ファクタリングを乗り換えれば新型コロナで売上低迷でもコスト削減が可能?


現在ファクタリングを利用しており資金を調達する上では役立てることができているものの、毎月発生する手数料に不満を抱えていないでしょうか。

特に新型コロナウイルスの感染拡大防止の営業自粛や休業要請などにより、売上が低迷している事業者などはできるだけ余計な費用はかけたくないものです。

もし今契約しているファクタリング会社に支払っている手数料が高いと感じるのなら、乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。

ファクタリング会社の乗り換えは、確実に手数料を引き下げることができる裏技ともいえます。

ただし乗り換えの際には、信頼できる優良なファクタリング会社選びが重要になりますので、乗り換えによるメリットと業者選びの基準などを徹底解説していきます。

 

ファクタリングとは売掛金を売買する契約で資金調達する方法

ファクタリングとは、保有する売掛金をファクタリング会社に売って現金に換える仕組みであり、それにより手元に資金を調達できます。

そのためファクタリング会社と結ぶ契約は売掛金の売買契約であり、融資を受けるわけではないので担保や保証人なども一切必要ありません。

さらに銀行やノンバンクなどの金融機関から融資を受けて資金調達する場合には、決算・財務状況・現在の借入件数と総額・条件変更の有無など融資申し込みを行った企業などの信用力が重視されます。

そのため赤字経営や財務状況悪化、税金を滞納しているという場合にはまずお金を借りることはできません。

しかしファクタリングなら、売掛先企業の現状信用を重視した審査が実施されますので、これからファクタリングで資金を調達しようとしている企業などの信用力はそれほど問われないことが特徴です。

将来受け取る予定の売掛金を前倒しで現金化させる方法なので、借入金という負債を増やすことなくキャッシュフローを改善させることもできます。

 

ファクタリング会社を乗り換えたいと考えていませんか?

特に中小企業などにとっては有効な資金調達の方法であるファクタリングですが、すでにファクタリング会社と契約を結び数か月利用する予定という場合もあるでしょう。

しかし想像していたよりも手数料負担が重く感じる場合や、ファクタリング会社の対応が遅く信頼性に欠けると感じる場合など、もっと他によいファクタリング会社があれば乗り換えたいと考えてしまうものです。

実際ファクタリングをすでに利用している事業者の方には、

  • ・ファクタリング手数料が高すぎるため適正価格で買い取って貰えていると感じられない
  • ・ファクタリング手数料が高すぎるため資金繰り改善や経営再建どころではない
  • ・ファクタリング手数料以外に登記費用や交通費などが発生している
  • ・毎回ファクタリング会社の店頭まで訪問する必要があり出張対応などしてもらえない

といった不満を抱えていることもあります。

しかしすべてのファクタリング会社が上記のような対応を行っているわけではなく、優良な業者を選べば手間や時間をかけず毎回資金調達が可能となりますので、乗り換えを検討してみるとよいでしょう。

 

ファクタリング会社を乗り換える本来の目的

資金繰りを改善させるためにファクタリングを利用するのなら、1度きりではなく数か月に渡り継続させることが必要となります。

しかし数か月という間、ファクタリング会社に対して支払う手数料が発生するため、その負担の大きさにこのままでは意味がない…と感じてしまう事業者もいるようです。

ファクタリング会社を乗り換える本来の目的は、スムーズにファクタリングから抜け出すことです。

ファクタリングは本来、売掛先企業から入金される予定の期日よりも前に売掛金を受け取り資金調達する方法です。ただし売掛金を売却する形になるため、買取ってもらう際にはファクタリング会社に手数料を支払わなければなりません。

金券ショップなどで商品券を売却し、現金化させたことがある方もいるでしょうが、同じ原理です。1万円の商品券を金券ショップに売ったとき、1万円で買取ってもらえるわけではなく、お店によって決められた割合により受け取る金額は異なります。

その際、できるだけ高い買取率で商品券を買取ってもらえる金券ショップに売却すれば、同じ商品券でも手にする金額は増えます。

ファクタリングも同じように、できるだけ手数料が安いファクタリング会社に売掛金を売却したほうが、調達できる資金が増えるので資金繰りも改善しやすくなるといえるでしょう。

現在契約しているファクタリング会社こそがベストだと考えるのではなく、もっと充実したサービスを提供し、手数料を低く抑えることも可能になると乗り換えを検討してみるべきです。

 

ファクタリング会社の乗り換えとは?

