ファクタリングで即日資金調達を成功させるための極意!


一時的な資金を即日確保するため、ファクタリングを活用しようと考えている経営者もいることでしょう。

確かにファクタリングは審査が甘く、即日売掛金を現金化し資金調達できる手法として知られています。

ただし絶対に即日お金を手にすることができるとは言い切れないため、もしファクタリングを資金調達で利用するのなら押さえておきたいポイントを理解しておくべきです。

そこで、これからファクタリングで即日資金を調達しようと考えている経営者のために、どのようなことに気をつけておけばよいのかその極意を徹底解説していきます。

 

ファクタリングなら即日資金調達が本当に可能?

ファクタリングとは、企業などが保有する売掛金(請求書)をファクタリング会社に売却し、現金化させて資金調達するサービスのことです。

あくまでも売掛金の売買によりお金を調達する方法なので、負債を増やすことなく即日現金を手にできることも少なくありません。

支払いに充てるお金がなく、すぐに資金調達しなければならないなど、猶予がない状況で焦っていてもファクタリングなら対応できます。

ファクタリングなら即日資金調達が可能となる、その理由は審査が甘いことにあります。ファクタリングで資金調達しようとしている企業が赤字決算でも、債務超過や税金を滞納している状況であっても、審査に通り現金を確保できるケースはめずらしいことではないからです。

 

ファクタリングならこんな場面に活用できる

仮に銀行から融資を受けて資金調達しようと考えるなら、赤字決算や債務超過などの状況ではまず融資審査には通らないでしょう。

借入金の返済計画を見直しリスケジュールの相談をしている場合など、新規で銀行などの金融機関から融資を受けることも追加融資を利用することもまず不可能です。

そのような財務状況が悪化している状況では、負債を増やし資金調達することはまず難しいため、その他の方法を検討しなければなりません。

しかしファクタリングなら、資金を調達しようとする企業ではなく、譲渡対象となる売掛金の信用力を重視した審査が行われます。

そのため債務超過になってしまったのでリスケジュール中という場合でも、担保として差し入れる不動産などの資産を保有していなくても、ファクタリングなら即日資金調達が可能となる可能性が高いといえます。

また、金融機関の融資枠を使ってしまうと、借入金が増えるので決算対策には不利です。そこで、決算前に現金を確保しておきたいという場合にもファクタリングは有効といえるでしょう。

 

即日資金調達したいなら2社間ファクタリングの活用を

ただしファクタリングを利用すれば、どのような契約でも即日資金を調達できるわけではありません。

ファクタリングには資金調達したい企業とファクタリング会社のみで契約を結ぶ2社間ファクタリング、そして売掛先企業も契約に加わる3社間ファクタリングがあります。

このうち、即日資金調達を可能とするのは2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングを利用した場合、売掛先企業から承諾を得る必要もなく、売掛債権(売掛金)が譲渡される通知も行われないメリットがあります。

そのため申し込みから審査、契約までの流れが比較的スムーズに進みやすく、手続き次第で即日現金が振込みされると考えられます。

比較的審査が柔軟といえるノンバンクのビジネスローンなら即日融資を可能とする場合もありますが、高い金利が設定され返済負担が重くなりがちです。

金利が低い民間の銀行や日本政策金融公庫から融資を受けようとすると、資金を調達できるまで数週間から1か月単位かかります。

新型コロナウイルスの影響で注目されるようになったクラウドファンディングなどを利用すると、数か月から半年かかることもあるので即日資金を必要とする場面には適していません。

ファクタリングは他の資金調達の手法より、群を抜いてスピードがはやく、即日現金を手にできる数少ない資金調達方法として知っておくとよいでしょう。

 

ファクタリングの審査で重視されるのは?

