福岡でもファクタリングは可能!地域の業者を選ぶ理由とおすすめの業者


ファクタリングを資金調達に活用したくても、福岡など九州地方で事業を営んでいては利用できないのでは?と考えてしまう経営者もいることでしょう。

しかしここ数年、福岡を中心とする九州エリアのファクタリング市場は拡大しており、地域に密着したサービスの提供で人気となっています。

ただ福岡を拠点とする企業を対象としたファクタリング会社はどこなのか?福岡や九州を拠点とする場合どのファクタリング会社がおすすめなのか?などどの業者を頼ればよいかわからず、遠方他県のファクタリング会社に相談してしまうケースもあるようです。

中小企業が多く集まっている県だからこそ知りたい、福岡の事業者を対象としたファクタリング会社の選び方についてご説明します。

 

ファクタリングは欧米では馴染みのある資金調達の方法

日本ではかつて手形取引が一般化されていたため、売掛金を使うファクタリングは現在でも十分に馴染みがあるとはいえません。

しかし欧米ではファクタリングを使った資金調達は当たり前のように行われており、馴染みの深い資金調達の方法として扱われています。

そもそもファクタリングとは、保有する売掛金をファクタリング会社に売ることで、現金化させて資金調達する取引のことです。

厳密には異なった手法ではありますが、手形を使った手形割引の売掛金バ―ションと考えるとわかりやすいでしょう。

売掛先からの支払い期日よりも早く、売掛金を現金化させることで資金繰りを改善させ、必要なお金を手にすることができます。

 

独立してファクタリングを専門とする業者を選びたい理由

中小企業がファクタリングで資金調達しようと考えたとき、ファクタリングを扱っている銀行系・ノンバンク系・独立系のいずれかのファクタリング会社に相談することとなります。

銀行系と耳にするとどこか安心できる気持ちになるでしょうが、銀行などが扱うファクタリングは顧客・売掛先・ファクタリング会社の3社間で取引を行うもののみです。

そのため売掛先から承諾を得る必要があるため、その手間や時間がかかってしまいますし、何よりも売掛金を資金調達に活用することを売掛先に知られることになります。

ファクタリングは違法な取引ではありませんし、先にも述べたとおり欧米では頻繁に利用されている手法です。しかし日本では馴染みが薄く、なぜ売掛金を使って資金調達しなければならないのか?それほど資金難に陥っているのか?といった余計な不安を煽ることになる可能性もあります。

そのため顧客とファクタリング会社で契約を結び、売掛先に知られずに取引ができる2社間ファクタリングを得意とする独立系のファクタリング会社がおすすめです。

 

福岡の商業や工業で盛んな産業とは?

福岡の商業は、九州全域を市場とする卸売業が発展しており、全国でも第4位の年間販売数です。

工業は従来までは鉄鋼、石炭・化学といった基礎素材型産業、そして食料品など生活関連型産業がメインでした。しかし近年の福岡は、自動車関連産業など加工組立型産業が多くを占めるようになっています。

福岡の商業も工業も、発展している産業はいずれも売掛金により資金繰りが悪化しやすいことが特徴であるため、ファクタリングに対する需要は高いといえるでしょう。

九州の中心として経済を牽引する存在である福岡圏は、全国と比べても景気が回復基調にあると考えられます。

特に福岡市は2016年、国家戦略特区に指定されている「グローバル創業・雇用創出特区」です。創業支援・雇用創出に向けた取り組みを行っていますし、アジアの玄関口と呼ばれている県でもあります。

主要都市と距離が近いため、経済的なつながりも強いことから、現在は新型コロナウイルスの影響で他国との行き来は抑えられていますが、いずれ訪日外国人もまた多く訪れることとなるでしょう。

福岡で事業を営むことは様々なメリットがあるため、大きなビジネスチャンスを逃さないための資金繰り改善が重要といえます。

 

福岡拠点のファクタリング会社を選ぶメリット

ファクタリング会社のほとんどは東京にあり、支店を設けているところでも大阪など関西をターゲット層としていることが多いといえます。

ただ関東や関西以外の中小企業などがファクタリングを利用できないわけではなく、郵送による手続きや出張対応などで契約を結ぶことを可能としている業者もあるようです。

福岡の中小企業がたとえば大阪のファクタリング会社と契約を結んだ場合、申込から審査・面談を経て契約に至るまで、日数も必要ですし余計な交通費もかかってしまいます。

そもそも売掛金を売った相手が遠方にいることに不安を感じる経営者もいることでしょう。

しかし福岡を拠点とするファクタリング会社に相談できれば、無駄な時間や費用も発生しませんし、何かあってもすぐ近くにいるため安心です。

福岡の企業がファクタリングで資金調達することを考えるのなら、やはり地域に密着した形でサービスを提供しているファクタリング会社を選ぶことが望ましいといえます。

 

すぐに契約できればビジネスチャンスも逃さない

遠方のファクタリング会社に申し込みを行い、資金を手にするまで一定時間かかってしまうと、入金を待つまでの間にビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

すぐにお金を準備しなければ経営破綻してしまう!という切羽詰まった状況であるのならさらに即日買取可能とする地元のファクタリング会社を頼りたくなるものです。

そのため福岡に本社または支社のあるファクタリング会社を選んだほうが、スムーズで安心の取引が可能となるでしょう。

 

実際にどのようなファクタリング会社がある?