ファクタリングの乗り換えとは、今契約を結んでいるファクタリング会社から、新たに別のファクタリング会社への契約に移ることです。

ファクタリングのメリットは、何といっても負債を増やさず資金調達できることであり、手元に現金を確保するまでの手間や時間がかからないことといえます。

審査も柔軟なので資金繰りが悪化している中小企業なども活用しやすい手法でありながら、やはり将来受け取る予定の売掛金を前倒しで現金化させるということは、手数料として支払う分もともと受け取れたはずのお金を目減りさせることとなります。

そのため長期に渡り継続して利用することは資金不足になるリスクを高めてしまうことになるので、できるだけ支払手数料を抑えながら早期にファクタリングから抜け出すことが必要です。

 

乗り換えることのメリット

既存契約のあるファクタリング会社から乗り換えを行い、新たなファクタリング会社と契約を結ぶことで手数料削減につながるはずです。

しかし簡単にファクタリング会社の乗り換えは本当に可能なのか?と疑問を感じることもあるでしょうが、実は乗り換えの利用客はファクタリング会社にとって優良な顧客といえます。

その理由は、すでに別のファクタリング会社でファクタリングを利用しているため、遅れず期日に回収した売掛金をファクタリング会社に支払っている信用性の高さが見込まれるからです。

ファクタリング会社は売掛金の買取りにおいて、本当に売掛先企業から入金のあったタイミングで、そのまま回収した売掛金を支払ってもらえるのか不安を抱えています。

売掛先企業の信用力がいくら高かったとしても、回収した売掛金を別の支払いに充てられたり流用されたりするリスクは避けられません。

ただ、乗り換えを検討している事業者の場合、今契約しているファクタリング会社とも本来の形で取引を続けることができているので新規のファクタリング会社にとっては安心できる顧客となります。

その実績が買われることなるため、他社よりも手数料を引き下げてでも獲得したい顧客として扱われます。

今支払っている手数料を引き下げてくれるのなら、乗り換えすることは可能という提案がしやすいので確実に手数料は下がるといえるでしょう。

 

検討するべきタイミングはいつ?

すでに契約しているファクタリング会社に不満を抱えていても、どのタイミングで乗り換えを考えればよいのかわからないという場合もあることでしょう。

乗り換えを検討するとよいタイミングとしていえるのは、高い頻度でファクタリングを利用しているときや、大口の売掛債権でファクタリングを利用しているときです。

毎月などファクタリングの利用頻度が高い場合には、たとえ数%でも手数料を下げることができれば年間を通すことでかなり費用を抑えることが可能になります。

 

ファクタリング会社の乗り換えで重視したいポイントとは?

では既存契約のあるファクタリング会社から、新しいファクタリング会社に乗り換えするときには何を基準に業者選びをすればよいのでしょう。

もちろん業界最低水準の安い手数料など、費用負担をできる限り軽減できるファクタリング会社が好ましいことはいうまでもありませんが、他にも次のような項目を重視して選ぶとよいと考えられます。

 

最短即日現金化が可能

スピード審査を実現し、最短即日現金化を可能とする迅速な対応をしてくれるファクタリング会社なら安心です。

 

審査が緩く通過率も高い

即日現金化を可能とすることに加えて、審査通過率が9割を超えるなど柔軟な審査対応を行ってくれるファクタリング会社なら、スムーズに資金調達につながりやすくなります。

なおファクタリングは融資を受けるわけではないので、乗り換えにより再度審査を受けたとしても信用情報に傷がつくことがないことはメリットといえます。

 

債権譲渡登記や交通費など別途請求しない

ファクタリング契約を結ぶ際に、手数料だけでなく別途交通費を請求するファクタリング会社もあります。しかし優良なファクタリング会社であれば、交通費などの費用負担はありません。

また、債権譲渡登記にかかる費用を多額に請求されてしまい、十分な資金調達につながっていないケースもあるようです。

優良なファクタリング会社であれば、未登記という形で対応してくれるので債権譲渡登記にかかる費用を削減できます。

なお、債権譲渡登記を必須とするファクタリング会社の中には、契約は終了しているのに登記の抹消手続きを行っていない場合もありますので注意してください。

 

まとめ

ファクタリング会社を乗り換えることで、現在契約中の業者に支払っている手数料を削減できる可能性は十分高いといえます。

新型コロナの影響により、売上が減少してしまいできるだけ余計な費用は支払いたくないと考えてしまうものですが、その場合には手数料の安いファクタリング会社の乗り換えを検討しましょう。

発生する費用を抑えることで十分な資金調達につながりやすくなることはメリットとなりますし、資金繰り改善や経営回復への道が大きく開けるはずです。

そのためにも優良で信頼できるファクタリング会社を見つけることが大切ですが、当サイトでも第三者目線で安心・安全な評判のよいファクタリング会社を紹介しています。一覧でも掲載していますので、ぜひ比較の参考にされてください。