、先行する支払いに充てる資金が不足しがちとなり、資金繰りは悪化しやすくなってしまいます。

当初取り決めた売掛金の支払いサイトが問題なのであれば、売掛先企業に交渉して少し早めてもらえばよいと考えても、簡単に交渉に応じてもらえるとも希望が受け入れられるとも限りません。

むしろ交渉したことにより、経営が危うい企業だと懸念されてしまい、その後の取引に悪い影響が及ぶことも考えられます。

このような場合に売掛債権を譲渡(売買)するファクタリングを活用すれば、ファクタリング会社によっては即日売掛金を買い取ってもらい資金を調達できます。

担保や保証人も必要ないことがファクタリングにメリットであり、売却する売掛金が期日に間違いなく回収できるかどうかを重視した審査が行われますので、銀行融資の審査より甘いことも特徴です。

信用力の高い売掛先企業の売掛金を現金化するのなら、自社の資金繰りが悪化していても利用できることが多いと知っておきましょう。

 

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、支払いサイトに追われる企業が続出している状況といえます。

これまで何の問題もなくスムーズに経営ができていたのに、売上が上がらず運転資金が不足し、今後事業を続けることができるのは不安を抱える個人事業主や中小企業は少なくないことでしょう。

国も緊急対策資金として融資制度などを設けていますが、申し込みが殺到している状況のため、申し込み・審査・面談など様々な手続きを経て融資実行されるまで一定期間はかかることが予測されます。

ただ実質的に、一定金額までは利息もかからない仕組みになっているため、活用できるなら活用したほうがよいでしょう。

そのためにも、資金繰りのつなぎ資金としてファクタリングをうまく活用して事業を継続させるやり方も検討してください。

ファクタリングを利用することで、売掛先企業の信用調査もファクタリング会社が行うこととなります。

与信管理に自信がない場合も、ファクタリングを利用することで一括管理することが可能です。調査結果をもとに、その後の与信限度額の設定の目安にするとよいので、口コミなどで評価の高いファクタリング会社に相談してはいかがでしょう。

当サイトでも忖度なしで口コミなどを参考に、第三者目線で選んだ、信頼できるファクタリング会社を一覧や図解でわかりやすく紹介しています。ぜひ業者選びの参考にされてください。