福岡では近年、ファクタリングを資金調達の方法として選ぶ中小企業が増えてきました。そのため福岡を拠点とし、ファクタリングサービスを提供している業者も数が増えつつありますが、大切なのは信頼できるファクタリング会社選びです。

東京・大阪・福岡、どのエリアでファクタリングを活用する場合でも、悪徳な業者を選んでしまうと十分な資金調達につながらなくなってしまいます。

本社が福岡にある完全地域密着型のファクタリング会社がよいのか、東京や大阪などにも支店を構え広範囲でサービスを提供しているファクタリング会社の方が実績も高く安心なのか迷ってしまうことでしょう。

そこで、福岡に拠点を設けファクタリングサービスを提供している業者をいくつか紹介しますので、それぞれの特徴や魅力を確認しながらファクタリング会社選びの参考にしてください。

 

ピーエムジー 福岡支店(PMG株式会社)

本社は東京ですが、支店が大阪と福岡にあるため、東日本だけでなく西日本まで即日対応が可能であることが大きな強みです。

提供可能な金額もトップクラスであるため大口の資金調達の相談もできますし、手数料も業界最低水準であるため高評価といえます。

即日現金化が可能であり、さらに時間短縮させたいなら電子契約も対応しているので急いでいる経営者にもメリットが高いといえるでしょう。

金融業界で長年経験を積んだ経験あるスタッフが多く在籍しているため、資金コンサルティングの相談も受け付けています。

資金繰りのサポートからその後の事業計画まで丁寧に支援してくれるので、ファクタリングにこだわらない資金調達の方法も相談したい経営者にもおすすめです。

 

西日本ファクター

こちらもオンラインによる契約を可能とするクラウド契約を導入しており、契約書に印鑑を押して締結していた契約形式をインターネット上で簡単に行うことができます。

完全非対面で契約締結が可能であるメリットの加え、最短即日1,000万円まで売掛債権の買取可能としていますし、最低手数料も業界相場より低めに設定されています。

30~3,000万円までの相談が可能となっているため、九州・中国エリアの小規模事業者なら頼りやすいといえるでしょう。

 

ファクタリング福岡

福岡県をはじめとした佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島の九州各県・山口・広島・岡山、そして四国エリアにも特化したサービスの提供が特徴であり全国の事業者を対象として運営しています。

買取金額は50~2,000万円で最短即日買取可能としていますし、2社間と3社間、どちらのファクタリングでも対応してもらえます。

 

ビートレーディング 福岡支店

ビートレーディングはファクタリング業界の先駆者として知られているファクタリング会社であり、全国の大・中小企業様に個人事業主などを対象にサービスを提供しています。

最短30分で審査・12時間で入金という迅速性がウリであるため、急いでお金を調達しなければならない経営者のニーズにもこたえてくれます。

そして買取金額に上限が設けられていませんので、大口にも対応してもらいやすいことがメリットです。本社は東京ですが、仙台・大阪・福岡にも支社があり、地方でも出張対応しているためスピーディさ魅力といえます。

 

株式会社No.1

30~5,000万円までの買取金額で対応しているため、規模の小さな企業でも利用しやすいでしょう。

また、最短60分で振込可能という迅速性の高さが魅力ですが、オンライン完結を可能としていることがはやさにつながっていると考えられます。特に建設業ファクタリングに力を入れているようなので、建設業債権は原則即日審査で対応しているようです。

 

トラストゲートウェイ

九州・関西エリアでファクタリングを展開するファクタリング会社で、ネットで簡単に完了できるクラウド契約にも対応しています。午前中に申し込みを終えれば、午後には資金調達が完了するため相談してみるとよいでしょう。

 

まとめ

企業の経営者や個人事業主にとって、事業を続ける上で必要な資金を枯渇させないことは重要な課題です。

そのためにも資金繰りを悪化させない努力が必要ですが、いくら気をつけていたとしても取引先の思いもよらない倒産などで、売掛金が入金されない事態が発生する可能性は否定できません。

特に現在は新型コロナウイルスの影響を受け、資金が底をつき倒産してしまうケースも少なくない状況です。

キャッシュフローが回らなくなれば、利益が出ていて黒字でも倒産してしまうこともありますし、売掛先の倒産に連動して連鎖倒産してしまうこともあります。

そうなる前に、保有する売掛金を使って資金調達が可能となるファクタリングを有効活用しましょう。銀行や金融機関で借入れの申し込みを行うと履歴が残りますが、ファクタリングは信用情報に傷をつけることなく申し込みが可能です。

福岡で事業を営んでいる事業者でも、安心して利用できる資金調達の方法なのでうまく活用してください。