PMG(ピーエムジー)にビジネクスト、ビートレーディングなどファクタリング会社はいろいろあります。どのファクタリング会社でも審査は甘いとはいえ、どのような項目が重視されるのか気になるところでしょう。

ファクタリングの審査で重視されるのは、譲渡の対象となる売掛債権(売掛金)が期日に確実に回収できるかどうかです。

そのため本当にその売掛債権(売掛金)は存在するのか、売掛金(売掛先企業)の信用力は確かなものかを重視します。

売掛金は売掛債権という、商品やサービスを販売または提供したことで発生する代金を請求することを可能とする権利のことです。

資産の1つですが現物資産ではないため目に見えないことから、架空の売掛債権(売掛金)でファクタリング審査を通そうとする悪質な利用者も少なからず存在しています。

そのためファクタリング会社は、本当にその売掛債権(売掛金)が存在するのか、売掛先企業は期日に売掛金を支払うことができる能力を保有しているのかを重視します。

 

資金調達する企業の信用力も大切?

2社間ファクタリングでは売掛先企業は契約に加わることはありません。そのため、売掛金をファクタリング会社に売却することを知られたくないという場合、2社間ファクタリングは大変有効な手法となります。

3社間ファクタリングの場合には売掛先企業も契約に加わることとなるため、本来の売掛金支払期日には売掛先企業から直接、ファクタリング会社に売掛金が支払われます。

しかし2社間ファクタリングでは売掛先企業から売掛金を回収するのは、ファクタリングを資金調達に利用した企業です。期日に売掛先企業から入金があった後で、その回収分をそのままファクタリング会社に渡すという流れが必要となります。

しかし入金された売掛金を、故意にファクタリング会社に支払わず別の支払いに流用する利用者もいないとは言い切れません。また、税金を滞納していたことを理由に、税務署や社会保険事務所などから入金と同時に差し押さえされてしまう可能性も考えられます。

そのためあまりにも財務状況が悪化している場合や、期日に売掛金を回収できなくなる可能性が高い場合などはファクタリング審査で断られてしまうこともあるようです。

もしも税金や社会保険料を滞納していて差し押さえられてしまうリスクが考えられる場合には、事前に税務署や社会保険事務所などに支払いを分納で対応してもらえないか相談しておくことが必要といえます。

さらにファクタリング審査の際には、納税証明書や社会保険料の支払証明書など提出を求められることもあると認識しておきましょう。

 

売掛債権の存在はどのように確認する?

ファクタリング会社が売掛金を買取る際、本当に売掛債権が存在するか確認する方法として、売掛先企業との基本契約書・見積書・発注書・請負書・納品書・請求書などを見ることとなります。

しかしこれらの書類だけで、本当に偽造したものではないと判断できず、怪しいと感じた場合には他にも証拠書類を提出するように求められることもあるようです。

継続して売掛先企業と取引があり、期日に遅れることなく売掛金が口座に入金されているか確認するために、取引口座の履歴なども必要となります。

初回の取引企業や規模の小さな企業などの場合、信用力を判断しにくいため提出する書類は増えると考えておくべきでしょう。

 

即日資金調達したいなら重視したい業者選び

実際にファクタリングで資金調達する際には、比較サイトなどをチェックすることもあるでしょうし、各業者のホームページなどを閲覧して確認することもあるでしょう。

そのとき「即日資金調達可能」「最短で即日振込」といった言葉があるファクタリング会社なら、即日お金を準備するために有効と考えるものです。

確かに信頼できるファクタリング会社であれば、比較サイトやホームページに記載のとおり、即日売掛金を現金化させることができると考えられます。

しかしこれはあくまでも最短で資金調達が可能となる目安であり、申し込みした時間帯や必要書類の準備の有無などにより違いが出てくると留意しておくべきです。

即日、ファクタリングで資金調達することを希望するのなら、必要書類は事前に準備をしておくことが最低条件といえます。

また、ファクタリング会社に申し込みを行う時間帯も、遅くても正午までには済ませなければなりません。土日の場合は、来店不要でwebによる申し込みなどは可能であっても、銀行が営業していないので翌営業日の入金になると予想されます。

さらに審査に時間がかかることもありますし、書類に漏れがある場合や記載ミスなどがあればさらに時間が必要となります。書類がそろわなければ審査が進まず、銀行が営業している時間までに間に合いませんので即日資金調達できなくなるでしょう。

そこで、ファクタリング会社の営業時間に合わせ、電話で必要資料を確認しておくことは最低でも行っておくべきといえます。

なお一般的にファクタリング審査に必要な書類として挙げられるのは、

  • ・決算書(2~3期分)
  • ・商業登記簿藤本(会社謄本)
  • ・印鑑証明書(法人)
  • ・本人確認証
  • ・納税証明書・社会保険料払込証明書
  • ・取引通帳口座の写し
  • ・売掛先企業との基本契約書・売掛債権(売掛金)の存在を証明するための書類(取引ごとの契約書・見積書・発注書・受注書・納品書・請求書など)

です。

ファクタリング会社により違いがあるため、必ず事前に確認しておくようにしてください。

 

即日資金を調達するために知っておきたい利用の流れ

ファクタリングで即日資金調達を成功させるために、申し込みから入金までの流れを確認しておきましょう。

特にはじめてファクタリングを利用する場合、契約の流れを事前に知っておいたほうがスムーズです。

ファクタリング会社に審査を急いでもらうことも必要ですが、資金を即日調達したい利用者もスピードを意識した行動が必要といえます。

  1. ファクタリング会社が営業開始前に申し込みに必要な書類を準備しておく
  2. ファクタリング会社にファクタリングの申し込みを行い、急いで資金調達が必要なことも伝える
  3. ファクタリング審査中に契約書類を準備する
  4. ファクタリング会社と契約手続きを行う

ファクタリングの審査は比較的スムーズですが、時間がかかる場合もあるので朝一番で申し込みを行うことが即日資金調達を成功させるためには望ましいでしょう。

 

悪質な業者に騙されないように!

中小企業の資金調達の手法として、だんだんと周知されてきたファクタリングですが、その審査の甘さや迅速性を利用した悪質な業者も存在します。

即日現金が必要という資金に困った状況の経営者を騙そうと、甘い言葉を巧みに並べ契約を迫るケースも少なくありません。

中にはファクタリングを装い、実際には暴利といえる金利を設定し返済を迫るヤミ金融業者なども存在するため注意が必要です。

ファクタリングはお金を借りるわけではないため、利息は発生しませんし担保や保証金などは必要ありません。

また、ファクタリング会社に支払う手数料も2社間ファクタリングなら10~20%が相場です。この割合よりも高い手数料を請求される場合や、不透明な場合には悪徳業者と判断してよいでしょう。

また、業者のホームページなどに会社所在地が掲載されていない場合や、掲載されている所在地が架空の場合も疑ったほうがよいです。

契約を結ぼうとしたとき、契約書の取り交わしがなく控えを渡してもらえないという場合にも悪徳業者であるといえます。

悪徳業者と契約を結んでしまうと、法外な費用が発生し十分な資金調達につながらなくなってしまいます。相手がヤミ金融業者であれば、返済負担に追われ資金繰りはさらに悪化し、事業を継続することもできなくなるでしょう。

ファクタリングで即日資金調達を成功させるためには、信頼できるファクタリング会社と契約を結ぶことが大切と認識しておいてください。

 

まとめ

ファクタリングは即日資金を調達することができるメリットがあり、すぐにお金が必要というタイミングにおすすめの方法です。中小企業などに注目されていますが、個人事業主でも利用可能というファクタリング会社もあります。

ただし即日現金が必要な場合には2社間ファクタリングを利用すること、悪徳業者と契約しないことが重要となります。

当サイトでは、実際にファクタリングを資金調達に活用した方や口コミなどで評判のよい業者を複数紹介しています。

数多く存在するファクタリング会社の中で、どの業者が信頼できるか見極めることは容易とは言えません。個人事業主でも申し込みが可能か、少額の債権でも買い取ってもらえるか不安を感じることもあるでしょう。

それらも踏まえた上でファクタリング会社選びで困ったら、ぜひ当サイトで業者同士を比較・検討し、即日資金調達が可能となる契約につなげてください。